【レズ】レイプされそうなところをお姉さん二人に助けられて…(体験談)

les

女の人にまわされちゃった話だけれど良いのかな?
もしダメだったらごめんなさい。

私が19の時だったんだけれど、当時付き合っていた彼が2股してたのが判ってあげくに「どっちかなんて選べない」なんて言われたんですよ。

こっちも初めての相手だったし、好きだったしで諦められなくて何度も泣いて必死になって、そうしたら彼はどんどん私から離れていきました。

彼とまったく連絡取れなくなり、自暴自棄になりました。

その日、私はベロベロに酔っていて近くの席に座っていたグループに酔った勢いで乱入していました。
記憶があやふやなんですが、男の人ばかりのグループで多分私、だらしなくしなだれかかったりしてそれで持て囃されるのが気持ちよかった感じを覚えています。

捨てられたとぐちゃぐちゃになった気持ちが、それで私にもまだ魅力はあるんだからって一時的にでも慰められるような感じで。

なんかぼーっとして気持ち良くて、気がついたら腕を強く引っ張られていました。
気持ち良いのに邪魔しないでよ、と思ったら女の人から「あんたしっかりしなさいよ!」と怒鳴ります。

「邪魔しないでよ」と言うと物凄い強さでひっぱたかれました。
酔いで痛みは鈍いものの、吹っ飛んで床に叩きつけられたように倒されました。

ふらつく頭を起こすと、私は胸ははだけられて乳首は濡れていて巻きスカートはぱっくりと開かれてパンツは全開、しかも微妙位置がずれていて脱がされそうになっていたようでした。

仁王立ちのお姉さんを見上げたら、やっぱり自分がみっともなくて、わんわん泣き出したら洋服を直してくれて、コートを被せるみたくかけてくれて外に連れ出されました。

コメントを書く