【寝取られ】非モテ俺、可愛い彼女の元カレに嫌がらせを受ける・・・・・・・・・・・・

閲覧数: 2,008 views

※この体験談は約 4 分で読めます。

【体験談】聞いてもないのに昔のセックス話を聞かされる・・・

lgf01a201407220400

一浪してるから大学卒業して社会人になったのが23歳のとき。
初めて女の子と付き合ったのが25歳になってから。
それまでは風俗も行ったことなかったので、キスもしたことない、女の子と手をつないだこともない、ガチガチの童貞、人付き合いも下手。

同じ部署に留美って子がいた。
俺は大卒で、留美は高卒で俺より一年先に入社してて年は下だけど先輩だから最初は敬語使ってた。

女の子慣れしてないのもあったと思う、留美はふんわりしたボブカットの可愛い子で、ヘアカタログのモデルとかやっていそうな雰囲気の子だから学生時代から今までダサいグループにいた俺は話したことないタイプだったから。

「敬語じゃなくて大丈夫ですよ、わたしは年下ですから」
みたいに言ってくれて、それから敬語じゃなくなって、留美が仕事中お茶汲んで持ってきてくれたりした時に、ちょっとずつ話すようになった。

で、気付いたら好きになってた。
女の子慣れしてない奴が異性と接するとすぐ恋愛感情持つみたいに言われてるけど、その通りだと思う。
意識するとまた話せなくなった。

話せなくなったある日、残業で会社を出るときに留美とばったり会って、その時もつい留美のこと避けて、そうしたら留美は悲しそうな顔して、
「私、何か嫌われるようなことしちゃいましたか……?」
みたいに聞いてきた。

さすがにやばいと思って謝って、正直に言った。
留美のこと女の子として意識してて、それで緊張して話せなくなったって。
そうしたら、「可愛いですね」って言ってくれて、ちょっとずつ距離を縮めるようにして、ダメ元で映画誘ったら「いいですよ」って笑顔でOKしてくれた。
それ以来、距離が縮まって付き合うようになった。

人付き合い下手な俺が留美みたいに可愛い子と付き合えるとか夢みたいだった。

ちなみに背は小さめで胸は小さくて、でもお尻のボリュームはそれなりにあって、スーツ姿で下に落ちたもの拾うときとか、かなりドキドキして、つい見てた。

それは留美は気付いてたらしく、「お尻見てるの、ちゃんと気付いてるよ」「お尻好きなんだ?」とか、俺のことからかうように突っ込んできた。

初体験は上手くいかなかった。
キスも下手だし、腰も上手く動かせないしで、留美に教えてもらいながら初体験して。
そこで年下の女の子が自分より経験豊富ってことで、ちょっとコンプレックスが生まれたと思う。

ただ、それくらいのコンプレックスだったら我慢できたし、それより留美と付き合える嬉しさのほうがずっと上だった。
一緒に出社したり、一緒に帰ったり、お互いの家で同棲気分味わったり、女の子と付き合うってこんな楽しいんだって思った。
会社の人も、留美と付き合ってるのはバレバレだったし、時々冷やかされてた。

ある時、別部署の人と飲み会になった。
名前も知らない相手がいきなり声かけてきて、思いがけないこと言われた。

「留美と付き合ってるんだって? 俺も学生時代、留美と付き合ってたからさ」

それ聞いたとき、心臓が止まりそうになった。
留美がバージンじゃないことは正直かなり気になってたけど、留美は可愛いからそういう経験があるのは仕方ないし、考えないようにしてた。
そんな今まで考えないようにしてたことを、聞いてもいないのに話し始めた。

その相手と留美が付き合ったのは、高校一年の時らしかった。
学生時代、留美はチア部で、高校はサッカーが強い高校だったから、チア部も借り出されて、その時留美に目をつけたらしい。

地区予選勝ちあがって、サッカー部の打ち上げってことでチア部も借り出されて、その時に留美に声掛けて、デートして、付き合って二ヶ月目に、留美の初体験だったらしい。

それから、一度経験したら体育会系の男子だから本当にやりまくりで、休日、部活終わった後、昼休み、いろんな場所で留美とセックスしたって自慢された。

いちばん辛かったのは、グラウンドの隅にある汚いトイレでやったって自慢された時。
サッカー部の練習試合と、チア部の自主トレの終わる時間が重なって、留美のちょっとむちむちしたチアガール姿見てるうちに、我慢できなくなってやりまくったってことだった。

タンクに手をつかせてバックから、留美のお尻に向かって。
しかも、部活終わってすぐに連れ込んだから、コンドームなんて用意してるはずもなく、そのまま試合の興奮を留美に叩きつけるように、バックでしたって聞かされた。

その話聞いてる最中に、何回殴ってやろうか思ったかわからない。
その他にも、フェラ仕込んだのは自分とか、そういうこともかなり言われて苦しくて、聞いてるときかなり辛かった。
ごまかすようにして飲みまくって、潰れた。

留美はその飲み会に参加してなかったけど、誰かが連絡してくれたのか、介抱しに来てくれた。
目が覚めたら家にいて、留美が俺のこと介抱してくれてた。

嬉しかったけど、平常心でいられなかったし、かなりコンプレックス刺激された。
留美とはその後も普通に付き合ってる。
過去はともかく、こんな可愛くていい子で俺のこと好きに思ってくれる子を手放せないし。
ただ、時折思い出して、コンプレックスとかで苦しむことはある。

コメントを書く