【お漏らし】小4の妹が俺の太ももで「抱きオナニー」してくるんだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】抱きオナニーが行き過ぎてついに・・・

img_0

俺も小4の妹が一人いるんですが、『抱きオナニー!?』みたいな感じの、してきます。
て言ってもラブラブな関係じゃなくて、あくまで兄と妹って感じで妹に恋愛感情があるのかどうかはわかりませんが。

俺は今年の春から大学生で一人暮らし始めたんですが、実家がそんなに遠くなくて、ちょくちょく妹が遊びに来るようになったんです。

下宿に上がりこんできても特に相手しないんですが、妹は『退屈だ~』とかなんとか言って、やたらとプロレスごっこみたいなのをせがんでくるんですよ。

ベッドの上で取っ組み合いみたいな感じで相手してやるんですけど、こっちはもちろん本気出さないで負けてやりますから大抵最後はあいつ(妹)が上になってます。

ここからなんですが、締め技のつもりなのか、妹は毎回、俺に抱きついてきて俺の太もも左右どちらかを股で挟んで締めつけてくるんですよ。
で、その形に入ってからは途端に無言になって、ひたすら俺の太ももを『ギュ~・・・』て挟み込んでじっとしてるんです。

初めは偶然かなと思ってたんですが、妹はほっとくと最後は全部そういう風にもっていこうとするので、
『こいつわざとにしてんのか!?』て俺も途中から気づきました。

気づくまでにそんなに時間はかかりませんでしたが、本当に初めはぜんぜん気づきませんでした(兄妹ってそんなもんなんかもしれないけど)。
でも、いったん気づいてからは、いくら兄とは言え『男の本能\』が首をもたげてきまして(^^;)。

いつもは、『まいった、まいった』て言って、あいつ(妹)の股に挟まれてる間はじっとしてるんですけど、この前は試しに少し抵抗してみたんですよ。

その時、俺はあいつに右の太ももを股で挟まれてたんですが、抵抗するふりしてあいつの股間を刺激するように右の太ももを微妙に動かしてみました。
そしたらその瞬間、あいつの喉から『んぅッ・・・!!』て声が一瞬漏れて、あらためて俺の右太ももを強く締め付けてきたんですよ。

注意しててわかったんですが、あいつはできるだけ深く俺の太ももを挟んで股間の部分をしっかり密着させようとしてました。

で、俺は股間への刺激を続けながらあいつの顔を観察してみたんですが、あいつは目を『ギュッ』て強くつぶって、眉に皺を寄せてました。驚いたのは顔が真っ赤(特に耳)だったこと。

さんざん股間を刺激してやって適当なとこで切り上げたんですが、あいつはグッタリしておまけにハァハァしてました・・・(^^;)。

しばらく経ってから『少しは抵抗した方が面白いか?』て聞いてやったら、『今度から全部そうして』とのこと(w。

最近じゃ、プロレスの前段階がまどろっこしいのか『お兄ちゃんを倒す練習』とかなんとか言っていきなり例の寝技の体勢から入ることを要求してくる始末です。

その際、あいつは自分で気づいてないと思うのですが、始まる前は目が潤んで顔が真っ赤。完全に欲情モードに入ってます。
いざ始まってからも、少し意地悪して抵抗しない(動かない)でいてやると『ちゃんと本気でやって!』て怒ってきますし(w。

特に俺にばれないようにしているつもりなのか、俺が動いてる時はあいつも自分から腰を動かして微妙に股間擦り付けてきてます。で、そこでさらに意地悪して強く動いてやったりすると我慢してるのか噛み殺したように
『くぅッ・・・』とか『アハァッッ!!』なんて声を漏らすんでたまりません。

昨日はあいかわらず俺に抱きつきながら股で太ももを挟み込んで股間擦り付けてるあいつの腰を、上半身を少し起こして両手で上から掴み、俺の太ももに擦り付けるような感じで前後に動かしてやりました。

そうすると急にあいつの口から大きな声が漏れたんで、俺は驚いて腰から手を離しました。
でも、もっと驚いたのはあいつが俺に『やめんといて!それもっともっとやって!』て叫んだことことでした。

それを言った瞬間さすがにあいつもヤバイと思ったのか『・・・そういう抵抗、なんか面白いから・・・』
とあわてて言い直してたのが可愛かったですね。

で、それを再開してやるとよほど気持ちいいのか、あいつは俺に痛いほどしがみついてきました。
俺の胸元のシャツに押し付けられたあいつの口からは『はぁぁぁッ』て感じの喘ぎ声が断続的に漏れてて、その吐息があたるシャツの部分が湿り気を帯びてじんわり温かかったです。

そのままさらに刺激を加え続けて2分を過ぎたくらいから、あいつの漏らす声としがみつきがいっそう強くなってきました。

もうその時はあいつの下着とあいつに挟まれている俺の太ももはベチョベチョの状態で
正直『ヤバイかな・・・』とは思ったのですが、俺も興奮していて刺激をやめることができませんでした。

あいつはもう夢中なのか自分でもゴシゴシ股間擦り付けてくるし俺ももうやけくそで、『どんな感じだ!?』と聞くと、なんとあいつは喘ぎ声を必死に押し殺しながら
『ぉお兄ちゃん、私、オシッコのッ、オシッコの穴が溶けそうッッ!!!』
と叫びました。

そして次の瞬間、『ぉぅぅッあはぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!』とあいつが今までで一番はしたない喘ぎ声をあげ、俺に必死に抱きつきながら体を強く痙攣させました。
そしてまもなく俺の太ももにじんわりと温かい感覚が広がっていきました。

あいつは気持ち良過ぎたのか、オシッコを漏らしながら絶頂に達したようでした。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    気色悪い文章だな 馬鹿って感じ
    妄想垂れ流したいなら官能小説でも書いてろ猿

コメントを書く