【獣姦】嫁に貞操帯をつけて旅行に行かせた結果・・・・・・・・・・・・・・

jukan

嫁は元アイドルです。あるグループにいました。
俺が孕ませて引退させましたが・・・嫁は流産してしまいました。

毎晩種付けしているのですが、子供は出来ません。
俺は嫁を愛しているのですが、働くのはイヤなので嫁を働かせています。

夜の仕事は論外。接客業もダメ。男がいる職場は禁止・・・結局、おばちゃんしかいない職場に就かせました。
スーパーの総菜などを詰める仕事です。
マスクに帽子、顔が分からない作業着だし、おばちゃんばかりなので安心です。
でも、おばちゃんが嫁をいじめるらしいです。

嫁は「職場を変えたい・・・」と言っていました。
俺は「頑張れ」と励まします。職場のそばまで送り迎えしています。

ある日、嫁はこんなことを言いました。

嫁「職場で意地悪かったおばちゃんが、一緒に遊びに行こうって誘ってくれたの」
俺「そっかぁ。良かったじゃん」
嫁「遊びに行っていい?」
俺「いいよ」
嫁「・・・でも」
俺「?」
嫁「泊まりなの」
俺「なんで?」
嫁「おばちゃんの別荘へ、遊びに行こうって」
俺「・・・」

まぁ・・・仕事を辞められるよりはましか・・・と俺は許しました。
でも、なんか気になります。
嫁が外泊することなんてなかったので・・・。

その晩も嫁を抱きます。妙に昂ぶって、色んな体位で攻めました。
「んん・・・今日はなんでそんなに激しいの?」
と、嫁は聞きました。

俺はリビングのソファーで座位で突きまくり、床でバック・・・嫁の奥のほうまで掻き混ぜて奥の奥のほうで射精しました。
一緒に何度もイキました。

翌日、俺はアダルトショップへ行きました。
そして「貞操帯」を買いました。
男用はたくさんあるのですが・・・女用を探すのは大変でした。
糞尿だけ出来る穴があいているやつを買いました。

俺「あのさ、旅行に行くのはいいけど、これをはめて行けよ」
嫁「なに?」

俺は嫁のアソコに貞操帯をはめました。
嫁は泣いています。でもおかまいなし。
念には念を・・・で、嫁のバッグのなかに超小型の盗撮カメラを仕込みました。

嫁が帰ってきた後、バッグのなかに仕込んだカメラの映像を見ました。

嫁は本当におばちゃんと出掛けていました。
田舎にある別荘に到着します。
おばちゃんと二人で過ごしています。
おばちゃんは「今までごめんね、あなたがあまりに可愛いから、憎たらしくて~」みたいなことを言っています。

いい話だな・・・。

俺は満足しました。

が、その晩・・・嫁はおばちゃんと林のなかへ入って行きました。

俺は「なんで?」と思いました。
嫁も「怖いです・・・なにがあるんですか?」と怯えています。

すると・・・野犬なのか、暗くてよく分からないけど動物の激しい息が聞こえてきました。そして嫁の悲鳴が・・・。

嫁「きゃあああああああああああああ」
おばちゃん「いひひひ・・・・」
俺「?」

カメラの映像が乱れましたが辛うじて嫁を映していました。

嫁は四つん這いになっていました。
動物が嫁の頭を踏みつけるように覆い被さっています。
嫁は「んあぁぁぁぁ」と絶望の悲鳴をあげています。
嫁に覆い被さった動物は腰を動かしています。

どうやら・・・嫁は動物に犯されていました。

俺は急いで嫁の部屋に行きました。
嫁はまだ、ちゃんと貞操帯をはめていました。

俺「おまえ、動物とヤッたのか?」
嫁「・・・」

嫁は大泣きしました。

俺「だって・・・貞操帯をしているのに」
嫁「あいている穴から・・・(涙)」
俺「こんな細い穴に入ったのか?」
嫁「細長かった・・・」

俺「その手があったか・・・」

細長いチンコを想定していなかった・・・しかも動物なんてノーマークだった・・・
不覚だ・・・。

嫁は人間不信になりました。
俺は動物に犯されて、しかも働かない女は無理なので別れました。
新品で動物に犯されない、働き者の嫁を貰います。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    この場合は男がクズだから胸糞だと感じた

コメントを書く