【衝撃】昔ハマったAV女優が実は同級生だった結果・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】もし好きなAV女優が同級生だと分かったら・・・

昔好きだったAV女優が実は同級生だった…

大学生のある日、レンタルビデオで可愛いAV女優を見つけました。
自分好みの顔で、小柄で胸が大きく、笑顔がとっても魅力的。
一目惚れして借りました。
一瞬でファンになり、何本ものAVを鑑賞しヌキました。

何故か親近感が湧き、会ったことがあるような感じがしてましたが、あまり気にはせず、その娘のマイブームは静かに幕を閉じました。

それから2年。
卒業して以来の同窓会があり、参加してきました。
その場で僕は目を疑いました。
2年前メチャメチャハマったAV女優にそっくりな娘がいるではありませんか!

親近感が湧いた理由はこれか!
でも、まさかねぇ…あの真面目な娘(以下怜子とします)が…ありえない…他人の空似…と思いつつ、楽しく飲み会が進んでいきました。
懐かしい面子と昔話に舌鼓を打ちながら、ワイワイしているうちに、流れで怜子の横に座る事になりました。

学生時代あまり話した事はなかったのですが、お酒の力もあり、昔話しや今の仕事の事で話が弾みました。
ただ、近くで見れば見るほど良く似ていて、気にせずにはいられませんでした。

我慢できず怜子の耳元で「勘違いだと思うけど、AV出てた?すげー似てる娘知ってる」と冗談ぽく聞いてみました。

そうすると怜子の表情が一瞬、強張った気がしましたが、怜子はしっかりと否定しました。
僕は「そんなはずないよね(笑)ごめんごめん」と言って、また違う話しを始めました。

飲み会も終盤に近づき、僕は完全に出来上がっていました。
怜子の事なんてすっかり忘れ、騒いでいました。
ビールを飲むとトイレが近くなる僕は、何回かトイレに行きました。

何回目かで怜子とすれ違い、急に手をつかまれ、居酒屋の中の人気がないところまで引っ張っていかれました。
そして怜子が「さっきの話なんだけど…みんなには言わないで」と言いました。

酔っ払って頭が回ってない僕は、何の事か全く分からなく、ポカーンとしていると、怜子は「いろいろ事情があって出演したんだ。まぁ1年で引退したけどね」と言いました。

僕は驚きと興奮で言葉が出てきませんでした…ホントなら「黙ってほしかったら、やらせろ」的な展開が一般的かもしれませんが、僕にはそんな勇気もなく、ただ怜子の言葉に頷いただけでした。

飲み会も盛り上がって、2次会に行く事になりました。
2次会では運よく怜子の隣になり、普通の何気ない話しをたくさんしました。
学生の頃より仲良くなっていたと思います。
アドレスも交換して、さっきの話はなかったかのように普通に接していました。

その日僕は飲み過ぎた為、2次会で抜けました。
怜子とも「またメールするね」と普通にお別れ。
帰宅して爆睡…朝起きたら怜子からメールがきてました。

「今日は驚かしてごめんね!まさか観てる人がいるなんて思わなくて…また飲みに行きましょ」
すかさず「俺もまさかだったよ(笑)また飲みに行こうね!いつにする?」とすぐにアポを取り、2週間後に2人で飲みに行く事に。

その間、怜子出演のAVを引っ張り出し何回も観てしまいました。
約束の日、約束の場所で待っていると、怜子が時間とおりにきました。
本当に屈託のない笑顔で、僕の好みにばっちりハマっていました。
デート気分でウキウキしながら、個室がおしゃれな居酒屋へ。

最初1時間は、前の同窓会の話をして盛り上がりましたが、お酒も進み徐々にエッチな話に…。
怜子「あのさ、前の事だけど、誰にも言ってないよね?」
僕「言ってないよ!まぁこの2週間、怜子が出てるAV観て楽しんだけどね(笑)」
怜子「もぉ…恥ずかしいじゃん…私なんかで興奮しないでしょ?」
僕「いや…モロ好みで、ばっちり興奮します(笑)学生の頃から思っていたけど、可愛いし、いい体してるよ。」
怜子(顔を赤らめて)「学生の頃から?!そんなとこ見てたんだ!エッチ(笑)でも、なんか嬉しい。
ありがと!……って言うのも変か笑)でも、マサキ(僕)は今までの男の人と違うなぁ~」

僕「何が違うの?」
怜子(ちょっと俯き)「今までもバレちゃった人は何人かいるの。その度エッチを求められちゃって…でも、マサキは全くそーゆーのなくて、普通に接してくれて嬉しかった。」
僕「俺ビビりだからね(笑)それに、俺じゃ女優さんを満足させれません」
怜子「フフッ。そうなんだ(笑)じゃ試してみる?」

僕「はい?マジっ?」
怜子「マサキならいいよ。信頼できるから。それとも私とじゃ嫌かな?」
僕「いやいや…いきなりでビックリしただけ!でもなぁ…」
怜子「本当にマサキはがっつかないなぁ~そんな男の人もいるんだ!やっぱり私じゃ興奮しない?」
僕「AVの怜子を思い出して、今興奮してます(笑)」

怜子の手が股間に…
怜子「ホントだ(笑)良かった。今からはAVの私じゃなくて、実物で興奮して。」
柔らかい唇が触れ、すぐに離れました。

居酒屋ということもあって、控えめのキス。
焦らされてるような感じがして、すごく興奮しました。

それから、居酒屋を出て怜子の一人暮らしの部屋に行くことになりました。
その道のりは緊張と興奮で何を話したか覚えてません。
玄関のドアが閉まると、お互いを求め合うように抱き合い、フレンチキスからディープキス。

背中からお尻を撫で回し、怜子は「ンッ…アッ」と声を出しました。
怜子「一緒にお風呂入ろっ」
お湯をためて、怜子が先に体を洗いました。
そのあと僕が体を洗い、僕が怜子を後から抱きしめる形で一緒に湯舟へ…。

怜子「この状態で手を出さないマサキは、本当に男の人!?珍しいタイプだ(笑)」
僕「ホントにビビりなんで(笑)」
怜子「もぉ~焦らされてるみたい」
僕「夢みたいなんだ。まさか怜子とこうなるなんて…ちょいじっくり体を観察する!!」
怜子「エッチ……ねぇ…チューして」
怜子が少し顔を後に向け、キスをしました。

最初からデープキス。
舌と舌が絡み合う音と、怜子の「アッ…ンッ」って可愛い声。
我慢出来なくなり、胸を触る。
経験が少ない分何カップか分からないが、Dくらいじゃないかと思います。
しだいに怜子の息は荒れはじめ、声もだんだん大きくなっていく。

耳元で僕「AVみたいな声出しちゃうの?エッチだね」
怜子「ンッ…出さないよ。あれは演技で、今は本気で感じてる。こんなに優しいエッチは初めて」
胸からお腹、お尻、内ももを撫でて焦らす。
そのたび「アンッ…ンッ」って反応する怜子が愛おしく感じた。
乳首を触りながら、怜子のおまんこへ…ヌルヌルで既に出来上がっていました。

触りながら僕「こんなに濡らしちゃって、エッチな娘だね」
怜子「ダメ…ンッ…マサキの触り方優しくて、感じちゃう。アンッ…」
指を挿入し、第一関節を曲げ刺激する。

怜子「アンッアンッ…ンッ…ダメ…そこが弱いの…ンッ」
ちょっと抜き差しして、クリも攻める。
怜子「アッンッ…もっとクリクリして…そろそろイッちゃう…アッ…イク…イク…アンッンッアーッッ」
激しく背中を反イキ、ピクピクとしている。

AVの時とは雰囲気が違って、こっちのほうが可愛いと考えながら、怜子の頭を撫で撫でし、息が整うのを待ちました。

怜子「ハァ~こんなに優しいエッチ初めてだったから、かなり気持ち良かった!ありがとう。」
そう言って、怜子は体を反転させて完全に向き合う状態になり、デープキス。
そこから怜子の口は耳、首筋にいき、僕を風呂のフチに座らせて、乳首、指先、ちんこを通り過ぎて、うちもも、足の付け根(股関節)と舐めていった。

それだけでも、気持ち良くてビンビンになりました…怜子「あ~あ。こんなに勃たせて。」と、無垢な笑顔でハニカミながら手コキする。

さすがに元AV女優。
気持ち良すぎる。
手コキしながら、股関節、袋、裏筋を絶妙な舌使いで舐めていく。
怜子「なんか出てるよ…エッチ」と言ったあと先を舐めて、くわえる。
最初は優しくゆっくり上下に動かしつつ、舌で裏筋を舐める。

だんだん早くなり、袋をモミながら、吸い付くように舐めていく。
怜子「おいひぃ…ンッ…ンッ」
僕「もうイキそう」
怜子「だめえ~」
そう焦らしながら、楽しむように舐めている。
「ジュパジュパ…ンッ…ンッ」
より激しく、音も声も風呂場に響く。

そして、果てました。
怜子「いっぱい出たね。フフッ。嬉しい」
僕「飲んだの!?ありがとう」感動でしばらく放心状態でしたが、お互いのを綺麗に洗って、風呂を上がりました。

 

風呂から上がり、怜子は頭を乾かしたり、化粧水を付けたりとしてました。
その間、缶ビールを飲みながらこの後の展開を妄想していました。

怜子「あ~勝手にビール飲んでる!私も飲む!」
俺「ごめん…お金は払うからさ。」
怜子「いいよ!」と、何もなかったかのように会話を続ける。
寄り添い合い、話しをした。

AV業界の事や、女優になった理由等…いつの間にか、缶ビールも2本空け、ほろ酔いになった頃、お互い自然にキスをし、僕は怜子の手を引きベットへ…

僕「眠いから寝よっか!」
怜子「ホントに寝るだけ?笑)」
意地悪な笑顔で聞く。
負けじと僕「もう1回出したから、いいもーん」と意地悪に答える。

怜子「もぉ~しなくてもいいから、チューして抱きしめて」ゆっくりキスをし、抱きしめました。
そして、体を撫で回し、背中からお尻へ…怜子の息がだんだん荒くなっていき、足を絡め合い、激しく抱き合い、激しくディープキス。
服を二人とも脱ぎ、全裸になる。

怜子が上になり、激しくキスをして、ちんこに自分のおまんこを擦り付けている。
僕は胸を揉み、乳首を摘む。
怜子「アッ…もう変になっちゃう。何だか今日は興奮するよ。もうヌルヌル」
僕「そのまま入っちゃいそうだね笑)」
…そのまま挿入。

怜子の腰使いは絶妙。
テレビの画面で観ていた娘が、今目の前で腰を動かしている。
怜子「アンッアンッ…ン…気持ち良い…ンッ」
僕は体を起こし座位に。

激しくキスをしながら、怜子の腰に手をあて動きの補助をする。
僕「怜子はエッチだなぁ…エッチ好き?」
怜子「大好き…でも、やっぱりAVより普通のエッチの方がいい!マサキは特に優しくて、いつも以上に感じてる。」
そう僕をおだてて、もち上げる。

気分をよくした僕は、怜子を寝かせて正常位に。
奥まで入れて、腰の動きを止めて休憩。

僕「もう気持ち良すぎて、我慢出来ないよ」
怜子「いいよ…中に出して…ピル飲んでて大丈夫だから」
僕「マジか!?じゃ初の中出しします笑)」
怜子「初なんだ!いただきます笑)ねぇ…ゆっくり動かして」

ゆっくり腰を動かす。
怜子の中を味わうように、怜子も僕のを味わうように感じていた。

怜子「ンッ…もう少し早く…」
ペースを上げる。
怜子「いい…アンッアンッアンッ…ンッ…アンッ…マサキ気持ち良い…」
僕「いい顔してるよ。そろそろイッテいい?」
怜子「ンンッ…いいよ…激しくして…あっダメ…おかしくなっちゃう…アンッアンッン…中でンッ…イッテ…」

射精。
ゆっくりキスをして、お互い顔を見合う。

怜子「気持ち良かったよ。チンチン、ピクピクしてるね。全部絞りとっちゃうから笑)」
と笑顔で言う。

僕「全部って…げっそりしちゃうわ!笑)ホント気持ち良かったぁ…ありがと。」んこを抜くと、お掃除フェラしてくれて、お互いのを拭き合いました。
疲れたので二人とも全裸で爆睡してしまいました。

朝下半身に違和感を覚え起きると、怜子がフェラをしていました。

怜子「おはよう。朝からごめん。勃ってたから、つい…昨日の夜を思い出したら我慢できなくて…」ハニカミながら言う。

その顔見たら断れない。
というか、断る理由がない。

僕「エッチだなぁ…しょうがないから、怜子のお尻こっちに向けて!笑)」
69の状態に。
怜子はもう濡れていて、音を立てながら舐めていく。

怜子「舐め方エロイよ…アンッ…そんなにしたら、舐めれない」
クリを触りながら、穴に指を出し入れする。

怜子「アンッン…ダメ…ンッ…もう欲しいよ…ンッ」
バックで挿入。
僕の腰使いに合わせながら、怜子もお尻を動かす。
バックは顔が見えなくて嫌いなので、座位に。

怜子「気持ち良い…ねぇ…私達相性抜群だよね?!」
僕「あんまり経験がないから…でも、今までで1番いい!」
怜子「フフッ。私完全に壊れてるから(笑)」
その瞬間押し倒されて、騎乗位に。

そして、激しく動き出す。
僕「コラッ!急に…」
怜子「アンッ…アンッ…もう我慢出来ないんだもん!」

怜子は自分の乳首を摘みながら、自分の指を舐めながら激しく腰を振る。
負けじと、怜子に合わせて腰を突く。
怜子「アンッ…アンッアンッ…このままでイッテ…たくさん中に出して…アンッ…おかしくなっちゃう~…」
と、怜子はちょっと体勢を後に傾けた。
ちんこがちょうどGスポットに当たるのだろう。

とてもエロい光景だ。
怜子「気持ち良いよ…変になる…アンッアンッ…」
僕「そろそろいいかな?」
怜子「いいよ!イッテ…中にちょうだい!」
いっそう腰の動きが早くなり、怜子の声も大きくなる。
僕「イクよ…」
怜子「ンッ…いいよ…アンッ…イッテ~」

射精。
怜子は僕の方に倒れてきて、ピクピクするちんこに合わせて怜子もピクピクしている。
怜子の息が整ってきたら、顔をあげキスをした。

怜子「ダメだ。癖になりそう笑)」
僕「完全に俺は癖になってますが笑)」
怜子「じゃぁまたして!約束だよ…」
僕「喜んで!」

結局付き合う事になり、毎週のようにやるようになりました。
たまに怜子のAVを見ながらやったりしましたが、やっぱり実物が可愛い。
夢のような毎日を過ごしています。

コメントを書く