【フェラ】女ですが、意識高い系男子とやらのチンコも意識高いのか調べてやった結果・・・・・・・・・・・

閲覧数: 2,223 PV

※この体験談は約 3 分で読めます。

【体験談】やな女だ・・・

yagaifera

女です。
私は意識は高くありません。普通です。自意識も高くないしとにかく並です。
世の中に嫌いなものがいくつかあります。
そのなかでも、今、決定的に嫌いなものが二つあります。

朝日新聞に連載されている綿矢りさの小説、あと、「意識高い系男子」みたいなクソ男が大嫌いですw
メガネ男子だの時計にこだわるだの脳科学的にどうだの・・・みたいなやつは片っ端から死に晒して欲しいくらいです。

でもちょっと面白がっているふしがあります。

その「意識高い系男子」とやらをおちょくってやりたい気分になって、ある合コンに参加しました。
前田〇子が佐藤〇とヤッたカラオケにシャワーとか風呂が入ってる場所での合コンでした。
めっちゃ高くてセレブwとか芸能人wとかが使っている場所らしいですw

そのコンパに参加していた男女、ともに意識高い系だらけでしたwww
心理学者を目指してるとか哲学がどうとか、月に使う美容代がどう、革の扱いがどうとか・・・・・まー、意識がお高いことwwwwwww

そんなとこで私みたいなヤツは当然浮きまくりでした。
すると一人のメガネが。
「きみ、ジョン・カサヴェテス監督の撮った「フェイズ」って映画に出て来たジーニーっていう高級娼婦に似てるね?」
とか言われましたw
鼻からパスタが噴出しそうでしたわwww

「何が似てます?」
と聞いてみると、
「骨格?目つき?存在の在り方?」
みたいな全部疑問系wwwwみたいな語りでwwwギャグですよねwww
「まぁ、あたし高級娼婦ですからね」
とおちょくってみると、
「そうなんだ。いいね。自分のスタイルを持っていていいよ。今後、自分の生き方に挫けることもあるかも知れない。でもそれは精神のリバウンドに過ぎない。諦めないで」

出た。茶のしずくwww
何様なんだ?コイツは。
しかも、
「・・・念のため、おいくら?」
と聞いてきました。
結局ヤリたいわけですねw

「それは事後に・・・」

私はそのメガネ男をそのままフェラすることになりました。
男は「見られると恥ずかしいから・・・」と膝掛けみたいなものを被せてました。
意識が高いだけに?w
見られるのが恥ずかしいならこんなとこでそんなことをしなきゃいいのに、それとこれとは別なようです。

チンコは右に傾いていて旬を過ぎた何とか茸みたいな感じでした。
形状はそんな感じでした。
別にチンコの「カタチ」を笑うつもりはありません。
私は「意識高い」という自意識を笑うだけで、生まれつき持ったチンコを笑ったことは一度もありませんからね。
ただ、チンコも自意識高いのかな?と気になっただけですw

射精まで三十秒足らず。

「溜まってたからな・・・ミーティングとかセミナーとかばっかりでさ・・・自分の時間が・・・」
みたいなミサワみたいなことを言ってましたw

「気持ち良かった」
みたいな言葉だけで充分だと思うんですが、どう見られれているかがよっぽど不安なんですねえ・・・。
そんなわけで、結局、そのコンパに参加していた五人の男、全員をしゃぶってしまいましたwww
みんな三十秒持たない感じで不思議でしたね。
で、決まり文句は「忙しくて自分の時間が持てない」でしたw
抜く時間がないってことでしょう。

あ、お金ですか?
貰ってないですよ。
私は娼婦じゃないんです。
ただのヤリマンですからお金は貰わないんですw

「でも、口止め料という意味も込めて代金を払うよ・・・誰にも口外しないでね。一応ITでは知られてるからさ・・・」
みたいなことを言われたんで、
「代金を貰っても喋る人は喋りますよw」
と言いました。
「あと、おしゃぶり料は一分~計算なんで、それ未満じゃあ、お金を頂くわけには・・・w」
と言うと、男は消えましたw

そんな私の将来の夢は庵野秀明のチンコをフェラすることですwww

コメントを書く