【母子相姦】友人とお互いの母親を睡眠薬で眠らせてイタズラし合った結果…※前編(体験談)

bijukujo

僕と健は親友以上の間柄だった。家が隣同士で同い年。
どちらも一人っ子で、誕生日も近い。物心ついた頃から兄弟のように育った。
どっちかと言えば健は外交的で僕は内向的なんだが、それがいい具合だったのかもしれない。

喧嘩して「絶交」したこともあるけど、いつの間にか一緒にいる。
家族に言えないことも相談し合える存在だ。

2人の母親同士も大の仲良し。
年が近いし(健のママが1コ上)、だいたい同じ時期に結婚してこの街に来て、同じ時期に子供を産んだ。

家族構成とかも似てたから、子育てや近所付き合いのことで互いに相談したり、手伝ったり、愚痴を言い合ったり。
しょっちゅう2人で出掛けるし、よく互いの家に来て、お茶を飲みながらお喋りしてた。

健のママ…慶子さんて言うんだけど、ちょっとした美人でもある。
水沢アキを若くした感じかな。

背が高くて細身だけど、体はそれなりにメリハリがあって、胸元から覗く谷間や、短めのスカートから伸びるスラリとした脚がたまらない。
小6でオナニーを覚えてから、慶子さんがナンバーワンのオカズになるのに時間は掛からなかった。

さすがに健に申し訳ないなと思ってたら、実は健も僕のママをオカズにしてたんだ。
健と猥談してたとき…といってもガキ同士だし他愛ない内容だけど、健が打ち明けてくれた。

「お前には悪いと思ってるけど、俺、美沙子おばさん(←僕のママ)もオカズにしてんだ」

それも、やっぱりナンバーワンだという。

もちろん驚いたけど、正直、健の気持ちも分からなくはない。
僕のママ、慶子さんとタイプが違うけど確かに美人。松下由樹似…かな。
どっちかと言えば小柄で、胸とお尻は結構ボリュームがある。
かといって本人が気にするほどは太ってるわけじゃなくて、体のラインはかなりエロい。

健には言わなかったけど、僕も我慢できず何回かオカズにしたことがある。
ムチャクチャ興奮する代わり、終わってからものすごい罪悪感で落ち込むから、僕にとっては「最終兵器」だったけど。

「ええっ、お前も?」
僕も思わず慶子さんのことを告白。
何だか変な連帯感みたいなものが生まれて、それからというもの、互いの母親に関する妄想を話すようになった。

家族でプールに行ったときのママの水着姿の写真とか、タンスから失敬したママの下着とかを交換したこともある。
今から思えば男2人で何やってんだって感じだけど、これで2人の絆というか友情がますます深まった。

中1の夏、僕と健の親子2組で東北の温泉に行った。
本当は父親たちも来るはずだったけど、健のパパの都合がつかず、
「じゃあ、女子供だけで」となったわけ。

コメントを書く