【寝取られ】高校時代の彼女のせいで変態ネトラレスキーになった・・・・・

僕が高校生の時、付き合っていた彼女のせいで女性恐怖症プラス、変態になってしまいました。

僕が17の時、初めて彼女ができました。
名前はユウカ(仮名)といいます。
同じ高校でクラスも同じ、僕の方から告白し付き合うことになりました。

ユウカは顔も整っており、スタイルも抜群でした。
そんな彼女ができたことを当時は自分でも信じられないくらいです。

しかし、ユウカは気が強くとてもわがままでした。
反対に僕は、言いたいことを口にできないようなおとなしい性格です。

付き合いはじめの1ヶ月くらいは、お互い慣れていないこともあり、気を使い合っていたのですが、そのうちユウカはどんどん本性を現してきました。
僕は完全にユウカの尻に引かれておりました。

ユウカは自分の機嫌が悪いときは、僕のことを完全無視、逆にテストの勉強などで僕が忙しいときでも、自分の気が乗っているときは、全く遠慮せずに強引に遊びに連れて行かれたりしていました。

ユウカは僕が初めての人ではなく、男性経験もそれなりに豊富でした。
そのせいか、ユウカは僕とのセックスには不満だったようです。
最初はもちろん何も言われなかったのですが、回数を重ねるうちに不満を口に出すようになりました。

「K(自分)って早いよね」とか、「前の人としたときはもっと気持ちよかった」など、自分にとってはひどく傷つくようなことも、平然と言い放ちます。

たしかに、僕は早漏だし、セックスの経験もなかったので何も言い返せませんでした。

ユウカは男友達も多く、僕にとっては不満でしたが、もちろんそのことに対してユウカに意見できるほどの度胸は僕にはありません。

そして、ある日を境に僕にとって、最悪で忘れられない日々が始まろうとしていました。

 

その日僕はユウカと一緒に、クラスメートのたかしの家に遊びにいくことになりました。

僕はたかしとは、あまり仲が良くないのですがユウカは学校でもいつもたかしと親しげに話していました。

僕はその姿を見るだけで、嫉妬に駆られておかしくなりそうでした。
この日も本当はたかしの家など、行きたくはなかったのですが、ほうっておくと、一人でもたかしの家に行くのではないかと心配になり、僕も行くことにしたのです。
それにたかしは、身長も高く学年きってのイケメンです。

その日、たかしの家は親が仕事で留守にしており誰もいないので、僕たちはたかしの家で徹夜で飲むことになりました。

僕はお酒など飲まないので、すぐに気持ち悪くなりました。
ユウカとたかしはドンドンお酒を飲んで盛り上がっています。
僕はすぐに眠くなってきました。

「ねえ、Y、もう寝たら?眠そうだよ」

「・・・え」

僕は2人を残して眠るのは何かイヤだったのですが、お酒のせいで睡魔に襲われていました。

「あたしたちはまだ眠くないからここで飲んでるけど、Yは先に眠って来なよ」

妙に僕を寝かせたがるのが気に入らなかったが、我慢の限界だったので僕は二階のたかしの部屋を借り、仮眠をとることにした。
一眠りしてすぐ戻る予定だった。

しかし、気がつくともう朝の4時近くだ。
5時間も寝てしまった。
僕はゆっくりと布団から身を起こした。頭ががんがんする。

2人は二階にはいなかった。
まだ飲んでいるのか?僕は部屋を出て一階のリビングに向かった。

階段を下りたところで、何か物音がした。
やはり2人はまだ飲んでいるのか。僕はイライラした。

リビングに顔を出したが2人の姿はなかった。

「・・・・・・あれ?」

どこに行ったのだろう。僕は辺りを見回した。
たしかにさっき物音が聞こえたんだけど・・・

ちゅぱちゅぱ

奥の部屋から、物音が聞こえた。

「・・・・・・何の音だ?」

僕は奥の部屋の襖の隙間から、部屋の様子をうかがった。

「!!」

その時僕の目の前に、信じられない光景が飛び込んできた。
ユウカは下半身を露出した状態で、たかしのモノをくわえていたのだ。

「ふふふ、たかしすごいね。二回もいったのにもうこんなギンギン」

「!!!」

僕は放心状態になった。
二回?いった?何をいっているんだ?
僕の頭の中は真っ白になり、身体は金縛りにあったように指一本動かなかった。

「はあはあ、あ〜、気持ちいい。でも、いいのか?彼氏上にいんのに」

「うん、いいの。あいつマジ下手だし、いくのも超早いから」

「!!・・・」

僕は現実を受け止めることができなかった。

「ねえ、それより早く入れてよ。またあたしの中にたかしのザーメン注いで」

「・・・な、なかに?」

信じられないことに、ユウカはたかしに中出しされていたらしい。
しかも自分からそれを望んでいる。

パンパンパンパン

イヤらしい音が僕の耳の奥に入り込んでくる。

「あ!あああ!はあ、はあ、気持ちいいよぉ」

たかしはユウカを後ろから激しく突いていた。
僕ならもうとっくにいっている勢いだ。

「ああん!はあ、はあ、ああああぁぁん!あ!い、いっちゃう!!はあはあはあ、あんあんあん!いっちゃうよぉぉぉ!」

「はあはあ、いいよ!いっちゃえよユウカ!」

パンパンパンパンパンパンパンパン!

「あああああぁぁぁぁぁぁ〜〜!!!い、いくぅぅぅぅ〜〜〜〜!!!」

ユウカの腰ががくりと落ちた。

僕が寝ている間、ユウカはこんな大声で喘いでいたのだ。
僕の目から涙がこぼれた。あまりのショックと屈辱のために。

しかし、僕はこの時自分でも思いもよらない行動に出た。
僕のペニスは興奮しギンギンに立っていたのだ。
僕は自分のペニスを手に取りゆっくりとしごきだした。
屈辱にまみれながらも、何ともいえない快感だった。

ユウカとたかしは正常位に体位を変えた。
たかしはユウカを抱きかかえるように濃厚なキスをし、ユウカもたかしの首に腕を絡ませ、激しく顔をこすりつけている。
そして再びたかしのこしが、激しく揺れた。

パンパンパンパンパンパンパンパン

「ああぁぁぁぁ!!気持ちいい!!あんあんあんあん!!もっと突いてぇぇ〜〜〜〜〜!!」

「ちゅ・・くちゅ」

ユウカはたかしに激しく突かれながら、激しいキスをしている。

「・・・・・・・・うっ!」

どくんどくん

僕のペニスから大量の精子が溢れ出た。情けないことにもういってしまった。
自分の彼女が他の男と激しいセックスをしているのを見ながら。

パンパンパンパンパンパンパンパン

「あああ!!いくぞ!!」

「ああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜、いってぇ〜〜〜!あたしの中にたかしのザーメン注いでぇぇぇ〜〜〜〜!!!」

「・・・・・・・」

こんなに大声で喘いでいるのに僕はなぜ気がつかなかったのだろう。
しかし、そんなことは今となってはどうでもいい。
僕のペニスは再びびんびんになっていた。
僕は再び自分のペニスを握り、手を上下に動かした。

パンパンパンパンパンパンパンパン!!

「あああーーーーー!!!いく!!いくぞぉぉぉぉぉーーー!!!ユウカ!!」

「あああぁぁぁぁん!!出して出して出してぇぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜!!!たかしぃぃ〜〜〜!!!!」

ドクンドクンドクン

たかしの精子が、ユウカの中に流れ込んでいく。

「はあ、はあ、はあ、す、すごいよ・・・たかし」

2人は長い間からみあったままだった。

僕は二回目の射精を終え、1人二階へ戻った。

僕は1人布団の中で泣いていた。
下から水の流れる音がする。
2人でシャワーでも浴びているのだろう。
もはや、僕のことなどどうでもいいかのような行動だ。
隠す気すらないように思える。

しばらくしてユウカだけが二階に、上がってきた。

「あ、まだ寝てたの?なんか汗臭いからシャワー借りてたよ」

「・・・・」

ユウカは僕の様子に気がついたようだった。

「・・・見てたの?」

「・・・・・ふざけんな!」

僕はこれまでユウカには見せたことのないような顔と声で、迫った。

「・・・・・・」

ユウカはただ黙っていた。

「なんとか言えよ!」

「・・・・うっさいなぁぁ!」

「!!・・・・」

僕はここでユウカが逆切れしてくるとは思ってなかったので、思わず黙ってしまった。

「セックスくらいでぐだぐだ言わないでよ」

「!!!・・・・んだよ・・・なんだよそれ!」

「じゃあ別れる?」

「・・・・」

僕は黙ってしまった。
僕はこんなことをされても、まだユウカが好きだった。

「Yのチンポじゃ感じないんだよね。あたしと付き合っていたいなら、他の男とセックスするくらい我慢しなよ」

「・・・・・・うううう」

僕は情けなくも泣いてしまった。

しかし、結局この時僕はユウカと別れることができなかった。

コメントを書く