【制裁】借金を踏み倒そうとした同期女が舌打ちしながらマンコ開いてきたので・・・・・・・・・・・

【体験談】恋人でもないのに大金を貸してほしいと頼んでくる女は大概・・・

uyokufera

同期入社の美希から、昼休みに呼び出された。第三会議室、二人きり。
美希はとうとつに「お願い。お金貸して」と私を拝んできた。

聞けば、数日前、出会い頭に車をぶつけてしまい、相手の男から55万円の修理費見積もりを突き出されたそうだ。

美希とは知らぬ仲ではない。入社7年。同期同士の仲良しグループから始まって、二人で飲みに
いったこともある。正直、好きになりかけたこともある。
だが、彼女は別の男を選び、私たちは疎遠になっていた。1年ほど前に、その男と別れたという噂も聞いたが、再び傷つくのが嫌で私は距離を保っていた。

そして、いきなりの借金の申し出。金はある。あるが、貸していいものか。正直迷った。
「本当、頼める人がいないの。30万お願い」。

潤んだ目が切実さを醸し出す。頼ってもらえるという優位性が心をくすぐる。もし、これが縁でまた美希との距離が近くなるとしたら?
いやいやと、そんな邪念はおいて私は自分に嘘をついた。「困っている人を助けるんだ」。そう。偽りの大義名分に負けた。

「ありがとう。本当にありがとう」
美希は私の手を握って、感謝の言葉を繰り返した。私たちは連れだって会議室を後にし、近くのコンビニへ行った。私が引き出した30万円を封筒ごと渡すと、美希はそそくさとそれをハンドバッグに納め、そして、サッと私の腕に自分の腕を絡めてきた。

「おい。会社の連中に見られるぞ」
「いいじゃん。別に。今フリーでしょ?私もそうだから」

期待してはいけない予感を覚えながらも、心は躍った。次の日から社内で美希の姿を目で追うようになっていた。向こうも目が合えば、ウインクで返してきた。

「○○となんかあった?」。噂好きで耳の早い同僚たちは、私に美希との関係を聴取した。
「何もないよ」。答えつつ、まるで中高生の頃のような、甘酸っぱい秘密の関係に酔った。

 

1週間ほどして、美希とファミレスでチープな夕食を取った。会話は楽しかったが、彼女の口から借金についてや、返済についての言及はなかった。
意図的に避けている気がした。こちらも金のことを細かくいうつもりは毛頭ない。美希が本気なら100年ローンだって構わない。
だが、全く消し飛ばすというのはどうか。人としてどうか。ファミレスを出るころには私は無口になった。美希は路上でいきなりキスしてきた。

「これから、ウチにくるかにゃ?」
ビールで頬を赤くした美希が、猫を真似て頭の上に置いた両手で手招きしてきた。可愛らしい仕草が男心を妖しく刺激する。ついていくな、という自分と、いいから喰ってしまえ、という自分。どっちも本物だった。

私は答えないまま、駅まで恋人同士のように歩き、電車に乗った。
迷い続けて、とうとう美希のマンション前。オートロックが解除されてエレベーターに乗る。再びキス。美希の舌が入ってくる。なるようになれ。やけくそになった。

部屋に入ると、美希は直球を投げてきた。「セックス、だよね」。バスルームが案内され、私がシャワーを浴びていると、美希が入ってきた。

美希はとてもバランスのとれた綺麗な体をしていた。心の逡巡とは裏腹に、美希の細い指に絡め取られたペニスはみるみる固くなった。体を洗い終えると、ペニスは美希にくわえ込まれた。乳房には手が導かれ、脚と脚が複雑に絡み合った。

バスルームの床にしゃがみ込んだ美希は、ペニスを驚くほど喉奥深くまで招き入れた。美希は頭を前後に動かしてくれるようせがみ、私は遠慮無く美希の細い喉を突いた。優位、支配、嗜虐。あらゆる欲情と、美希の喉が生み出す心地よさに私はすぐに射精した。
噎せ返る美希は、口の端を拭いながら、笑った。「ベッドいこ?」

ベッドの上は少し乱れていた。枕や毛布が朝起きたままぐしゃぐしゃになっている。
「ごめん。ちょっと待ってて」。美希はたったままベッドに手を付き、乱れを直す。私の目の前で美希の丸い尻が左右に揺れた。

「なあ、どういうつもりなんだ?」
私は思い切って尋ねた。一線を踏み越えてしまう前にどうしても確認しておきたかった。
「なにが?」
「借金をきっかけに付き合うってのか?」
「別にいいじゃん」
「金の話避けてるだろ?」
「えー、そんなことないよ。ちゃんと返すよ」
「どうかな。だいたい事故って本当なのか?修理の見積見せろよ」

質問を続けていくと、美希は突然苛立ったように舌打ちをして、ベッドに倒れ込んだ。
「あー、もう面倒くさいなー。ほら」
美希はうつぶせのまま、自ら尻を左右に拡げた。真っ赤なラビアがめくれ、ヴァギナがひくひくと収縮していた。
「これでいいでしょ。30万分、好きにしていいよ」

美希の本性だった。やはり、はなから金を返す気はなかった。枕営業ならぬ枕借金だ。金をもらい、思わせぶりな態度で恋人を演じ、最後は体で帳消しにする。

「それじゃ詐欺だろ」。私はため息をついた。怒っていた。哀れんでもいた。そして、なにより、こんな女に「ちょろいヤツ」と狙いをつけられた脇の甘い自分が情けなく思った。

「いいじゃん。こんな美人のおま○こ、自由にできんだよ。ほら、こっちだって、できるんだから、ね?」
美希はアナルも拡げてみせた。使い込まれているんだろうが、色はずいぶんと綺麗だった。

「いらないよ」
私は心の底から吐いた。美希の髪をつかみ、ベッドから引きずり下ろした。
「いたたッ、なにするの?!」
「30万円分、楽しませてもらう」

私は素っ裸の美希をネクタイで後ろ手に縛ると、玄関から連れだし、エレベーターに乗せた。
「ちょっとあんた!ば、ばっかじゃないの?服着させてよ」
美希は焦りまくっていた。身をよじって、胸や股間を隠そうとする。

「ほら」
私は、エントランスホールのドアの取っ手にネクタイの結び目を引っ掛けた。これで美希独りではどうすることもできない。
「や、やめてよ。解いてよ。人がきちゃうよ」
泣きそうな声で訴える美希。ホールの照明がその裸を煌々と照らしていた。

「いいじゃないか。男を手玉に取る美女の裸体だ。せいぜいみんなにみてもらえよ」
私は、火災報知器のボタンを思いっきり押した。
「ちょ、ちょっと!!マジ!!信じられない!!!」
マンション中に非常ベルがけたたましく鳴り響く。私は美希に罵声を浴びせられながら、マンションを後にした。

 

あれから2週間。体調不良を理由に会社を休んでいた美希が辞表を出したそうだ。聞けば、マンションも引き払い、実家に帰るらしい。
自分もこれからは、バカな手に引っ掛からないよう注意しなきゃと気を引き締めつつ、故郷にかえった美希がどうか心を入れかえて、真っ当に生きてくれるようにと願う。

コメントを書く