王様ゲームで媚薬を飲まされた女子が手マンされた結果・・・

大学生時代、男4人女4人サークルの打ち上げであったHゲーム。
普段から定番のようにちょっとHな王様ゲームをやっていたので異性への警戒心はかなり薄かったと思います。

その日もいつものように王様ゲームが始まり口移し、キス、パンツ見せ…等、ノリさえよければやってくれるレベルでした。

ここから一歩踏み込む為バレないよう用意していた媚薬を一番ノリのいいA子の飲み物に混ぜた。
あとの3人にはわざと媚薬を入れなかった。

なぜなら、これから出すHな命令にA子は必ず従う。
そしてそれを目の当たりにした3人はやらないといけない雰囲気にもっていかれ素のまま命令に従わす為だった。

そして俺に王様がまわってきた時、A子はとっくに薬の効果が出てモゾモゾしていて落ち着きがなく番号を盗み見るのは簡単だった。(A子は5番)

「○番が5番の股間に1分間の生タッチ!」女全員が「えー!!嫌ー!!」の大ブーイング!
A子の股間に触れるのはやる気満々のエロ男だった。
A子は口では嫌がりながらも抵抗はしなかった。

エロ男がA子のスカートに手を入れゴソゴソ始めた。
それを見て3人の女は笑顔で悲鳴あげていた。

「はい!触ったよ」エロ男の合図から1分スタート。
A子は壁によかって目をつむって時折ビクビクッと反応を見せていた。

女の子が「指入れはダメよ!」とは言ったが、遅いよ。反応からして絶対入れてる。
1分が終りA子は顔を真っ赤にして力が抜けていた。
エロ男の指はビショビショでいい匂いをさせていた。

さあ続きです。
王様がまた男に回ってきた。
同じ命令を出す王様。
男同士だけは避けたいが運まかせだった。

さあ誰だ?面白いことに手を挙げたのはA子とB子で触られるのはまたA子。
女同士でしかもA子のまんこはビショビショに濡れているはずだからB子の反応が楽しみ。

A子はエロ男の時より嫌がったがしだいに諦め、手で顔を隠しおとなしくなった。
B子が手を入れた瞬間ビクッと肩が動いたのを俺たちは見逃さなかった。

女の子のしかも濡れたまんこを触るのははじめてだろうよ。
1分が終りB子はコソッとおしぼりで糸引く手を拭いていた。

その後、男同士での生タッチや女側が王様とか色々あったが盛り上がりは欠けることなくまだ続きます。

そしてついに男が触ってもらえる時がきた。
ラッキーなことに俺でC子からの生タッチ。
とっくにFBで我慢汁で溢れていた。

C子もノリノリで「早く出しなさいよー!」とまで言ってきた。
今までは手を入れていたのにC子のおかげで出すきっかけになった。

俺は躊躇なくみんなの前でFBちんこを出し、C子が両手で握る。
目がエロい。みんなから見えないように裏筋を刺激してくれたことで我慢汁が止まらない。

続きを読む(王様ゲームで媚薬を飲まされた女子が手マンされた結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く