【フェチ】妹、姉、母の使用済みパンツの臭いを嗅ぎ続けた結果・・・・・

俺が変態に覚醒するきっかけになった体験を書く前に、簡単にですが俺の家族の紹介をします。

父→登場しないので割愛
母→当時42歳で身長ー体重=80のおデブ体型だけど、女らしい体型(Eカップ)で近所のおっさんたちに人気。

姉→中学3年生でバスケをやっているため体は引き締まって、毎日洗濯物がたくさん。

俺→中学1年生、精通が終わってからオナニーばかりやっているドエロ、パンチラやブラチラなど、とにかく女性の下着が好き。

妹→小学4年生、初潮はまだでアニメ好きでズボラな子供。

ある日の夜、俺は妹とじゃれ合ってプロレスごっこをしていた。
妹の後ろに回って布団に投げ飛ばしたり、寝技のようなものをかけて「ギブ!ギブ!」と騒いだり、両親に怒られるまで激しく騒いでいた。

兄弟がいる人は経験していると思うが、じゃれあっているとおっぱいやおマンコを触っても怒られないし、自然とウロボロスのような態勢になったりした。

精通終わって数か月の俺はちょうど女の体に興味津々だった。
妹はまだ初潮を迎えていないためただのガキかもしれないが、俺はじゃれ合っているときにわざとパジャマの中に手を入れたり、彼女のおマンコに顔をつけて臭いを嗅いだ。

ズボラな妹はめんどくさいときは歯磨きもしないし風呂にも入っていなかった。
そのため、おマンコに鼻をつけたときにアンモニアの臭いがきつくてすごくおしっこ臭いときがあった。

でも、俺はこのおしっこ臭いというかおマンコの臭いを嗅いで勃起していた。
ガキのしょんべん臭いおマンコで興奮するなんて自分自身を軽蔑したかったが、でもあの臭いは中毒性があってチャンスがあれば妹のおマンコの臭いを嗅いだ。

これだけで済めばまだよかったんだけど、妹のおマンコの臭いでメスの臭いを覚えてから、俺は脱衣所にある妹が脱いだ子供パンツを使ってオナニーするようになった。

妹がお風呂に入ったときに脱衣所に忍び込み洗濯籠から汚れたパンツを取り出し、トイレに持って行っておマンコやお尻の部分の汚れの臭いを嗅ぎながらオナニーをした。

妹が何日も風呂に入っていない時のパンツの汚れはかなり凄くて、おしっこやらう○ちやら結構ついてて変態が喜ぶような強烈な臭いになっていた。

妹のパンツで毎日オナニーをする生活をしていると、次は姉や母のパンツの臭いも気になった。
姉は毎日バスケの練習をして汗だくになって帰ってくるので、パンツが汚れている確率はかなり高かった。
ただ、その汚れが汗なのかおマンコから出ているものなのかで、だいぶ俺の興奮度合いも変わった。

パンツから薄い汗の臭いがするときは正直つまらないしがっかりした。
逆に、パンツがかぴかぴになるような汚れがついていて、チーズのようなツーンとした臭いがするときはヤバいくらいに興奮して連続で射精したこともあった。

姉はすでに生理が来ているため生理前とか生理直後では臭いがかなり違った。
激臭がするときはほんとにやばかったし吐き気がした時もあった。
でも、俺のチンポは吐き気のする臭いでも興奮したし、妹のパンツと姉のパンツのどちらも用意して二人の臭いの違いを比べたこともあった。

妹は基本的にしょんべん臭くて、姉は時と場合で臭いが全く異なる変幻自在のおマンコ臭。
姉や妹を性の対象としてみる人は結構いると思うが、母のパンツまで臭いを嗅いでしまったら俺は完全な変態になってしまう。

姉や妹のパンツの臭いで何度もオナニーしてこれ以上変態にならないように我慢をしていたが、母に甘えたときにおマンコに顔をつけて臭いを嗅いだことがきっかけで母のパンツまでチェックするようになった。

洗濯籠に入ってある母のパンツは姉よりも激臭でとにかくすごかった。
白いパンツがおマンコの形で黄色くなっていたり、尿漏れのような跡がついていたり、とにかく家族の中で一番汚れがひどかった。

父とセックスしたと思われる日は精子のようなドロッとした液体が付いていて、魚のような臭いがした。

たまに母のパンツのお尻の部分が白い汚れがついてかぴかぴになっていることがあった。
もしかして、父が母のお尻に中出しをしてパンツのお尻の部分に精子がべっとりついていたのかもしれないな。

俺が3人のパンツでオナニーを楽しんだのは中学生活いっぱい。
もっと、パンツの臭いを嗅ぎながらオナニーをしたかったんだけど、母に妹の使用済みパンツを使っている姿を見られた。

母にめちゃめちゃ怒られて二度と変態行為をするなと言われたけど、変態になってしまった俺が簡単にやめられるはずがなかった。

結局、母が俺の性癖を心配して鍵のあるボックスに洗濯物を入れるようになった。
せっかくみんなの脱ぎたてパンツの臭いで気持ちよく射精していたのに、この時ばかりは母のことを恨んだ。

でも、俺は3人のパンツの臭いを何年間も嗅いだおかげで、年代別の臭いをかぎ分けれるようになった。

俺が最終的に好きな臭いは母のような激臭の臭い。
家族のパンツで楽しめなくなった後は、出会い系サイトでおばさんたちのパンツを安く買っている。
生理直前や生理中の臭いが特に好きで、あの臭いを嗅げば簡単にフル勃起するしヤバいくらい興奮した。

家族にいる女性3人のパンツのおかげで、俺は完全なる変態に覚醒した。
自分がヤバい人間だと分かっていても、もう止めることはできないと思う。

コメントを書く