【後悔】安易な気持ちで寝取り経験豊富なオヤジに彼女を抱かせた結果・・・・・・・・・・・・・・②

閲覧数: 8,212 views

※この体験談は約 11 分で読めます。

【体験談】彼女が信じられない行動に・・・

ntr

「あ~由佳ちゃんすごく可愛いねぇ」
「、、あああっ、ああんっ、」
「由佳ちゃんこのままチンポでイカせてあげようか?」

早漏である自分は、到底挿入時に由佳をイカせたことはありませんでした。

「おじさんの言うこと聞いてくれたらこのままおまんこイカせてあげるよ」


自分は我慢汁でグチョグチョになった肉棒を夢中でしごいていましたが、男が何を言うのか考えることも出来ていませんでした。頭が朦朧としながら聞いていると、男が言いました。

「由佳ちゃん、舌出して」

一瞬、頭に入って来ませんでした。

「おまんこイカせてって、舌べーって出してごらん」

すぐに理解して、この男は何を言い出すのかと頭がパニックになりました。

「おじさんとたくさん舌ベロベロしてくれたら、おまんこに差し込んだままビクンビクンさせてあげるよ」

男にはもちろん、由佳にはキスだけは本当にしないで欲しいと強く伝えていました。男はピストンを繰り返しながら続けて言いました。

「由佳ちゃん、中でイクの気持ちいいでしょう?彼してあげられないみたいだから、おじさんが久しぶりにしてあげるよ」
「、、ああっ、いいっ、、」
「ほら、おじさんに舌出しておねだりしてごらん」
「、、あああっ、」
「彼のことなんか気にしなくていいから、ほら、おまんこイカせてっておじさんに顔見せて」

心の中で由佳の名前を連呼していました。あれだけ言ったんだからするわけがない、自分よりその男の言いなりになるわけがないと祈るような気持ちでした。

「ほら、ほら、早くしないとおじさんチンポ抜いちゃうよ?由佳ちゃんのおまんこどうして欲しい?」

残酷な光景は現実に目の前で起こりました。由佳の両手は男の背中にしがみつくように周り、見たこともないいやらしい表情で舌を出して男を求めました。

「あ~すごいエッチな顔」

由佳はトロンとした目で男を見ながら、いやらしく舌を出しました。

「あ~たまらない顔、由佳ちゃんおまんこイカせて欲しい?」

由佳はコクンと頷きました。

「あ~いいねぇ」

男はそう言うと、舌を出して躊躇なく由佳の舌を絡めとりました。

「、チュチャ、ジュジュ、ジュチャ、」

ベットの上の2人は、まるで自分の話は無かったかのように舌を絡ませ始めました。その光景を見て、屈辱と嫉妬が同時に強烈に襲い、自分の意思とは全く関係なく射精をしてしましました。由佳は自分に気づく様子もまるでなく、口からだらしなく出した舌を男に答えるようにベロベロと舐め回していました。

「、ジュルル、チュパ、ジュチャ、」

心の中で何度も「もう止めて」と情けない声を出していました。しかし男は、由佳の舌を涎まみれにしながら舐め回し、奥深くを犯し続けました。

「、んぐっ、、ジュチャ、ああっ!」
「、チュパ、チュポン、ジュチュチュ、、」

由佳が自分の話をないがしろにして、おやじのセックスに夢中になるなんて思いもしませんでした。由佳の手はいつの間にか男の首の後ろに回り、もっともっととねだっていました。

「、ああっ、そこっ、すごいっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、」
「あ~由佳ちゃんおまんこ締まってきたね」
「、、ああんっ、ああああんっ、、、」

男は上体を少し起こして、由佳を覗き込むようにして言いました。

「、ああっ、だめっ、奥気持ちいいっ、、」
「あ~、由佳ちゃんイキそうになっちゃうね」
「、、ああっ、やっ、ああんっ!」
「あ~チンポにおまんこ吸い付いてきたよ」
「、、あああっ、やっ、、イキそうっ、、」
「由佳ちゃん、イク時おじさんにおまんこイクって言いながらイッテごらん」

由佳の声が一段と快楽に満ちた甲高い声になりました。

「あああっ、やっ、やっ、イっちゃうっ!」
「いいよ、ほら、おまんこ一杯イッテごらん」

男の巨大な肉棒が差し込まれたまま、由佳は自分の目の前で腰を浮かせて絶頂を迎えました。由佳の聞いたこともない声、見たこともない姿でした。

「、、ああんっ、イクっ、イクっ!」
「あ~いいよ、ほら」
「、あああっ、やっ、イクっ!おまんこイクっ、イッちゃう!!」

由佳は大声を上げ、腰は上下にビクンビクンと痙攣するように動いていました。

「ああんっ、あああんっ、、」
「あ~凄いね、由佳ちゃん、おまんこヒクヒクしてチンポに吸い付いてくるよ」

由佳の全身は自分の意思とは関係なく痙攣し続けているようでした。

「由佳ちゃん、オチンポでイクの気持ちいい?」
「、、ハァッ、ハァッ、気持ちいい、、」
「ほら、彼、ちゃんとこうやって喜ばせてあげないとダメだよ?」

由佳は顔を隠すようにして、肩でハァハァ息を切らしていました。自分は屈辱で一杯ながら、その光景であっという間にまた勃起させられていました。

由佳はキスをしないという自分との約束を破ったことをどう思っているのか、分からないほど乱れた表情をしていました。ただ、由佳の口の周りは男に舐め回されて汚れているのがよく分かりました。

「今度は四つん這いになってごらん」

男はそう言うと、由佳から肉棒を引き抜きました。その肉棒は更に膨張しているように見え、ますます胸を締め付けられました。由佳はこちらを見ることなく、男の言うままに四つん這いになりました。

「あ~いい格好、お尻もたまんないなぁ」

男は肉棒を由佳のワレメに近付けながら、尻を両手で撫で回しながら言いました。

「由佳ちゃん、後ろからまたこのチンポハメていい?」
「、、」
「もっとおまんこイキたいでしょう?」
「、、、」
「また、おじさんの好きなおねだりしてくれる?」

由佳は四つん這いで息を切らしながら男の話を聞いていました。

「もっと足開いて、お尻高く上げて、おじさんのチンポハメてって言ってくれる?」
「、、、」
「もっとおまんこイカせて欲しいこと、いやらしい格好して教えて欲しいなぁ」

由佳は肘を付き、足を開き、男の言う通りのいやらしい格好をして、弱々しい声で言いました。

「、、おじさんのチンポハメて、、」
「あ~最高だねぇ、おまんこどうすればいいの?」
「、おまんこイカせて、、」

男は由佳の尻を広げるように掴み、巨大な肉棒を再び由佳の膣内にねじ込みました。

「、、ああああっ、だめっ、、」
「ビタン、ビタン、」
「、おっきいっ、ああっ、」

自分は真横からその光景を見てしごき続けていました。
男のごつい肉棒が、由佳の膣内から愛液を絡めとって出入りしているのが見えて、より一層胸が締め付けられました。

「ズパン、ズパン、」
「ああっ、、あああっ、」
「彼、自分が由佳ちゃんとバックでしてる時のこと思い出してごらん」

男は由佳の膣内を味わい続けながら言いました。自分はしごきながら、男に言われるまま由佳のお尻の感触やバックで挿入した膣内の感触を思い出していました。

「今思い出したこと、私にも味わってもらえて嬉しいでしょう?」
「、あああっ、、」
「ほら、こうやって一突きごとに由佳ちゃんのおまんこの感触味わってもらえて嬉しいでしょう?」
「、、ああんっ、」
「あ~、ほら、凄いチンポしごいてくれてる」

自分は男に煽られてたまらなく興奮と嫉妬をしていました。何より男の肉棒が往復する度、由佳は顔を紅潮させて喘いでいて、それが一層嫉妬心を煽られていました。

「ビタンッ、ビタンッ、」
「、、ああんっ、すごいっ、ああああっ、、」

男の力強い打ち付けの度に由佳の真っ白な胸や尻肉は揺れていて、由佳の両手はシーツを握り締めていました。

「ああっ、、ダメっ、」
「お、またチンポに吸い付いてきたよ?」
「、、ああっ、奥すぐイッちゃう、、」
「、ここ突かれると気持ちいいんだねぇ、ほら、おじさんおまんこの奥突いててあげるから、また我慢しないでイッてごらん」

男が僅かに強く奥を突いただけで、由佳はまたすぐに声を上げました。

「、、あああっ、ダメっ、イッちゃうっ、、」
「ズパンッ、ズパンッ、」
「、ああっ!イクっ、ああああんっ!」
「あ~また締まってるねぇ」
「、、あああんっ!イクっ、イクっ!」

由佳は顔を上げて、全身を震わせながら果てました。男の肉棒は奥深くに差し込まれたまま、由佳は震えたような声を上げていました。

「ほら、由佳ちゃんこんなに身体震わせてとっても可愛いでしょう?中で私のチンポにたくさん吸い付いてきてるよ」

男は挿入したまま由佳の尻を掴みながら、自分に向けて言いました。

「由佳ちゃん、そろそろおじさんのチンポ気に入ってくれたかなぁ?もし気に入っておじさんにまた会いたくなってたら、上になってチンポ射精させてくれる?」

また何を言っているのかと思っていました。男は由佳から肉棒を引き抜くとベットの上に足を伸ばして座り、由佳に対面座位になるように言いました。しかし、由佳は肩で息をしながらも男の言う通りにしました。

「そうそう、由佳ちゃん分かってるねぇ、和式トイレの格好でチンポ上下にしごいて欲しいなぁ」

由佳は片手で男の肉棒を掴みながら、しゃがむ格好で跨ぎました。

「由佳ちゃんのおまんこ使って、おじさんのチンポ上からしごいてね、悦ばせてくれたらこれからもたくさんイカせてあげるからね」

由佳は男に言われた通りのとてもいやらしい格好で男の生肉棒を自らワレメに咥え込みました。

「ああああっ、、」

由佳は男の肉棒を奥まで咥え込むとまた全身を震わせながら声を上げました。男のまた会いたくなってたらの言葉を聞いていたはずなのに、由佳は躊躇う様子はなく自ら跨りました。

「ズズズズ、ヌプププ、、」

由佳はゆっくり尻を上下させ、男の肉棒の抜き差しを繰り返しだしました。いつも自分が喜ぶならと言って騎乗位をしてくれていること思い出していました。

「、、あああっ、」
「あ~由佳ちゃん最高だねぇ、そのまままたおじさんとベロベロしてくれる?」
「、ヌプププ、ズズズズ、、」
「これからもこのチンポとセックスしたいこと、さっきみたいに舌出して教えてくれる?」
「、、ああああっ、」

由佳の喘ぎ声は快楽に満ち溢れていました・・・自分以外の男の上でこんなに気持ちよさそうに喘ぐのは想像していませんでした。

「ほら、由佳ちゃん、この子宮口まで届くオチンポ気持ちいいでしょう?」
「、、あああっ、」
「、彼の早漏で短いチンポより、おじさんのチンポの方が好きになったこと教えてあげて」

自分は嫉妬と興奮で頭がおかしくなりそうになりながらしごいていました。

由佳はもうたまらないといった表情で、また舌を出しました・・・ゆっくり尻だけを上下させながら、中年おやじの顔に近づいて濃厚なディープキスを始めました。

「、ジュルル、チュパ、ジュチャ、、」
「、ビタンッ、ビタンッ、、」

自分の大好きな真っ白な肌の由佳が、他の男の上に乗って夢中で快楽を貪っていました。

「あ~彼、由佳ちゃん美味しいよ」
「、ジュチュ、チュパ、チュチャ、」

男は自分に見せつけるように舌を出して、由佳の舌を絡めとっていました。由佳の舌の動きは見たことのないくらいスケベで、不機嫌だったはずの由佳の表情は何処にもありませんでした。

「彼、由佳ちゃんの気持ちちゃんと分かった?」

由佳の夢中で男を貪る姿に、自分が想定していなかった事実を突きつけられていました。あんなに嫌がっていた由佳が、こんな見ず知らずの男のセックスに夢中になるなんて想像も出来ませんでした。

「ジュルル、ジュパァ、」
「、、ああっ、」
「由佳ちゃん、おまんこどう?」
「、、気持ちいい、、、」
「おっきいチンポ気持ちいいの?」
「、、すごくいい、、」

由佳は男のしつこいくらいのディープキスに嫌がる素振りも見せずに何度も答えながら、自らいやらしい腰の動きで男の肉棒の抜き差しを繰り返しました。

「由佳ちゃん、そろそろ動くの疲れちゃったかなぁ?」
「、ああっ、、ああんっ、」
「ごめんね、由佳ちゃん、おじさんホントは中に出すこと許してもらえないと中々イケないんだ」

自分はキスをしない約束を散々破っておいて、更に何を言い出すのかと憤っていました。

「もし今日危険な日じゃないなら、このまま由佳ちゃんのおまんこに射精させてもらえないかなぁ?」
「、、ぁぁっ・・」
「もちろん由佳ちゃんがもう一度イッてからだよ、そしたらおまんこの一番奥に当てて、おじさんの精子たくさんかけてあげるよ」

男の発言に頭がクラクラするくらい嫉妬していました。

「射精する時おちんぽパンパンになって、おまんこの奥で出されたらすごく気持ちいいんだって」
「、、ぁぁ、ゃ、」
「由佳ちゃんは中で出された経験もあるのかな?」

由佳は何も言いませんでしたが、否定もしない姿を見てまたまた嫉妬していました。

「ふふ、精子感じて気持ち良かったでしょう?イッた後に奥で出されるの想像したらたまらないでしょう」

由佳が男とのセックスに夢中になっているのは嫌でも理解させられていましたが、自分とも一度もない中出しなんてする訳がないと本気で思っていました。

「由佳ちゃん、じゃあまず自分がイキやすように動いてごらん」

男が勝手に話を進めたのに、由佳は言うとおりに動き始めました。男の肉棒をズッポリ咥え込んだまま、いやらしい前後の腰使いをしました。男は起こしていた上体を寝かせ、仰向けになりました。

「、、ああっ、いいっ、、」
「あ~由佳ちゃん、エッチな腰振りするんだねぇ」
「、、ああっ、」
「おまんこの奥でゴリゴリ擦るの気持ちいいんでしょう?」
「、、すごいっ、気持ちいいっ、、」

由佳は泣き入りそうな声で言い、表情は自分に見せる物とは全く違っていました。

「、、ああっ、すぐイッちゃうっ、」
「、いいよ、イッてごらん」
「、、ああっ、ダメっ、イクッ!」
「ほらっ」
「、、あああんっ、イクッ!イクッ!ああああんっ!」

由佳の声が大きくなった瞬間、由佳の腰が痙攣と共に意志とは関係なく前後に動いていました。

「、、ああんっ、やっ!ああんっ、、ぁぁ~」

由佳はイキながら無意識の声を漏らしていました。男は再び上体を起こして言いました。

「由佳ちゃん、奥気持ちいいねぇ?」
「、、すごい気持ちいい、」
「じゃあ、その奥にたくさんかけてあげるから、さっきの格好でチンポしごいてくれる?」

由佳は紅潮した顔で、息も整わないまままた和式トイレの格好になりました。

「ほら由佳ちゃん、そのおちんぽに吸い付いたおまんこでさっきの出し入れしてごらん」
「、、、」
「ゆっくりお尻上下させて、おじさんの射精受け入れてもいいこと彼に教えてあげて」
「、ぁぁ、」

由佳はゆっくりと尻を上げて、男の言うとおりにしました。

「、ズプププ、ヌプププ、、」
「あ~由佳ちゃんいい娘だねぇ、こんな新鮮なおまんこに出せるなんてたまらないなぁ」

こんな風に由佳を寝取られるなんて思いもしませんでした・・・由佳は徐々にスピードを上げて、尻を上下に動かしました。

「ズパンッ、ズパンッ、」
「、ああっ、ああっ、、」
「あ~凄いね、由佳ちゃん、おまんこ吸い付いてすごく気持ちいいよ」

二人は再び、当たり前のようにディープキスをしながら交尾を続けました。

「、ジュチャ、ジュルル、、」
「あ~いい顔、由佳ちゃんたまんない」
「、ああっ、ジュチャ、ジュジュジュ、、」

射精に向かうこの寸前で、自分の考えの甘さと覚悟の足りなさを思い知っていました。由佳をこんないとも簡単に堕とされるとは夢にも思わず、嫉妬と後悔で心の中で情けない声を上げ続けていました。

「あ~由佳ちゃん、そろそろ出すよ」

由佳は頷きました。

「ジュパ、ジュチャ、、」
「、あああっ、気持ちいいっ、、」
「ビタンッ、ビタンッ、」
「おじさんのチンポ好きになった?」
「、、あああっ、凄く好きぃ、、」

由佳は夢中で舌を絡ませながら、抜き差しを繰り返しました。

「おじさんの精子、おまんこの奥に出していい?」
「、、うんっ、出して、、」
「ビタンッ、ビタンッ、」

由佳の腰の動きは卑猥で、どんどんスピードが上がっていきました。

「あ~気持ちいい、おじさんの精子、由佳ちゃんの何処にかけて欲しいか言ってごらん」
「、ああんっ、由佳のおまんこの奥にかけてぇ、、」
「もっとスケベに、ほらっ」
「、、おじさんの精子、由佳のおまんこに一杯出してぇ!」
「あ~、いいよっ、ああっ、あ~出るっ!」

男はそう言うと、根元まで挿入したまま射精を繰り返しました。

「、ドピュッ、ビュルルッ、ビュクッ、ビュルルッ、」
「、ああんっ、凄い、一杯出てる、、」
「あ~いい、由佳ちゃんのおまんこ最高だねぇ」

由佳も腰を沈めたまま、うっとりとした表情で男の射精を受け入れていました。自分はどうやって射精したか覚えていないくらい、たくさんの精子をそこら辺に撒き散らしていました。呆然としていると、由佳はゆっくりと尻を上下させ男の肉棒の抜き差しを一往復しました。

「、、ぁぁ、全部出ました?」
「あ~嬉しいなぁ、もう少し出るから全部搾り取ってくれる?」

由佳は射精した男の肉棒の精子を最後まで出し尽くすように膣内で搾り取ろうとしました。由佳は男にいいと言われるまで往復を繰り返し、ようやく肉棒を引き抜きました。

「由佳ちゃん、おまんこから精子垂れないようにして」

男はそう言うと、由佳の後ろに回り、自分の正面に向くようにして由佳を抱え開脚させました。

「じゃあ、彼、最後に由佳ちゃんのおまんこに出した精子見せてあげるね」

由佳は無抵抗で男の言いなりでした。

「由佳ちゃん、自分でおまんこ開いて、精子垂れる所見せてあげて」

由佳が両手で膣口を広げると、男の濁った精子がドロっと垂れてきました。想像よりもずっと多い量で、突きつけられた現実に放心状態でした。

続きはまた書きます。

コメントを書く