【愕然】取引先の社長に頼まれて奥さんを抱いた結果・・・・・・・・・・・・・

【体験談】営業マンの鑑・・・?

jukujo

十数年前の話。

営業担当していた取引先の社長から可愛がられていた。
社長はとにかく話好きで、しかもとてつもなく長いため、前任の先輩は嫌っていた。
それをなすりつけられる感じで、俺に担当を引き継いだ。
俺は当時まだ新人だったので、話を流すことも知らず、ひたすら社長の話に合わせてた。
そんなことが、気に入られていたのかもしれない。


昼飯も付き合わなければならないため、アポイントは必ず11時を指定されていた。
しかも、夜も月2回ペースで付き合わされた。
話に付き合うのは苦痛だったが、当時は貧乏だったこともあり、自分の給料では食えないような飯を食わしてくれるので、有難くもあった。

だんだん付き合いが深くなり、発注量を増やしてくれ、営業の成績も良くなってきた。
そして、酒の場でも、公私共に色々なことを話すようになり、エロい話も増えてきた。
今思えば、社長がそちらの方向に持っていってたのだと思う。

そして、ある日。
社「俺君って、いくつ位までの女性なら、いける?」
俺「ストライクゾーン、広いっすよ。下は18から、上は60まで余裕です(本当か?)」
社「あ、そうかそうか。熟女とか好き?」
俺「すっげー、好きです(もちろん若い方がいいけど、興味はなくない程度)」
その日は、そのまま他の話題になった。

そして、次に飲みに言った時。
社「あー、そう言えば、熟女好きなんだよね」
俺「ハイ(それほどまででもないけど。好きか嫌いなら、好きかな)」
社「実は俺、若い頃、母親くらいの年の女性とセフレ関係にあってね」
俺「そうなんすか?(急に興味を持ち出す)」
その後、当時の話を詳しく聞いた。俺もしてみたい、と思い始めた。

そして、その次に飲みに言った時。
社「今日は、ちょっと渡したいものがあってね」
と言って、一冊の本出した。それを受け取り、
俺「これ、なんすか?」
社「ホームトーク。知ってる?」
俺「聞いたことはありますが、見るのは初めてです」
それは、スワッピングの雑誌だった。

社「思い切って言うけど、俺のカミサン抱いてみないか?」
俺「またまたー」
社「本気だ。俺くらいの年(50歳過ぎ)になると、満足させられないんだ。
それに、お互い慣れてしまって、刺激がない。きっかけになる刺激が欲しい。
それよりなにより、パートナーに喜んでもらいたい。これが本当の愛情なのだ。
今すぐ答えはいらない。よく考えてくれ。頼む」
俺「ハイ、わかりました。考えておきます」
その日はそのまま別れた。

その後、色々考えた。
「単なる冗談かな?(でも、目は本気だったよな)」
「酔った勢いで言っただけかな?」
「ちょっと興味あるかな」
「でも、そんなことになったら、やっぱりやばいだろ」
「うーん、営業上の問題もあるしな」
「奥さんって50前後だよな。母親と同じじゃん。ありえねー」
大混乱、大混乱。

そんな悩む日が数日続いた時、発注という名の呼び出しがかかった。
そりゃ当然だ、担当になってから、部内でも5本の指に入るくらいに、取引額が増えたのだから。
しかも、今回は今までにないくらい、かなり大きめの発注だった。

いつも通り11時に訪問すると、仕事の話はとっとと切り上げ、
社「腹減ったから、そろそろ昼メシ行くか」
俺「ハイ(やけに早いな)」

料亭風の店に連れて行かれた(ランチで5千円って、ありえねー)。
取引額が増えてきただろとか、今回の発注は大きかっただろ、とプレッシャーをかけてくる。
社「で、この間の話、受けてもらえるんでしょ」
俺「お受けします(としか、言いようがないでしょ)」
社「そうか、そうか。良かった良かった。いい経験だと思って、楽しんでくれ」
それから、有無を言わさず、スケジュール調整に入られた。
これで俺、もう逃げられねー。でもちょっと楽しみかな。

当日待ち合わせ場所に行くと、社長が手を振りながら、呼んでいる。
社「おーい、こっちこっち」
隣を見ると、スレンダーで上品で年の割には若く見える女性が立っていた。
いかにも、社長婦人って感じで、敢えて言うなら「貴ノ花のお母さん」みたいな感じの人だった。

<<結構、タイプだ。全然イケル>>

社「これ、うちの女房。じゃ、後はよろしく。楽しんできな」
それだけ言うと、社長は行ってしまった。取り残された二人。

俺「はじめまして」
奥「はじめまして」
俺「どうしましょうか」
奥「どうしましょうか」
お互い緊張していて、話が進まない。

俺「とりあえず、食事でもします?」
奥「・・・・。ハイ」
俺「とにかく、ここじゃなんなんで、どこか行きましょう」
そして、歩き出した。

奥「食欲ないんで、やっぱり食事は後にしましょう」
俺「ハイ。(ってことは、いきなりってことだよな)」
そして、ホテルに向かった。
ホテルまで歩いている間、ほとんど会話はなかった。
だけど、香水のにおいを感じ、気分が盛り上がってきた。

チェックインを済まして、部屋に入ると、何故か急に落ち着いてきた。
俺「緊張しますね」
奥「ほんと緊張しますね。」
俺「こういうことって、今までもあったんですか?」
奥「初めてです。主人から急に言われて驚きました」
俺「俺も、社長から言われて、最初は冗談だと思ってたんですよ」
奥「俺さん、こんなオバサンでもいいの?」
俺「来るまではすごく悩みましたけど、すごいお綺麗なのでホッとしました」
奥「またまたー」
俺「ほんとですよ。ほんと」

奥「実は私、浮気の経験ないんですよ」
俺「・・・」
奥「しかも、主人が初めての相手でして・・・」
俺「ということは、俺が2人目ということですか?」
奥「そういうことです」

<<なんか、テンションあがってきた>>

でも、明るいところで見ると、年相応だった。そんなに綺麗でもなかった。
しかも、極端に口が臭い(胃が悪いのかな)。
それに、服着ているときはスレンダーだと思ったけど、実はもっと痩せていて、鶏がらみたいな感じだった。

やっぱりきつかった。
テレビで流れていたAVを見ながら、他の事を想像しながら、必死になってやった。
無理やり出した。泣きそうになった。

その後、駅まで一緒に歩いた。隣で、なんか楽しそうにしている。
奥「楽しかった。また会おうね。」
俺「近いうちに、連絡しますね」
当然連絡はしなかった。
プライドが高いのか、向こうからは連絡が来なかった。

翌週、社長から呼び出しがあった。
社「楽しかったか?カミサンはすごく喜んでたぞ。また遊んでやってくれ」
俺「喜んで。近いうちにまた連絡します」
社「そうかそうか。でも、野暮だから、この件では私はもう何も聞かない。
カミサンも話さないだろう。当人同士で、楽しんでやってくれ」
俺「ハイ、わかりました」

実際、その後社長は何も聞いてこず、以前と変わらない付き合いと取引を続けてくれた。
奥さんも何も話さなかったのだろう。
連絡してないことをチクられて、取引に影響することをヒヤヒヤしていた。

その後2年ほど担当を続けたが、相変わらず可愛がってくれた。
そして、その数年後に転職し、会わなくなってしまった。

 

今頃、あの夫婦はどうしているのであろうか。

コメントを書く