医専時代に女子4人に水着姿で触診の練習させてもらった結果・・・

以前投稿しましたが、もう少し細かく書きます。
私の専門学校時代の話です。
高校時代から男友達が多く、あまり女性と付き合うこともなく過ごしてきました。
もちろん彼女がいるわけでもなく、童貞で過ごしてきました。
そんな私が医療技術の学校に入学すると、環境は一変しました。

なんと女性18人 男性2人の女性上位の環境でした。
女性との接し方がわからず、依然と異なる環境に戸惑っており、また教科の難しさも含め、もともと出来の悪い私が四苦八苦していました。

そんな1年生のある日「体表解剖」の授業がありました。
簡単にいうと体の表面の筋肉を触診しながら確認するという授業で女子・男子ともに水着で行う決まりでした。

もちろん頭のてっぺんから足の先まで行います。
多くの女性が水着(多くは競泳系)を着用している姿はドキドキしますが、不謹慎な感覚で望んでいては勉強にならないのですが、私は恥ずかしさもあり、同じクラスの男の子とやっていました。

しかし実習が始まって、すぐその子が学校をやめてしまいました。
この授業のテストは「一発試験」で「追試」はなしです。
上の学年になるための「必須科目で」であり、失敗すると即「留年」です。
相手がいなくて困った私は、自分で確認しながら行っていました。

授業は終了し、2週間の復習期間が設けられました。
そんな時、「自分だけじゃわからないから一緒にやろう」と声をかけてくれたメンバーがいました。

女子アナでいうと「平井アナ」みたいな子でした。
またいつも一緒にいるのが宇賀アナ、NHKの廣瀬アナ、久保田アナみたいな4人でした。
ちなみに廣瀬さんは浪人していたので1歳上で、その他の3人は同年代でした。

「他人の体を客観的に見なきゃわからないし、女性と男性の違いもあるよ」とのことで誘われました。
学校の校舎では時間が限られるので、平井さんのアパートに行ってみんなでやることとなりました。

みんな水着で、しかも、平井さんは水色の競泳水着でした。
宇賀さんは黒色の水着でしたが、結構お尻が大きかったです。
久保田さんはスクール水着でした。
廣瀬さんは白い水着でした。

女性4人の水着でうれしいはずですが、勉強の事もありさっそく始めました。
「大胸筋はえ~と」と私がやっていると「ここ」と廣瀬さんが胸に手持ってきます。
私が遠慮していると「ダメ。しっかりやらないと」と言ってきます。

筋肉は始まりと最後の部分そして、走行という筋肉の付き方も大事になります。
指で大胸筋の走行を確認していると水着越しに廣瀬さんの乳首にあたってしまいました。
廣瀬さんは何も言いませんでした。

今度はお尻の筋肉の確認です。
宇賀さんのお尻を触りながら行いました。
ムチムチしていますが、覚えることで必死です。

わきの下の筋肉は平井さんや久保田さんで行いました。
オッパイにあたらないようにやっていました。
残った女性同士でお互いに確認しつつ行っていましたが「結構おっぱい大きいね」など会話が聞こえてきてドキドキしました。

そんな状況で、実は女性の体に触れるのも始めてだったのです。
自分としてはまじめにやっているつもりが、いつの間にか僕の息子も固くなってきました。
我慢汁も出ていて僕の海パンが盛り上がりそうでした。

続きを読む(医専時代に女子4人に水着姿で触診の練習させてもらった結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く