【レイプ】俺女系の勘違い女に世間の厳しさを教えてやった結果・・・・・

【レイプ】俺女系の勘違い女に世間の厳しさを教えてやった結果・・・・・

大学のとき、何か勘違いした『俺女系』がいた。
仮名をミカにしようか。
男前なセリフを好んで言うくせに、下ネタには拒否反応示すヤツで、俺とは何となく心の友的に接してきてた。

俺は飾りもの的なテンションに違和感感じながら、まー他人事だからと放っといた。

そしたら、ある日、夜中に突然押しかけてきて、「飲んでて終電逃したから泊めろ」って。
女友達と飲んでて(女でその子のファンは多かった)、相手は実家の子だから俺のアパートに来たらしかった。

何の連絡も無しで、当たり前のように突然深夜部屋の中に当然のように押しかける(その気の置けない友情に酔ってるみたいな)態度に、俺はさすがにムカついて散々なじった。

もうアホかと、独りよがりだと、相手のこと考えてないと、友情ごっこは脳内でやれと。
さすがに彼女は酔いもさめて一気に真っ青になっていた。当然やけどな。

涙目になってオロオロ謝ってきた。
そこでそれまで単純に態度にイラついてたけど、俺の中のS心が目覚めてしまって、「本当に悪いと思ってるなら態度で示せ」と言った。

向こうはどうしていいか分からず困ってたので、俺は無言で近づいて腕を伸ばしてガツッと胸を掴んだ。
ミカは目を大きく見開いて、現状を理解できない感じで軽くパニクってたと思う。

小ぶりな胸をぐいぐい揉むとミカも抵抗しようと手を動かそうとしたので「動くな!」と、俺は結構強く言いつけた。
ビクッとして、またミカが硬直する。

それが手の平越しに伝わって俺は更に興奮したけど、見た目はエロではなく、怒りの制裁風な態度を貫くように気をつけていた。

俺は腕をまっすぐに伸ばして、しばらく部屋の壁にミカを押し付けるように胸を揉みまくった。
テレビの音とミカが小さく「ごめん」とたまに繰り返す中、俺は更に詰め寄って胸は揉みながら顎を掴んで顔を上げさせた。

伏せ目がちだったのが、涙を大きく含んだ目で俺を見つめ返すミカ。
本当に謝罪の念が溢れてて、俺も罪悪感がこみ上げたんだけど、その倍ぐらい興奮してて、荒々しくキスした。

キスする直前まで、まさかキスするとは思っていなかった感じだった。
男を警戒して男慣れしてなかったんだろう、ただただ混乱している感じだ。

貪るように荒くキスして、舌を絡ませて、つばを流し込みながら、両手でTシャツとタンクトップの奥に滑り込ませてブラを外し、生乳を握り、乳首も弄り倒した。

「うぅ」って小さくうめくだけで、ミカはひたすら我慢している。
キスを一旦止めて少し体を離すと、ミカが「もうやめて・・・」って言ってきた。

ここで許す訳もなく、「その程度なんか、全然悪いと思ってないじゃないか、最低だ」みたいなことを連続して言いつけると、ミカはまた泣きながら「ごめんなさい」って言って、俺の腕を押さえてた手の力を抜いた。

俺は当然のように「最後までするぞ」って言った。
少し黙って口を噛みしめてたけど、ミカは覚悟したみたいで頷いた。

ジーンズを自分で脱ぐように言って、言われた通り脱ぐミカ。
Tシャツとタンクトップは俺が脱がしてブラも取った。

ブラは黄色で、下はグレーの綿のパンツで、その不揃いなところが“エッチする気全然無かったんだ”と分かって、却って燃えた。

“すげぇ自分ひどいヤツだなぁ”とはその場で思ったけど、何か脳内麻薬的なものがガンガン出てる感じで止まらない。
ベッドに寝かせてパンツだけのミカの体を触りまくった。

胸を触ると悔しそうな恥ずかしそうな顔するし、尻を触ると逆にちょっと声色や吐く吐息の感じが変わった。
エロい感じに、尻が性感帯なんだと分かった。

散々弄りまくってから、湿ったパンツを脱がしたけど、もう抵抗はなかった。
脚を持ち上げて、いわゆる『まんぐり返し』をした。
ミカはさすがに顔を背けてた。

俺はその姿勢でクンニをした。
クリも刺激し、夏だったし汗臭い感じも逆によかった。
もう十分濡れてたので、正常位で挿入した。

で、俺が上から被さるようにして、両手は押さえ込む感じ。
何かベッドに磔になってる感じのミカ。

胸にコンプレックスあるみたいだったので、その胸をあえて隠させないで吸い付いたりしながら、腰を動かした。

突く度に「うっうっ」とミカが呻く。
両手で胸を仰向けのちっちゃい胸を揉み込みながら、口をキスでちょいちょい塞ぐ。

ミカは両手で俺の二の腕を掴んでいた。
弱々しく、しがみつくような、押し返そうとするような。

最後は上にズレないように頭を押さえてディープキスしながら、結局中出しした。
俺がイった後もしばらくキスして、体中撫で回して、一旦終わった。

その後、フロに一緒に入って、フェラ→バックでして、洗いっこ。
もう向こうはフラフラで、されるがままだったね。

最後に浴槽にギュウギュウで一緒に入りながら、「付き合おう」と俺から言って、そのまま付き合うことになった。

やっぱり大学ではミカは態度はあんまり変わんなかったけど、エッチは完全に俺主導で言いなりだったので楽しかった。

3年ちょい続いて卒業で離れたけど、あんな無茶したのはミカにだけだったなー。
ホント、犯罪すれすれやと今なら思うし、もう同じシュチエーションになってもあんなに女の子を責めることはできないなー。

コメントを書く