【変態】ビデオ屋のかわいい店員にセクハラ→手コキさせるまで・・・・・・・・・・

【体験談】ビデオ屋の彼女をオカズにする方法・・・

tekoki2

俺のよく行くビデオ屋にかわいい女の子の店員がいる。
普通の映画のDVDのフロアの奥にアダルトコーナーがある。
アダルトコーナーから女の子がレジにいるのが見える。
マジかわいい。

最初は彼女がレジにいる時にアダルトDVDを会計するのは恥ずかしかった。

でも、一度勇気を出して会計をしてもらった。
恥ずかしそうな彼女。
耳まで真っ赤だ。
ズボンの中が爆発寸前になった。
家に帰りすぐにちんちんをしごく。快感。

何度もワザワザ彼女がいる月曜日の昼過ぎにビデオ屋に行く俺。
アダルトコーナーでDVDを選びながら彼女の表情を盗み見ながらズボンの上からちんちんを撫でる。

僕は更なる興奮を求める。「お姉さん。『ちんぽ洗い屋のお仕事8』のDVD取り寄せてもらいたいんだけど。メーカーに電話してもらえる?」
「えっと。『ちん・・ぽ』」「『ちんぽ洗い屋』だよ。」
「あっ。すみません。『ちんぽ洗い屋』ですね?」
「そう。『のお仕事8』。」
真っ白な指。握ったボールペン。紙に小さな字で「ちんぽ洗い屋のお仕事8」と書かれている。

「あっちでDVD選んでるから。メーカーに入荷時期と値段聞いて、その紙に書いてよ。」

アダルトコーナーから彼女を盗み見る。
ジャージとトランクスをヒザまで下ろす。
ちんちんは爆発寸前だ。
「あっ。すみません。えっと・・ちん・ぽ・洗い屋のお仕事のDVD。はい。1本お願いしたいんですけど・・。」
そんな彼女を見ながら俺はちんちんをしごく。
すごくいい。
「えっ。ちんぽ洗い屋です。はい。8です。」
もう限界だ。
彼女が恥ずかしいやり取りをしているのを見ながら俺は全てをぶちまける。

彼女は俺のものだ。

 

さらに俺の行動はエスカレートする。
パーカーとジャージ。中は全裸。月曜日のために前日はガマン。
ジャージの右ポケットははずしてある。右手でちんちんが握れる。

今日は「『おちんちん自分で触るんですか?』ってタイトルのDVD。メーカーわかんないんだけど。電話で問い合わせてよ。」
「おちん・・ちん・・自分・・で?」
「さわるん・・ですか?だよ。」

「あっ。すみません・・。あの・・おち・・んちん・・自分で・触るんですか・・なんですけど・・はい・・。」

俺はカウンター前で、わずか1メートル前で恥ずかしげに電話をする彼女の前でちんちんをしごく。

ジャージの中のちんちんがヌルヌルする。

「なんか・・ないみたいですよ。このDVD。」
そりゃそうだ。適当に興奮するセリフを言わせたかった。
俺はちんちんをしごきながら彼女に
「いつも悪いな。恥ずかしいタイトルばかりで。」
「大丈夫ですよ。お客さんだって・・お仕事なんでしょ?」
「えっ?」
「だって・・いつも領収書・・。」
「うん・・小さなプロダクション・・。」

これだけ近いと彼女の髪の毛の香りがかすかに・・。
俺はちんちんをしごき続ける・・。
「今日はこれ・・。」
空いている左手でDVDを手渡す。

「トルーダア企画で領収書。」
「はい。いつも・・月曜日なんですね?」
「ああ・・やっと月曜日・・俺には夢があってさ・・。今はエッチなビデオ撮るのが仕事。必死でやるさ・・。」

やば・・出そう。
「無理してるのは・・わかってる・・けど・・今はやるっきゃない・・与えられた範囲で・・。」
限界だ・・。
カウンターに寄りかかる体勢で・・彼女の甘い香りに包まれながら、僕は射精する・・。

「だ・・大丈夫ですか?」
大丈夫に決まっている。快感でよろめいてるだけだし・・。
「ああ。・・無理してるからなあ・・。」
ジャージの中で精液にまみれた右手が気持ち悪い・・。

「月曜日は休み。爆睡してたいんだけど・・先輩に頼まれたDVD・・買いに来ちゃうんだ。つい。」
「真面目なんですね?」
俺は精液を太ももに塗りたくる。

「会社の名前。イタリア語で夢をつかむって意味なんだ。」
「かっこいいです。夢のある男の人って。」
精液で湿った右手で金を渡す。釣りを受けとる。彼女のやわらかい手の平。

「あっ。大丈夫ですか?すごい汗・・。」
大丈夫。汗じゃない。精液だよ。彼女の手の平に俺の精液。
「帰ったら寝て下さいね。」
まだ寝ない。もう一回。ちんちんしごかないと。
「大丈夫ですか?・・なんか歩きずらそう・・。」
そりゃそうだ。ジャージの中は精液だらけ。気持ち悪いもん。

外に出るとすがすがしい。
さてと・・彼女の手の平の感触を思いだしながら、ちんちんいじらないと。

俺は足早に家に向かう。

彼女は俺にぞっこんだ。

 

俺の最終目標は2個ある。

彼女に手コキをしてもらうこと。
彼女の尻の穴の写真を撮ること。

「悪い。ちょっとこれから仕事なんだ。『お尻の穴舐められ隊』ってDVD、取り寄せてもらいたいんだ。これから撮影だから。18時過ぎに電話もらえる?入荷時期とか知りたいし・・。」

彼女のバイトは17時まで、家に帰って「非通知着信拒否」にして昼寝。

18時過ぎに着信。やった。彼女の携帯番号ゲット。

「あのお・・。ビデオ屋の藤野ですけど・・。」そっか・・彼女の名前は藤野。

「ごめん。タイトルなんだっけ?」「お尻の穴舐められ隊のビデオ。ないんです・・。」

やった。「お尻の穴なめられたいの・・。」生声ゲット。しばらくおかずに困らない。

「そっか。ありがとう。」電話を切る。

携帯の音声、PCに落とす。「藤野です。あのお・・。お尻の穴舐められたいの・・。」

完成だ・・。

しばらく楽しめる・・。

 

ついに仕上げの段階だ。

俺は彼女を家に呼ぶ。

「なんとか来週の月曜日に入荷します。」「そうか。ちょうどいい。休みだし。取りに来るよ。」
て言うか、そのDVD。来週の月曜日が発売だし。

「この映画。見たかったんですよ。公開した時、見に行かれなくて。」
知ってる。藤野さんが食いつくと思って買うんだし。

「普通の映画なんですね?」「どう言う意味?」「変な内容じゃないんだと・・。」
「あのねえ。仕事なんだよ。俺の。世間から見れば程度の低い作品かも知れない。作る側は必死なんだ。」
いつもは穏やかに話していたが、少し語気を強める。
全て計算。

「ごめんなさい。・・怒っちゃいますよね。」
ほらほら。こう言う感じになる。
「ごめん。大きな声を出してしまった。・・入荷したら携帯に電話くれる?」
「うん。わかりました。」
あとは・・彼女が俺の部屋に訪ねて来る必然性を作る。

「映画のDVD。入荷しました。もし。もおし。」
携帯の留守番に彼女の声。とりあえず出ない。想定の行動。

あとは部屋を片付ける。彼女の月曜日の予定は知っている。一緒にマンションを借りている女の子のカレシが部屋に来る。
彼女は部屋に居づらいから一人で買い物。彼女は月曜の夜は憂鬱な夜。

「ごめん。ちょっと体調が悪くて・・映画、楽しみにしてたんだけど。ちょっと無理かも。来週の月曜まで見れないや。」
母性をくすぐってみる。

「持って行きましょうか?もうすぐ上がれるし。」
知ってる。だから16時45分に電話した。
あんまり早く電話すると「やっぱり行きたくない。」「男の人の部屋は危険かも。」とか余計なことを考えるかも知れない。

彼女が来た。
「ありがとう。」「大丈夫ですか?」「まいったよ。ほとんど・・両手が動かなくて。」
「ゴハンとかはどうしてるんですか?」
「いつもは基本、自炊なんだけど、今夜はピザを頼んだ。着替えも出来ないし。しばらく掃除もしてない。」
「でもきれいにしてますよね?」
さっき全てを押し入れに投げ込んだ。
「きれい好きなんですね?」「イヤ汚いのが嫌いなだけだよ。」
歯が浮いちゃうよ。

そして計画通りに俺はテーブルの上の水をこぼす。
「あっ。ごめん。あれっ。ティッシュが・・悪いトイレの棚にあるから・・。5コパックのまま持って来て。」
何かの本で読んだ。「トイレに所用以外で入ると、かなりの確率で尿意を催す。」
「ありがとう。」

テーブルをティッシュで拭く彼女。俺のちんちんも拭いてもらいたい。
「トイレ。きれいにしてるんですね。」
ほら始まった。
「おしっこしたいけど。言い出しにくいなあ。」ってことだ。
「あっ。いいよ。使って。ついでに残りの4コ戻してくれるかなあ。」
トイレに再度行く必然性を作るために「5コパック」のまま持ってきてもらったのだ。

「あっ。じゃあ、貸して下さい。」
俺のシナリオ通り。

彼女はトイレに入る。
カギの掛かる音。素早くビデオカメラを取り出す。
和式便所。実は後方に小窓がある。カメラを差し入れる。
タイミングよく彼女のお尻が登場。白くやわらかそうなお尻。

対象的にお尻の穴に近づくにつれて色は茶色味を増す。そしてお尻の穴。茶褐色のつぼみ。
ビデオ屋で初めて見た時。俺は感動した。かわいい。清楚。絶対に手が届かないと思っていた彼女。

彼女は今、俺の目の前でお尻の穴をさらけ出している。そして「プウッ。」と狭い便所の中に響くオナラの音。予想外だった。
そして予想外だったのは彼女も同じ。お尻全体が恥ずかし気に揺れる。放屁の瞬間。彼女のお尻の穴はほんの僅かな瞬間だけ、花開いた。蕾が開花したのだ。

彼女は今「オナラの音、聞かれたんじゃないかな?」不安な気持ちでいる。そしてお決まりの水を流す行為。
「おしっこの音、聞かれるの恥ずかしいよ。」って行動。

あの・・悪いけど。見てますから。録画してますから。フルハイビジョンですから。そして・・放尿。至福の時。どんだけ出るんだよ。

勢いがおさまる。水滴になる。水滴が陰毛をつたわり落ちる。たまらない・・。今度はトイレットペーパーで拭われる水滴たち。俺のちんちんは幸せ者。

素早く部屋に戻る。

まず一つの目標は達成した。

 

あとは彼女に手コキをさせるのが一番の今日の目的。

俺は20日もちんちんいじってない。さっきの藤野さんのお尻の穴で「これでもか。」の状態。早くいじってやりたい。

「どうして手が動かなくなったんですか?」
おお。いい質問だ。
「重い物を持つことが多くてね。動かせないんだ1時間ずっと同じ体勢とかあるし・・。」
そんなのあるわけないし・・。1時間、ちんちんいじりっぱならある。

「大変ですよね・・。」「仕方ないよ。自分で選んだ道だしな。」
「あの・・着替え・・してないんですよね?」「まあ。男だし。大丈夫だよ。」
ありゃ。食いついてきました。

「あの。私でよかったら・・。着替えとか・・します。」
わお。
「いや。・・頼みたいとは思うけど・・。下着とかも穿き替えたいし。・・ちょっと無理だよ。」
「恥ずかしいですか?」「えっ?・・いや別に恥ずかしくは無いよ。」
て言うか・・。藤野ちゃんにちんちん見られたら出ちゃいそうなんすけど・・。

彼女は僕のTシャツを脱がす。
「悪い。汗臭いよな?」「でも仕方ないですよ。具合悪いし。」
「タオルありますか?・・湿らせて・・チンして。」
彼女は俺の身体を拭いてくれる。そしていよいよジャージを脱がしてもらう・・。

「ごめんね・・。恥ずかしい?」
おっ・・。「タメ語」に変わりましたね・・?

トランクス一枚の俺。
「どうせだから・・。パンツも・・いいですか?見ないようにするから。」
ってか見てよ。触ってよ。しごいてよ。中20日だよ。

「いや・・。ちょっと待って。あれどうしたんだろ?」
「どうしたの?」「いや。ちょっと。ごめん。・・藤野さんみたいな可愛い子に身体を拭いてもらってたら・・恥ずかしい状態になっちったよ。」
「大丈夫ですよ。・・なんとなくわかるし・・。変な気持ちとは違うんですよね?」
変な気持ちに決まっている。

そしてついに・・・。

藤野さんの目の前に勃起した俺のちんちん。きっと彼は先っちょが濡れている。きっと彼は放出の瞬間を待っている。て言うか。触ってほしい。

彼女はタマキンをタオルで拭く。ちんちんの根元を拭く。そしてカリも・・。

「パンツはどこですか?」
あれ?肝心の手コキは?

「ごめん。実は少しだけ・・変な気持ちになった。」
俺はそれだけを告げる。

「うん。わかってる。触ったげるよ。」
彼女は俺のちんちんをしごき始める。ぎこちなく・・。やわらかい手で・・。

「あっ・・。ごめん・・。」

気持ちがいい。ひたすら・・気持ちがいい。

「あんまし・・したことないんだ。」
でも・・すごくいいんだ。

恥ずかしいことに・・限界だ・・。

「あっ。あっ・・・。」
出る・・。

まだ出ている・・。まだ快感。
まだ出ている・・。気持ち良すぎる。
まだ出ている・・。彼女のやわらかい手。

「ごめん・・。ずっと・・そう言うことして無かったから・・。」

彼女は俺の着替えをすませると帰って行った。

全ては俺の想定とおり。

目標は達成した。満足だ。

一つだけ想定外の事がある・・。

俺は彼女に惚れてしまった・・。

俺は彼女にぞっこんだ。

コメントを書く