風俗行ったら中学の時に好きだった子が出てきた(体験談)

soapland

3年前の今頃の出来事。
似たようなAVを見て出会いを思い出した。
友達と休みの日にソープ行こうってことになり土地柄数多くある店に入る。
待つとどこかで見たことがある顔。

寛子「ひかるで~す!よろしくお願いしま~す!」
そう言って準備する。
向こうは気付かないが俺は頭をフル回転させ思い出す。
俺「ひこたん…?」

中学の時好きだった寛子のあだ名で仲は良かったが告白はできなかった。

寛子「え!?」
寛子は勢いよく振り向き俺を見る。

俺「やっぱそうでしょ!わかる?○○!中学で一緒にバカやってた…」
寛子「嘘…○○?!」
俺「覚えてた!よかった!忘れられてたらどうしようかと思ったよ!」
寛子「覚えてるよ!変わらないね!あいかわらず童顔だし。」

笑いながら話す。
寛子は俺を寝かせてローションを塗りたくりながら話した。

寛子「ホント久しぶりだね!7年振り位?結婚したの?」
俺「してないよ。ひこたんは?」
寛子「ひこたん懐かしいね!○○がつけてくれて友達に浸透したもんね!嬉しかったなそのあだ名…私は結婚してるよ!」
俺「結婚してるのに働いてるんだ!大変じゃん!」

寛子「旦那が仕事してないから生活費稼がないといけないんだ…」
俺「子供は?」
寛子「子供はいないよ。欲しいけど作れないよまだ…」

寛子は笑顔ながらも奥底に悲しさを漂わせた。
寛子はチンポを握り舐め始める。

俺「何か変な感じだね?ひこたんに舐められるの。あの頃では考えられないよ!」
寛子「キャハハッ!確かにね!あの頃楽しかったなぁ…毎日…」
俺「だね!いつもひこたんとなおちゃんだっけ?あと、りさちゃんと4人で話したり遊んだりしてたもんね!」
寛子「懐かしっ!今全然連絡取ってないや…」

コメントを書く