巨乳風俗でまさかの友人姉が出てきた…(体験談)

bakunyu

初の投稿で至らない点もあると思うし、ちょっと長文になるが勘弁してくれ。
忘れられない体験なので書かせてくれ。

登場人物(当時)↓
俺 学生 21歳
友男 学生 21歳
友姉 風俗嬢? 24歳

小学生の頃から悪友として俺と友男はよくつるんで遊んでた仲だった。
ナンパしたり合コンしたり、女絡みのイベントは必ず友男と一緒だった。

友男は学生だが大学も行かず、平日も土日も朝から晩までパチンコばっかりやってるような奴だった。
正直言って「ダメなやつ」の定型的。

そんな友男もパチンコで大勝するとよく俺に風俗奢ってくれた。
俺は巨乳好きなので巨乳の店ばっかり行ってたが、友男は貧乳好き(多分ロリコン)だったので
「この金やるから好きな店行って来い。2時間後に駅前の和民集合な!」
ってな感じで別々の店に行って、終わったら合流して居酒屋ってのがよくあった。
そんなことを当時は月1でやってた気がする。

そんな学生生活まっただ中の真夏のクソ暑い日だった。
俺は自分の部屋(一人暮らし)でエアコン付けてYOU TUBEみてたんだ。
夕方になって涼しくなったら女友達でも誘って飯でも行こうかな―って思ってた。

そしたら携帯に友男から着信。
「やべーよ。10万買ったよ。風俗奢ってやるぜ!飲み行こうや!」
暇だったし、丁度ムラムラしてたからw俺は二つ返事でOK。
すぐ支度して待ち合わせの都心部の駅に向かった。

駅に着いたら友男は既にビール片手に出来あがってたw
友男「おせーよw」
俺「すまんwってか急な誘いで待ち合わせに間に合う奴がすげぇよww」
友男「だなwwんな事より聞けよ!今日大勝だぜ!」
てな感じで盛り上がりながら繁華街に繰り出す。

あたりはスッカリ真っ暗。
街の雑踏にのまれていく若者やらサラリーマンで溢れかえってた。
俺たちはものの数分で風俗街にたどりついた。

友男「お前、今日も○○(俺がよく行く巨乳の店)か?」
俺「おう、そうしようと思ってる」
友男「お前も好きだねーwまぁ俺も似たようなもんだけどw」
とか言いながら友男から3万程受け取り、当たり前のように友男と別れた。

俺がいつも行く店は繁華街の奥の方にある店。
ネーミングセンスがやばすぎる店だがw
しかしその店はカワイイしサービスいいし爆乳だしたまに本番させてくれるし、俺には最高の店だった。

もちろん今回もその店に一直線。
溜まってたのかすごい速足で向かったのを覚えているw

コメントを書く