【父子相姦】エロく成長した娘を想像してオナニーしているところを娘に見られてしまい・・・・・・・・・・・

【体験談】よりによって「近親相姦もの」を見ているときに・・・

chichioya

登場人物の紹介から。

まずは投稿している私。
年齢は46歳。
とある会社の会社員。
名前は敏明。

もう一人。
一人娘の彩香。
年齢は20歳。
中学からいわゆるエスカレートで進学して今は女子大生。
中学からずっと女子校。

で、実は5年前から私と娘は2人暮らし。
理由は、妻が病気で亡くなってしまったから。
元々娘とは仲良し親子ではありましたが、妻が亡くなってから微妙な距離感ができていました。
しかも、あることがきっかけで、その距離はさらに遠くに。

それは私が自分の部屋でエッチビデオ観ながら下半身丸出しでオナニーをしていた時。
娘が学校から帰宅していたのに気づかず、ビデオの世界に入り込んでしまい、私の使わなくなってしまった下半身を自らの右手で慰めていたのを娘が見てしまったこと。

もちろん声が漏れないようにヘッドホンはしていたのですが、逆にそのことで娘の帰宅に気づかなかったため、娘が私の部屋へと向かってきて、部屋の扉を空開け、見てはいけない父親のエロ姿を見てしまったのです。

最悪だったのが、その時に観ていたのが父親と娘の近親相姦モノで、私が右手を動かしながら、あろうことか・・・。

「彩香・・・彩香・・・。お父さんが彩香のこと気持ちよくしてあげるから。他の男に彩香の処女は捧げたらいけないよ!彩香!!」

なんて口に出してしまっていて・・・。
最近オナニーの時のおかずはいつも娘の彩香ではあったのですが、その場面を娘に見られたとあってはもうアウトでした。
それが2年前。

娘が大学進学が決まり、少し親としても一安心したことで、それまで我慢していたことが一気に吐き出されたのでしょう。

それからというもの、同じ屋根の下に過ごしているにも関わらず、定型文的な会話以外ほとんどなく時が過ぎていきました。

彩香はそれまで女子校だったこともあり男の影は全く無く、純情な女の子的な子でした。
それが少し色っぽいというか、大人の女性を意識したような服装だったりが見られるようになり、帰宅時間も遅くなることも出てきました。

おまけに、そんな目で見るからなのかもしれませんが、娘が急に妻を思い起こさせるような、むっちりとした豊満な男をそそる身体つきへと変貌していくのがわかりました。

高校1年の頃に盗み見した時は確かCカップのブラだったはずが、大学生になり3年が過ぎ、Fカップへと成長していたのです。

やはり妻の遺伝子の入った子だし、そうだよなあと思うと同時に、彩香のFカップを誰かも知らない男が・・・と勝手な妄想をしていました。

 

それが5ヶ月前の暑い夏のこと。
その日は娘が帰りが遅くなると言って朝から出かけました。
なんでもサークルの食事会があるということで、女子ばかりだからと言ってましたが、服装は男を誘うような露出の高い服装でした。

私は、今日は大丈夫だろうと、あの日と同じように部屋で下半身を曝け出し、悶々としていました。
もちろん、あの日と同じ、父親と娘の近親相姦モノのビデオをおかずにしていました。

その日は妙に興奮し、1度どころか2度目も勃起させ、搾り出すように精液を出しました。
そして3度目。
2度も出したのに私の下半身はまだ元気でした。

そして、あの日と同じように娘の彩香が私の部屋へと入って来て、私のエッチな行為を後ろから見ていたのです。

ヘッドホンをしていたし、目線も画面に釘付けでしたので、いつ入ってきたのか、いつから見られていたのか全くわかりませんでした。

彩香「お父さん!何やってるのよ!年頃の娘がいるというのにわかってるわけ?そんなにやりたいんだったら、いい人見つけなさいよ!いつでも出て行ってあげるから!そしたら毎日できるでしょ!」

私「彩香!違うんだよ!お父さん・・・。彩香と5年前から2人の生活が始まって、こんなにしっかりした大人の女性に成長してくれて嬉しいんだよ。でも・・・彩香を見ているとお母さんを思い出してしまって・・・。彩香がだんだんお母さんに似てきて・・・。それが今度は彩香自体が欲しくなってきてしまって・・・。わかってる・・・。お父さんと彩香がそんな関係いけないこと・・・わかってる」

彩香「お父さん・・・。だめに決まってるでしょ!お母さんに似てるっていう理由だけで、お父さんと私が・・・。できるわけないじゃん!」

私「彩香!お前が本当に男と付き合う時に、そいつが初めてとかじゃなく、お父さんが彩香に、どういうものなのか先に教えておきたいんだよ・・・。わかるか?産まれてからずっと大事に育ててきた1人娘なんだよ。しかも5年も私1人で育ててきたんだよ。最近彩香が一気に色っぽく、大人の女性になってしまったように見えて、ひょっとして男ができたのかと思って・・・。お父さんもう毎日耐えられないんだよ!」

彩香「お父さん・・・。そんなに彩香のこと好き?お父さんこそ新しいお母さんの候補がいたりしない?彩香以外の女性で気持ちよくなったりしてないの?」

私「そうだよ、彩香のことだけを思ってお父さんオナニーしてる。今日なんか彩香がそんなにむっちりした身体を露出するような服を着て出かけるもんだから、本当は男とデートで、いっぱいやって帰ってくるんじゃないかと思って、さっきからもう2回も出したんだから・・・。でもまだ足りないんだよ・・・。こんなにお父さんの下半身、元気いっぱいなんだよ・・・。わかるか?」

彩香「お父さん・・・。すごい・・・。彩香・・・。わからないけど・・・。すごく嬉しい・・・。お父さん、でも、安心して。私・・・まだ男性を知らない身体だから。あの日お父さんが私の名前を叫びながらオナニーしてた。あの日から、最初の男性はお父さんって決めてたの。あの時、実は同級生の彼氏がいたの。彼氏から『もうそろそろいいだろ?』って・・・。でも、私断った。そしたら彼氏が『他に誰がいるんだよ!』って怒った。私は・・・その時、『最初の男性はお父さんって決めてるの』って言っちゃったの。もちろん馬鹿にされた。『好きにしろ』って言われて別れた。でもいつかこんな日が来ると思って・・・」

私「彩香・・・。いいんだね。お父さんと彩香は親子。いけない関係なんだ。それでもいいんだね?」

彩香「お父さん・・・。今まで・・・。ずっとろくに会話もせず冷たい態度をとってしまってゴメンナサイ。本当はいっぱい話したかった。一緒に色んなとこ行きたかった。でも無理だった。でも今日からまた昔みたいにいっぱい仲良くして、お願い・・・、お父さん」

私「彩香いいんだよ。年頃の娘の前でそんなことしたお父さんがいけないんだ。彩香・・・。でも今日からは違うよ・・・。彩香はお父さんが大人の女にしてあげるから。いいね・・・彩香。じゃあ、お父さんと同じように裸になって、お父さんの目の前に来なさい。彩香の大人になった、むっちりと豊満な身体見せてくれ」

娘の彩香は服を脱ぎ始めた。
ミニのワンピースを両手で裾から捲り上げると、下からまだまだ可愛いピンクのフリルの付いたショーツがまず覗いた。

さらに同じピンクのブラは胸の谷間にワンポイントのリボンが付いていて、これまた可愛かった。
ただ、サイズがどうも合っていないのか、ブラから彩香のおっぱいはこぼれ落ちそうになっていた。

ワンピースを捲り上げると、その勢いなのか、右のおっぱいだけがブラからポロリとこぼれてきた。

私「彩香・・・。本当は彩香のおっぱい、Fカップより大きいんじゃないか?収まってないじゃないか?今度からお父さんがネットで調べてちょうどいいサイズを探してあげるから。見た限りではGカップは確定だな・・・。お母さんそっくりだよ・・・。もっとこっち来なさい・・・。お父さんの手のひらでサイズを確認してあげるから」

20歳の娘のおっぱいは柔らかく、弾力があり、いつまでも触り続けられるものでした。

彩香「お父さん・・・。彩香・・・。おかしくなっちゃう・・・。すごく、気持ちいいよ!お父さん・・・」

私「もうこんなに乳首硬くしてるじゃないか?彩香・・・。本当はどスケベな女の子なんじゃないのか?初めてとは思えない最高の感度してる」

彩香「お父さんのいじわるぅ・・・。彩香・・・。すごく気持ちいいよ・・・。いっぱいやらしいこと教えて!」

私「じゃあ下の方はどうかな?ひょっとしてもうぐっちょぐちょだったりして・・・」

私は指をショーツに這わせ、娘の恥部へと動かした。
もうおしっこでも漏らしたのかと思うくらいにぐっちょりと濡れていた。

私「彩香・・・。だめじゃないか・・・。どうしてこんなに濡らしてるんだ?」

彩香「だめ・・・。お父さん。言わないで・・・。恥ずかしいよ」

私「彩香、素直でいいよ。気持ちいいんだろ?それでいいんだよ・・・。声も出していいんだよ」

こうして私と娘は親子の一線を越えていきました。
続きは、もうその通りです。
今でも私と娘の関係は続いています。

コメントを書く