【変態】好きな男にセフレ以下の奴隷にされても離れられない女・・・・・・・・・・・・

hentai

何としてでも好きな人に振り向いて欲しい女の子っていますよね。
私ははっきり言ってそんな部類です。

好きな人が、自分の嫌なことをしてと言ってもそれで振り向いてくれるならと思い我慢してやってしまうのです。

そして今私が大好きな人はかなりの変態で私のキャパを超えることを平気でして欲しいというのです。
彼は私が彼のことを好きなのを知っている上で「変態行為をして」と言ってくるのでかなりタチが悪いのですが彼のことを好きすぎるのでどうしようも出来ません。

私の大好きな彼はヨシと言います。
ヨシには彼女がいるのですが(しかも私の友達)私はセフレにされています。

セフレといったら聞こえが悪いかもしれませんがはっきり言ってセフレ以下のちょっと変わった性奴隷と言ってもいいでしょう。

ヨシはちょっとでもエッチをしたいと思ったら私を呼んでカラオケだろうが外だろうが所構わずエッチをしてきます。

Sなのにかなりの甘えん坊でいきなり「お胸舐めたいよぉ〜」と言っていたり、「今ここでエリたん(私のこと)が舐めてる飴舐めたい」と言ってきたりします。

かと思ったら一緒に歩いているときは私のあそこに遠隔ローターを入れていて、人が多くなったところでスイッチを入れてくるのです。

立っていられなくなってヨシにしがみついても「つかまんじゃねえよブス!」と言って突き放します。

そして昨日もそんな大好きなヨシといつものカラオケデートをしました。
彼の指定はチェックのミニスカートにノーパン、さらにニーソックスを履いてこいとのことでした。

もちろん逆らえない私は言う通りにしてヨシの元に行きました。

待ち合わせ場所に言っても2時間放置された後ようやくヨシがきました。

そしていつものように「今日おしっこ溜めてきた?」と言ってくるのです。
ヨシは私のおしっこを飲むのが好きで必ず溜めてくるように言ってくるのです。
はっきり言ってSなんだかMなんだか分かりませんよね。

いつものことですがカラオケに行ってもあまり歌うことはなく、ヨシの彼女の愚痴を聞いてカラオケ店でヨシのあそこをしゃぶって、出してもらって、出してもらった精子を一旦コップに出してそれをストローで飲む。

最初は嫌でしょうがなかったのですがやっていくうちにだんだん慣れました。
ちゃんとやるとヨシは頭を撫でてくれてキスまでしてくれます。
きっとそれが快感になってやめられないのでしょう。

するとヨシはおしっこをおねだりしてきます。
空いたジョッキにおしっこをすると嬉しそうにして
「エリたんのおしっこあったかい」
と言って出したてのおしっこを飲むのです。

おしっこを飲み終わったら二人でトイレに行きバックから挿入してきていつも中だしされてしまいます。

「エリたん気持ちい?」
「気持ち…いいのぉ」
「変態だね」
「変態なんです。もっと犯してください!ヨシ様の精子でぐちょぐちょにしてください」

言わされているの半分、本心から言ってしまっているの半分と言ったところでしょうか。

「いっちゃう」
「いって!いって〜!」

ヨシのセックスは淡白なのですが私が彼のことを好きになりすぎているため何をされても気持ちよすぎるように感じてしまっているのです。

そして部屋に戻りちょっと歌った後でまた復活したヨシのあそこをしごき、抜いてあげるのです。
3回目なのであまり量がないため亀頭に私が持ってきたマスクを被せいかせます。

お気付きの通り私はその精子つきマスクをつけさせられ外を歩きます。
もちろん毎回ではないのですがカラオケデートと言ったらこんな感じで進むのです。

彼女の前ではクールぶってるヨシ。
いつも無茶な事いう、はっきり言って最低の性感のヨシ。
それでも大好きでどうしようもありません。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
どうでもいいけどカラオケ店のジョッキにオシッコするな!

コメントを書く