【母子相姦】女装癖のある息子との変態セックスがやめられません・・・・・・・・・

【母子相姦】女装癖のある息子との変態セックスがやめられません

はじめまして奈津美といいます。今年で36歳になります。
いちおう正看護婦の免許は持っているのですが、息子の事を考えて、昼間だけ歯科の開業医で助手として働いています。

息子は今年中学3年で、10年前に離婚して母子家庭です。

息子と肉体関係になってから1年が経過しようとしています。
なぜこんなになってしまったかというと、最初は息子の悪い癖を直すためでした。

ある日私が帰宅すると、私のブラウスとスカートを着た息子がオナニーをしていました。
しかも下にはスリップ・ブラジャー・パンティまで着けていました。
その時私はひどく息子を叱りました。
でもそれが良くなかったのかもしれません。

もう二度としないと約束させても、息子は私に隠れて、私の服を着て女装を繰り返しました。
何度も叱るうちに息子が「女の娘になりたい」と言い出しました。
「あなたは男なのよ」と言っても聞きません。
でも息子がもし外で女装したらどうしようと困ってしまいました。

そこで私は息子と約束する事にしました。
絶対外で女装しない事。
そして女装する時は、私の目の前でする事。
息子は了解しました。

きっと私の目の前では、息子は恥ずかしくて女装なんてできないと思っていました。
そして約束した翌日のことです。
私が帰宅すると、息子は待ちかねていました。

息子は「ママが今日着ていた服を着たい」と言い出しました。
私はたじろぎましたが、約束は約束です。
脱衣場で着替えて、下着を含めて全てを息子に手渡しました。

すると息子は恥ずかしさの欠片もなく、私の前で自分の服を脱いでしまいました。
そしてさっきまで私が穿いていたパンティに足を通し始めました。

もう私の頭の中はパニックでした。
気が付くと、息子は私の服を全部着ていました。
余談になりますが息子は痩せていて、私とサイズが一緒でした。

息子は私見つめ、こう言いました。
「ねえママ、オナニーしていい?」
もう私は頷くしかありませんでした。

息子は両手で胸を揉み始め、やがてスーツのスカートの裾を捲くりました。
そこにはもうパンティからはみ出しかけたペニスがありました。

息子はペニスをしごき出すと、
「ああっ、おまんこして、ねえ、もっとおまんこの奥がいいの」と今まで聞いた事のない声であえぎ始めました。

女になりきっているのです。
左手はスーツの襟の中で胸を揉んでいます。
そして腰を激しく振りながら、もうペニスはパンティからはみ出して、直接しごいています。

続きを読む(【母子相姦】女装癖のある息子との変態セックスがやめられません・・・・・・・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く