【肉便器】ヤリサーの飲み会で後輩女が「何でもします…」と言うので・・・

大学時代のサークルでの出来事。
女5人男3人のサークルで男は2人とも俺のツレ、当然女目当てで入会、女2人は後輩、3人先輩。

よく呑み会のあるサークルで月に2・3度安い行き付けの居酒屋へ行き、日付けが変わる位まで。

事の始まりは学園祭の打ち上げ、いつもの店で大宴会 皆呑み過ぎでフラフラベロベロ、トイレに立ち上がりに行くとトイレの前に後輩の美和がうずくまってた。

「大丈夫か?」
と声掛けるとピースサイン、そうかとトイレで用を足していると突然美和が入ってきて、
「先輩オシッコの最中?美和してるところ見たい、見せて」
と前を覗き込む。

呆気に取られてると
「美和、持ったげる」
と手を伸ばし指でチンコをつまむ。

ジッと見ながら終ると
「ティッシュは何処?拭くものないの?このまま仕舞うの?」
こちらも酔った勢いで
「口で拭くの、美和の」
と言うとまたじゃれ付きながら、
「先輩それは違うでしょ、口はアレの時でしょ。先輩なら呑み会終ったらしてあげる。皆に内緒で私の部屋に来て。いっぱいしてあげるから。」
「本当か?」
と聞くとピースサイン。
ま・っ・て・る・ネ

2人宴会にもどり、終わるとツレを撒き美和の部屋に。
入ると
「先輩来てくれた」
と抱きついてきて、キスの嵐。

落ち着くと床に座り俺の手を取って、甘えた声で
「美和ね、前から先輩のこと好きやった、いつか美和のこといっぱい抱いてもらいたかった。先輩のアレも触ったし、美和のこと好きにしていいから、何でもしてあげる。」

「本当にいいのか?」
「うん 美和何したらいい?」
「それじゃーまずは裸になってマ○コ見せて足いっぱい広げてマ○コも広げて」
「うん、先輩」
と服を脱ぎ下着も全部取って俺の横に座りかけた。

続きを読む(【肉便器】ヤリサーの飲み会で後輩女が「何でもします…」と言うので・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く