【若妻レイプ】喫茶店のマスターに出されたサービスのワインを飲んだら・・・・・・・②

※この体験談は約 12 分で読めます。

なぜか熱くなってくる体は夫を求めていたが・・・

【若妻レイプ】喫茶店のマスターに出されたサービスのワインを飲んだら・・・・・・・①

例えばこんな淋しい想いをしている夜に、このマスターのような男性に誘惑されたら、なんとなくその気になってしまう人だっているに違いないと思った。

「ははは、半分くらい冗談、かな。奥さんはまだ新婚だから自分で人妻って意識はないでしょう。」
「はぁ…まだあんまり実感がないんです。働いてるし…。」
「そうだろうね。浮気したくなったらいらっしゃい。奥さんなら大歓迎だよ。」

マスターは笑って立ち上がり、窓のカーテンを締め始めた。

「あ、今日はもう終わりですか?」
「うん、少し早いけどね。今日はもう店じまい。」
「あ、じゃあ、あの、おいくらですか?」
「今日はいいよ、サービス。」

「えっ、でも…」
「そのかわりまた彼と来て下さい。」
「どうもすみません。」
「売上の計算してくるから、もう少しゆっくりして行くといい。」

マスターは気さくにそう言うと、美佳を残してカウンターの奥に引っ込んだ。
一人になって、美佳はもの憂げにため息をついた。
喫茶店だとはいっても密室であることには変わりがないし、そんな所で仮にも男性と二人きりでいるのだ。できれば早めにこの店を出たいと思った。

それに美佳はとても健介に会いたくなった。
家に帰れば健介からまた電話があるかもしれないし、美佳が電話を切ってしまったことで心配をして帰って来てくれるかもしれない。

(健ちゃんに…、抱かれたい…)

健介に、いつものように優しくいたわるように抱きしめてもらいたかった。
健介のいないこの三日間、美佳はずっとそう思っていたような気がする。
健介がしてくれる熱い口づけ、そして健介の手の平が美佳の肌を愛撫する感触を、美佳はふと思い出し、思わず顔面が熱くなった。

(こういうのって…欲求不満、っていうのかな…)

席を立って、レジの横にある公衆電話の受話器を取った。
テレホンカードを入れ自宅の番号をプッシュする。
出る前に留守番電話にしてきて良かったと思った。
公衆電話から録音されたメッセージを聞くことができる。
きっと健介が何かしら伝言を残してくれているだろう。
声が聞きたかった。

『0件です。』

しかし、受話器からは無情にも冷たい機械の音声が、メッセージが録音されていないことを告げた。美佳は受話器をゆっくりと置いた。

(無理もない…か)

とも思う。さっきの美佳の言葉は、考えてみれば思いやりに欠けていた。
でも一人で眠らなくてはいけない美佳の淋しさを、健介だって少しは理解してくれてもいいのに、という気持ちもある。

今、もしも健介と話ができたら、美佳はきちんとさっきの発言を謝るけれど、健介にも謝ってほしい。
健介がこんなに忙しい日々は、結婚して初めてのことなのだ。
仕事なんだから仕方がないというのはわかるけど、美佳の淋しさだって当り前のことのはずだ。
ともかく家に帰って健介からの電話を待とう、と美佳は思った。

だが美佳は注がれた二杯目のワインを残して帰るというのも気が引けた。
それにマスターが出てくるまでは黙って帰るわけにいかないとも思った。

あらためて店の中を見回すと、マスターの雰囲気に似合わず可愛らしい女性的な装飾品や置物が目立つ。時には今の美佳のような女性の一人客が小さなため息をつきながらこんな風に座っていることがあるのかもしれないと思ったりもした。

(あのマスターって、どういう人なのかしら…)

美佳は意を決してグラスを取り、ゆっくりとその紅いアルコールを飲み干した。
そう広くない店内は静まり返っていて、型の古いクーラーの音だけが響いていた。
ワインのグラスが空になった途端、猛烈に孤独感が襲ってきた。
一人きりで座っている自分がなんとも悲しくなった。

(不倫しちゃっても知らないから…)

ふとそんなことを思ったりもした。
今からマスターに口説かれたら、なんだがその気になってしまいそうで不安だった。
心のどこかで、男性の硬い肌に触れたいような気もしている。
一夜限りの危険な経験なんて、ちょっと憧れてしまう。

(でも…)

美佳は結婚するまで、自分は性的な欲求の少ない人だと思っていた。
健介も、同年代の男性の中では淡泊な方なのだと思っていた。
スポーツで発散するタイプなのか、いわゆる婚前交渉はあったけれど、会うたびにとか、何をおいてもという感じではなかった。

それが最近、美佳は少しずつ大人の女の悦びがわかりかけてきているように思う。
頭の中が真っ白になるような感覚も、結婚前には数回しか感じたことがなかったのに、ここ数ヶ月は抱かれるたびに昇りつめる感覚がある。

そしてそんな時、美佳は人を愛することの幸せをより強く思うのだった。

(やっぱり健ちゃん以外の人なんて考えられないな…)

今夜もし健介から電話があったら、きちんと謝って、明日は帰って来てくれるように頼んでみようと思った。
そうしたらきっと明日の夜は、健介の腕の中で眠れるだろう。

やがてマスターがカウンターの奥の部屋から現れ、エプロンを外しながら美佳の席の方に歩み寄った。
「じゃあ、申し訳ないけど。」
「あ、はい…。」

美佳は少しホッとした。
喫茶店のマスターが店に来た女性客とどうかなるなんて、テレビドラマの世界の話で、現実には聞いたことがない。
たとえ一瞬でも、ふしだらな考えをしてしまった自分に心の中で苦笑した。

「マスター、どうもごちそうさまでした。」
愚痴を聞いてもらったことがなんだか照れくさくて、マスターの顔を見られなかったけれど、美佳は礼を言って席を立った。

立ち上がろうとした。
が、思ったよりワインが効いているのか足元がふらついてうまく立てなかった。
同時に軽いめまいを感じた。

(あ…あれ…?)

美佳は椅子に尻餅をつき、眉間を手で押さえた。頭が重かった。
普段ならこのくらいは飲んでも酔うようなことはないのに、今日は感情が昂ぶっていたのだろう。
やっぱりワインは一杯にしておけばよかったと今になって後悔した。
飲みやすい口あたりについ油断してグラスを空けてしまった。

「大丈夫?」
マスターの両手が後ろから美佳の両肩を掴んだ。

「ええ…、大丈夫です。すみません。」
肩を支えてもらって美佳は立ち上がった。だがすぐにバランスを失って背後のマスターにもたかかるような格好になった。

(なんだか…体が…熱い…)

頭の中もぼんやりとして意識がはっきりしない。
「あんまり大丈夫でもなさそうだね。」
耳元でマスターの声がして、次の瞬間、美佳にとって信じられないことが起こった。

肩を支えてくれていたマスターの手が離れたと同時に、太い腕が美佳の細い体を後ろから抱きすくめたのである。

「あ…なにを…」
マスターの腕の力は強く、少し体を揺すったところで逃れようがなかった。
きつく締めつけられた。
背中に頑丈そうな体格のマスターの体重がかかって、倒されそうになる。

(あっ…!)

マスターの手が美佳の胸に移動した。
ポロシャツの上から、胸の二つの膨らみが手の平に包まれた。

「あ…あの…やめてください…」
誰もいない喫茶店。
美佳の目の前に大きなミラーがあった。
薄く化粧をして髪をポニーテールにまとめ、白いポロシャツにベージュ色のスラックスという軽装の美佳自身が、鏡の中で背後から男に抱かれている。

男と鏡の中で目が合った。
マスターは、とてもさっきと同一人物とは思えないようなギラギラとした目で鏡から美佳を見つめていた。
心優しく、お人好しのように見えたマスターの豹変が、美佳にはいっそう不気味に思えた。
だがなぜか、ミラーから目を背けることはできなかった。

恐ろしい光景だった。後ろから、まるで双乳の量感を確かめているかのように胸を包んでいる手は、夫のものではない。
まだ二回しか会ったこともない、しかも恋愛感情など全くない男性なのだ。
鏡の中にいるのは自分ではないように思えた。

「奥さん…」
マスターは瞳を輝かせて首筋に唇を這わせてくる。
なま暖かいような冷たいような、ザラザラとして濡れた感触…。
耳に熱い息がかかる。美佳は体を固くしたが、思うように力が入らない。

「きれいだ…」
されるままになっている美佳の顎が、マスターの熱い手に包まれた。その手の力で顔が後ろを向かされた。
「あ、や…」
そこにマスターの顔が近づいていた。マスターはゆっくりと美佳の唇を奪った。

「う…んんっ…」
まるでいけない夢でも見ているようだ。ゾクッと全身が震える。
夫とは違う匂いに、鳥肌が立つほどの激しい嫌悪を感じた。

けれどその時、美佳の心の中に広がったのは、嫌悪感ばかりではなかった。
夫に冷たくされても自分に優しくしてくれる男の人がいる、という思いが、脳裏をかすめていった。
頭の中がじーんと痺れて、徐々に抵抗しようとする気持ちが失われていく。

「…ん…あ…」
美佳は鼻から甘い吐息を漏らした。
長く、巧みなキスだった。
舌先が唇をくすぐるようにしながら、少しづつ美佳の口を開かせていく。
歯を固く閉じているつもりなのに、いつの間にか隙間ができてしまう。

「…んっ!」
舌先が入って来た。美佳の小さな舌に優しく絡んでくる。

(あ…だめ…)
美佳は腰くだけに崩れそうになった。
夢中で振り返り、マスターにしがみつく。
そのスマートな肢体をマスターの厚い胸がしっかりと抱きとめる。

ヒップはマスターの大きな手の平に包まれて、撫で回されている。
膝の震えが抑えられない。
マスターが長いディープキスの後、今にも倒れそうな美佳を軽々と抱え上げた時、美佳は意識が朦朧としてマスターの腕にしがみついたままでいた。

気の遠くなりそうな濃厚なキスがひとまず終わったという安堵があって、事態がさらに悪い方向に進もうとしていることがよくわからなかった。

マスターは抱き上げた美佳をカウンターの裏にある小部屋に連れ入った。
美佳の実家のリビングと同じ、八畳くらいの広さだろうか。
店の方の大きさを考えると、少し意外に思うほどに広い。

スチールの事務机に事務用の椅子、それに木のフロアテーブルと革張りのソファー。
事務室兼応接室のような部屋である。

マスターは美佳をソファーの上まで運んで行って座らせた。
そして自分も斜めに美佳の方を向いて腰をかけた。

マスターは何も言わない。
まっすぐに美佳を見つめている。
耳鳴りがしているのか、周りの音があまり聴こえない。
黙って見つめ合ったまま、数分が経った。正確には数秒だったのかもしれないけれど、とても長い時間に感じられた。

驚きと、戸惑いとで、声が出ない。
マスターの視線が、美佳の瞳からはずれ、下の方に動いた。
口元から首筋、そして胸まで下りていった時、マスターの片手が伸びて来た。

いきなり、胸に手が置かれた。ポロシャツの上で、その手がゆっくりと動く。
乳房を揉まれているのだ、ということを自覚したのは、乳首の所に彼の指が触れ、美佳の体がピクッと震えたときだった。
急に美佳は恐ろしくなった。強い拒絶の心が湧いてきた。

マスターは初めは柔らかく、それからだんだん強く、美佳の胸を揉みほぐすように愛撫する。

数年前、女子大の同級生達と温泉に行った時、美佳の胸をまじまじと見た級友に
「美佳って着痩せするタイプなんだ」
と言われた。

体は細いのだけれど、Dカップのブラがちょっぴりきつい感じがする。
美佳は目をつぶった。冷静になろうとした。
逃げなくては、と思う。まるでこれではマスターにこんなことをされるのを容認しているようではないか。

(私、こんな女じゃない…)
夫婦喧嘩をしたからといって他の男に体を許すような、ふしだらな女ではない。
たしかにこんなことを、一瞬期待しかけたのも事実だけれど、美佳はもう人の妻なのだ。

少し愚痴をこぼしたけれど、健介を愛している。
これ以上は断固として拒まなくてはいけない。
夫を裏切ることは絶対にできない。

(でも…)
美佳はすでにこの中年のマスターに唇を奪われてしまった。
それだけでも大変なことなのに、今は服の上からとはいえ胸の膨らみを触らせてしまっている。

もっと激しく抵抗しなくてはいけないのはわかっているのだが、マスターの鳶色の瞳で見つめられた時から、まるで催眠術でもかけられたみたいに全身がだるい。

本来ならマスターのその手を引き剥さなくてはいけないのに、美佳の両手はソファーに張られた革をぎゅっと掴んで動かすことができない。

その手を離した瞬間にソファーに横向きに倒れてしまうような気がした。
それに美佳には、どう抵抗すればいいのかわからなかった。
大声で叫んで、やみくもに手足をばたつかせて暴れればいいのだろうか。

もっと乱暴に、例えば力づくで押し倒されたりすれば、暴れたり、叫んだり、そういう抵抗の仕方ができると思う。
でもマスターは一切、そんな強引なことをしていない。

なんだかタイミングが掴めないような、暴れることによって逆に相手を凶暴な野獣に変えてしまうのが怖いような、そんな心境だった。

(あ…)
ポロシャツが、少しづつたくし上げられていた。
美佳が目をつぶったのを見て、マスターはもう片方の手を伸ばしてきたようだ。
ポロシャツの下に、手が潜りこんでくる。

「キャッ…」
ブラジャーに包まれた乳房が鷲掴みにされた。
小さな悲鳴にも似た声を出して、美佳は目を開けた。
目の前に、マスターの鳶色の瞳があった。
怖いほどに真剣な表情で、美佳を見つめている。

「震えてるね。」
マスターが言った。きれいなバリトンの、優しい声音だった。
それに信じられないほど、落着き払っている。

「え…?」
たしかにそうだった。腕も、脚も小刻みに震えていた。
「怖い?」
マスターが顔を寄せてくる。首筋に、キスをされる。美佳はうなずいた。
うなずけば、やめてくれると思った。

「旦那さんを裏切るのがいやなんだろう?」
また、美佳はうなずく。
「でもね、奥さんは逃げられないよ。この部屋は防音になってるから、大声出したって外には聴こえないしね。」

とても恐ろしいことを、穏やかな口調で言われると、あまり恐怖が湧かない。
マスターの顔は、微笑んでいるような表情に変わった。

「旦那さんを裏切れない、って気持ちは偉いと思うよ。だけど彼の方だって、君にこんな淋しい思いをさせて、仕事を優先してる。それは夫婦にとって裏切りにはならないのかな…?」
「そんなこと…」

反論もできず、美佳は黙った。
その機を逃さず、マスターは美佳のポロシャツを脱がせた。
頭が混乱して、されるがままになっている。
上半身が裸にされようとしている危機にさえ、よく気づかなかった。

(裏切られてる…?)
あの心優しい健介が、美佳のことを考えていない時間がどのくらいあるんだろう。
残業しているときは、どんなことを思いながら仕事しているのだろう。

なぜだか思考が緩慢で、マスターの言葉を打ち消すような気力が湧いてこない。
まだ酔っているのかもしれない。
(しっかり…しなくちゃ…)
そう思った瞬間に、マスターが美佳の背中に手を回し、純白のブラジャーのホックを外した。
乳房を覆っていた布があっけなく剥ぎ取られて、美佳は我に帰った。

「やめてください…!」
慌てて、両手で胸を覆い隠す。
「隠しちゃだめだ。」
マスターは美佳の両手首を掴むと、いともたやすく胸から引き剥した。

「いやっ」
必死で抵抗しようとする美佳の両手は難なく背もたれに押さえつけられ、それから徐々に背中の後ろに持っていかれた。
その美佳の両手首を片手で押え、空いた片手で自分のベルトを抜き取っている。

「あっ、なにを…!」
マスターはそのベルトで、美佳の両手首を後ろ手に縛った。
やけに慣れた手さばきだった。
痛くはないけれど、しっかりと手首が固定されてしまっていた。

「ほら、こうすれば罪の意識もないだろう?浮気してるんじゃない。犯されてるんだよ、奥さんは…」
露骨な言葉に、背筋が凍りついた。
マスターは美佳の拒絶感を見抜いていたのだ。
また別の恐怖が美佳の心を支配した。

今、美佳の上体は裸にされてマスターの前に晒されているのだ。
マスターは顔を遠ざけ、美佳の胸をじっと見た。
すぐに両手が伸びて来る。

「素敵な胸だ…。」
二つの手で乳房を強く揉みながら、首筋に舌を這わせる。
舌は素肌を唾液に濡らしながら、胸に移動していく。
小さな、桜色の乳首を口に含む。

「や、やめて…あ…」
美佳の体がビクッと揺れた。
胸の先端を舌で弄ばれただけで、その刺激がすぐに、大きくなって身体の芯に達した。

(どうして…?お酒のせい…?)
美佳の体は震えながら、あまりにも素直にマスターの愛撫に反応していた。
小さな乳首は微かな痛みを感じるほどピンと突き立ってしまっていたし、全身の火照りが美佳の下半身を疼かせてしまっている。

マスターは胸から腹部へと、美佳の白い素肌を愛おしむように丹念に舐める。
美佳の上半身が、汗と男の唾液に濡れて光る。

「やめて下さい…お願い…」
美佳の声が力を失っている。マスターの手がスラックスのボタンにかかる。
両手を縛られた美佳にはもうどうすることもできなかった。

ボタンが外され、ジッパーが引き下ろされた。ストッキングは履いていない。
押し開かれたジッパーの間からは、薄ピンク色のショーツが現れた。

伸縮性がよく、光沢のある化学繊維を使った小さなショーツは美佳の女の部分にぴったりとフィットしている。しかも前を覆うかなりの部分がメッシュになっていて、そこから淡い翳りが透けている。
デザインが大胆すぎて、美佳が滅多に着けないものだった。

「ほう…」
マスターが顔を上げた。さっきの穏やかな表情とはまるで別人だった。にやりと笑った目には卑猥な光が宿っている。

「意外と派手な下着だね。」
美佳の両手を縛ったことでマスターには余裕ができたようだった。声が低くなっている。
スラックスと一緒にローヒールの靴が脱がされた。

「見ないで…」
美佳は腰をよじろうとしたが膝を押さえつけられていて叶わなかった。力が入らない。
逆に両脚が開かれていく。美佳の恥ずかしい部分が、マスターの鳶色の瞳のすぐ前にあった。
その奥が潤み始めていることに、美佳は気づいていた。

つづく

コメントを書く