【精通】女子に電気アンマされて初射精(体験談)

denkianma

僕が小学校5年のときの話。

クラスメイトに柔道をやってる女の子・・・まなみがいた。
顔は普通かちょっとだけ普通より可愛いくらいで体格も決して大きくもなく、ちょっと活発なだけの普通の女の子って感じ。
ときどき話すくらいだが、なんとなく気になっていた女の子だった。

で、その頃はドッジボールとかほとんどの遊びは男子と女子に分かれて対抗戦でやっていた。
ある日、「けいどろ」っていう集団鬼ごっこ(詳細はググってくれ)をしたとき、男子は泥棒、女子が警察だった。

僕は女子数人に校庭の隅に追い詰められたが、女子の「陣地」にまで連れて行かれなければセーフなので、つかまえようとする女子から逃げ回ったり手を振り払ったりして余裕をかましていた。

そこに他の男子を追いかけていたまなみがそちらをほっといてやってきた。
「私にまかせて!」
そう言うが早いかまなみは僕の服の襟と右手の袖をつかみ、払い腰で投げ飛ばした。

きれいに宙をまった僕は地面に背中から叩きつけられ、一瞬息ができなくなった。
「やったぁ!!」
「さっすが、まなみ!」
他の子の歓声が聞こえたようなきがするが、それどころではなかった。

涙目になりかけの僕は痛みをこらえて起き上がろうとうつぶせになり、立ち上がろうとしたのだが・・・。

ドスン!「ぐぇッ!?」
ものすごい衝撃と重さが背中に走る。

再び肺の空気を全部吐き出してしまった僕は、まなみが僕の背中にヒップドロップのような形でお尻を落としてきたことを知った。

「よーし、つかまえたー」
まなみの嬉しそうな声が聞こえる。
まなみは太っていないし決して重くはないのだろうが、僕の背中に三角座りのような形で横座りしているまなみを
決してどかすことはできなかった。

「早く陣地に連れて行こうよ」
他の女子が言ったが、まなみは首を振って
「○○くん(僕の名前)はあたしにまかしといて」
と自信満々に言い放った。

コメントを書く