同じ職場に優しい彼氏がいながらドSな上司の肉便器にされてます・・・・・・・・・・

【体験談】目の前に彼氏がいるデスク越しにハメ撮りビデオを見せられて・・・

sekuhara

会社にお付き合いしている彼がいます。
私と彼の特徴を簡単に説明すると、

・私…23歳、黒髪ロング、「清楚」「綺麗」「真面目そう」といわれることが多いです。
「逢×りな」という女優?アイドル?の人に似ているってよく言われてました。

・彼…同じ年、真面目で優しくて、私が初めての彼女、ちょっと要領が悪いところがあって、上司に怒られることが多いです。

こんな感じでしょうか。
同じ職場、同じ部署で付き合っているので、時々まわりから冷やかされます。
その時に彼は嬉しそうな恥ずかしそうな表情をするので、その度に「かわいいなぁ」「純粋なんだな、この人」って思います。

でも、私にはもう一人関係を持っている人がいます。
その人も同じ職場、同じ部署の課長で、彼とは先輩後輩の間柄になります。

課長は30歳を過ぎた年齢の、彼とは正反対で強引な人で、彼がいないときの会社の飲み会の最中に呼び出されて、強引に二人で抜け出すように命令されて、そのまま関係を持って、それがずっと続いています。

彼はいつも私を宝物のように扱ってくれて、デートのときもレディファーストでたくさん私を気遣ってくれます。
一方、課長のほうは自分が都合がいいときだけ呼び出して、すぐにエッチすることが多いです。

女性のほとんどが優しい人が好きって言いますよね、私もそうでしたし、今までの彼氏はみんな優しくしてくれました。
だから課長みたいな人は初めてで、新鮮で、虜になってしまっていました。

もちろん私と彼が付き合ってることを課長は知ってます(彼はもちろん私と課長が関係を持ってることは知りません)。

なので、課長とエッチするときには、
「最後に彼氏とセックスしたの、いつだよ?」
「彼氏と俺、どっちのセックスが気持ちいい?」
「じゃあ彼氏に謝らないとな、今、他の人とセックスしてます、ごめんなさいってな」
みたいに、彼のことを引き合いに出されながら、たくさん責められます。

課長とエッチするまで気付かなかったのですが、私はMみたいで、ちょっと責められるとすぐに濡れてしまうくらい、いじめられるのに弱いです。

なので、課長みたいなすごくSの人には本当に弱くて、相性が良くて、彼とエッチするときと比べ物にならないくらい、濡れて、気持ちよくて、乱れてしまいます。

そんな課長の最近のお気に入りのプレイは、「私とのハメ撮りを職場で観賞すること」です。
ハメ撮りという言葉は、課長にされて初めて知りました。

それまでも昔の彼とかにエッチのときの写真が欲しいとか言われたんですが、全部断ってました。

でも、課長は許可なんて取らず、「スマホで動画撮るから自分で×××開け」みたいに命令して、私はぜんぶ言われるままになってしまって、たくさんたくさん、エッチな動画を撮影されています。

「彼より課長とのセックスが大好きです」みたいに言わされてる光景も、たくさん撮影されています。
もちろん、セックスやお口で課長のをしてるところも、ぜんぶ撮影されています。

 

ある日、彼が仕事でミスをしました。
それを叱責するのは課長の役目で、課内に響き渡るような声で、みんなの前で彼が課長にしかられています。

その途中、
「おい、早希子(私の名前です)、怒鳴りすぎて喉かわいたから、茶、持って来い」

彼の前で課長は私を下の名前で呼んで、お茶汲みをさせました。

下の名前で呼ばれて、彼に私と課長が関係持ってるのか怪しまれるって思いましたけど、彼はそこまで余裕がないみたいでした。

私がお茶を持っていくと、話は私のことに及びました。
「お前ら、付き合ってるんだよな? 職場恋愛はいいけど、そのせいで仕事がおろそかになったら、周囲が迷惑すんだよ、わかってんのか?」

彼は私まで巻き込んでしまったと思って、申し訳なさそうに俯いています。

それをいいことに、彼に見えないように課長が私のお尻に手を伸ばしてきました。
乱暴に、ごつごつした手でスーツ越しにお尻がもまれます。
しかも、彼の目の前で、です。

私は抵抗できずに、その場を動くことも出来ずに、課長にされるがままで……それだけじゃなくて、会社の制服、スカートの中にまで手が伸びて、ストッキングとパンツ越しに、スカートの中でお尻を大胆にもまれています。

目の前の彼がちょっとでも注意して課長を見ると、気付かれるかもしれなくて。
私は心臓が破裂しそうでした。

でも、Mの私は興奮してしまって、彼にバレるかもしれない、彼にバレたらどうなるんだろうって、興奮しました。
そんな私を予想していたのか、課長がもう少し股を開けという意味をこめて、太ももをスカートの中でぺちぺちと叩きました。

お尻だけじゃなくて、アソコもさわられちゃう……私は期待しながら足を開いて。
課長の手が、もう濡れているアソコに襲い掛かってきました。

相変わらず課長は彼を怒鳴っていて、彼は俯いていて私がさわられていることに気付きません。
でも、私は興奮しすぎて課長が彼に怒鳴っている内容が頭の中に入ってきませんでした。

ただ、敏感になってるあそこの周辺を撫でられたり、時々パンツ越しに押し込まれたり、その刺激に翻弄されて。
きっと私の顔は真っ赤になっていると思います。体も気持ちよくて震えています。
でも、周囲の人の目には怖がってるように見えてくれたみたいです。

そして課長は、
「ったく、オマエを怒鳴ってるせいで俺の仕事がぜんぜん進まねーじゃねぇか」
と彼を怒鳴って、左手で私のアソコをいじりながら、右手で仕事するフリをしてマウスを弄って、ある動画を撮影しました。

課長が録画した、私と課長がセックスをしてる動画です。
画面の中で私は、アソコをさらけ出して、四つんばいになって、課長のおちんちんを挿れてもらうために、お尻を振っておねだりしてます。

彼がすぐ近くにいるのに、彼が課長のデスクにちょっと回り込めば見える距離で、私が裸で課長におねだりしてる光景が写ってしまいます。

ちょっと場所を変えれば彼に私の浮気セックスが見られちゃう、そんな想像をしながらアソコはさらに濡れて。
その間も私のアソコは課長に弄られ続けて、もうぐしょぐしょです。

彼は相変わらず俯いていて、それだけです。
言い方は悪いんですけど、その光景に完全に男としての魅力は彼よりも課長のほうがずっと上だってことを心に、体に刻み付けられて。

私は、彼のすぐ近くで、私のハメ撮りを流されながら、イってしまいました。
彼にバレないように、必死になって顔には表には出さないようにしていましたけど、私のアソコを刺激し続ける課長には、完全にバレていました。

「倉田、オマエはもういいから席に戻ってろ」
課長の許しを得て席に戻って、それからしばらくして彼を怒鳴り続けている課長からメールが来ました。

「彼氏の前で浮気ハメ撮り見ながら、他の男にマンコ弄られてイくって、どんだけスケベなんだよ、オマエ」
課長の指摘に恥ずかしくて、興奮して、私はもう一度イってしまいました。

それから私の中で、課長>彼になってしまい、たとえ彼との約束があっても、彼とのデートの最中でも、課長に呼び出されたら行くようになってしまいました。

もう、完全に私の中で重要な異性がどっちかが決められていて、私はもう課長に逆らえません。
彼にはちゃんとコンドームをはめてエッチしてもらうんですけど、課長はそのままです。
でも、妊娠したら彼に責任をとってもらうつもりです。

コメントを書く