クラスで一番可愛い女子のスク水にイタズラしてたら…(体験談)

sukumizu

小学校三年の頃です。
クラスに香奈ちゃんという可愛い女の子がいました。
いい家のお嬢さんみたいで腰まであるロングの髪にパッツンの前髪、お人形さんみたいな女の子でした。
今でいえば橋本環奈ちゃんみたいな感じの子です。

クラスはもちろん、学校内でも一番人気のある女子でした。
俺は香奈ちゃんとすれ違うときに匂いを嗅ぐのが好きでした。

柔軟剤の匂いがしました。
俺は家族とドラッグストアへ行くと、いつも香奈ちゃんの匂いの柔軟剤を探して片っ端から柔軟剤ボトルを開け、クンクンしていました。

ある日、香奈ちゃんの匂いを発見しました。
ダウニーというブランドのブルーのやつでした。
俺はそれを買って貰いました。
自分のパンツをその匂いにすると香奈ちゃんと同一化する感じがして夢精したりしました。

ある日のことです。
放課後、図書館を利用し、その後教室に戻りました。

香奈ちゃんの机を見ます。
香奈ちゃんはビニールバックに入れたまま、スク水を忘れていました。

俺はすぐさま辺りを見回し・・・香奈ちゃんの水泳バッグを盗みました。
机の下に隠れながら・・・アソコの部分をくんくんしました。
全体的にプールの塩素の匂いでした。

何度も舐めたり吸ったりした後、ズボンのなかに入れておチンチンをこすりつけました。
先生か誰かが歩いている音がしたのでスク水を洋服の内側に隠し、男子トイレの個室に入りました。

個室の中で香奈ちゃんのスク水を着ました。
肩ヒモは外したまま・・・無理矢理着たので金玉やチンコがきつかったです。
お尻にも食い込んでいました。

コメントを書く