【母娘丼】家庭教師先の母娘と関係を持ってしまった…(体験談)※前編

まさか自分がこんな事になるとは思わなかった。
家庭教師で通ってた中学1年生の女の子由香ちゃん
ちょっと生意気だけど可愛い小悪魔タイプ、勉強は苦手であんまり真面目に聞いてくれない

いつも勉強そっちのけで恋話ばっかり、直ぐ脱線するので生徒としてはちょっと曲者
おだてたり、叱ったりしながら毎回苦労しながら何とか問題に向かわせる毎日

「先生毎日すみません」
と由香ちゃんのお母さんの順子さん、コレがかなりの美人で巨乳色っぽいセクシーな体

由香ちゃんも大人になったらこんな感じになるのかなと思わせるくらい2人は良く似てる
少し肉厚な唇とか少し垂れ目な感じがそっくり、
順子さんは首筋に黒子があってこれまた余計に色っぽい

「いえ、勉強が苦手なお子さんを上手く教育するのも仕事ですから」
と調子よくカッコつける俺

正直由香ちゃんも順子さんも美人親子だから我慢してた。
コレが中学の男子なら即刻「相性が悪いのかも」とチェンジして貰う所だ

旦那さんは海外へ単身赴任、かなりの稼ぎらしいが殆ど年間を通して家に居ない
順子さんと由香ちゃん2人の家庭なので頻繁に晩御飯をご馳走になる

本当は禁止されてるけど、この母子の誘いを断る手は無いから
「本当はダメなんですけどねw」と言いつつ美味しいご飯をお代わりしちゃう

お金持ちだからなのかそれとも俺が客だからなのか、毎回オカズが豪華
スキヤキとか御寿司を何度もご馳走になってた。

その反面由香ちゃんの勉強の効率は今一上がらない
それでも首にならないのは、俺が由香ちゃんに気に入られているから

「他の先生とは相性が悪くて・・こんなに続く事自体が珍しいんです。」
そりゃそうだろう、あの性格ではまともに勉強はしてくれない
真面目な家庭教師では返ってさじを投げかねない

まあ不真面目家庭教師な俺だがそれでも一応お世話になってるんだから
珍しく頑張って教えてなんとか成績を上向きに持っていくことに成功

由香ちゃんも順子さんもテストの結果に大喜び
まあ、大した成績UPでもないけど・・・元が酷かったからしょうがない

「本当にありがとうございます」
とまたもや豪華な晩御飯をご馳走になる
「タッ君ありがとうね!」
俺の事はもうずっとこんな感じで呼び捨て

「こら、由香、何度言えば解るの先生でしょ」
順子さんが注意するけど全然聞かない由香ちゃん
「もー良いじゃんねータッ君w」
隣の席から乗り出して腕に抱きついてくる

「お行儀が悪いわよ!貴方って子は!」
「べー」
順子さんに向かって舌をだす。
「由香貴方覚えときなさいよ!」

「はは、構いませんよ先生って柄でもないし」
と仲裁
「本当すみません・・何でこんなに礼儀知らずに育ったのかしら」
「お母さんだって影で先生の事、可愛いって言ってたくせに」

由香ちゃんが俺の腕に抱きついたまま意地悪そうに笑って言う
「ええっ!!」
驚く俺

続きを読む(【母娘丼】家庭教師先の母娘と関係を持ってしまった…(体験談)※前編)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。

コメントを書く