【獣姦】犬の超絶クンニで気絶→気づいたら挿入されてました(体験談)

jukan

名犬の「条件」にはいくつものヴァリエーションがあるけれど、名犬の「義務」はたった一つ。

それは強靭な繁殖能力。
優れた能力や美麗な容姿は、次の世代に受け継がせることで、さらに磨かれもするし、具体的な姿で現実に保存されるわけです。

というわけで、名犬の名犬たる個々の資質が遺伝されない繁殖は意味がないから、その辺にブリーダーの苦労とやりがいがあるわけですね。

私もそんなブリーダーの一人です。
高校を出て普通の四年制の大学に入学しましたが、ちょっと嫌なことがあってやめてしまいました。

その嫌なことは私にとっては降って沸いた不幸の部類で、それまで
「四年制の大学はちゃんと卒業しなさい」
と言っていた両親も事件以来沈みがちだった私を見て、好きなことをさせてくれました。

まあその事件はレイプだったわけですが、その時まで男性と付きあうこともキスしたこともなかった私としては、未だに話したくないキズになっています。

ですから私の話はもう一つの体験です。

大学をやめた私は一年間フラフラとして過ごしました。
何もやる気になれないし、どこへ行っても周囲の人が私の匂いに鼻をしかめているように感じられました。

多分事件以来はじめてしまったオナニーに対して、自身後ろ暗いようなところが在ったからではないかと思います。

私は昔から犬が好きでした。
そんな折犬の訓練専門学校があるときいて、そんなところに通ってみるのも悪くないと思いました。
自分の興味半分、両親を安心させるため半分です。

実際に通ってみると、ただ「好き」だけではやっていけない仕事だと痛感しましたが、ほかにやりたいこともないし、熱心に通うことにして見ました。

毎朝六時に登校し、犬舎の清掃をします。
それから一度目のえさやり、大体八時頃から数頭ずつ、あらかじめ決めてあったグループに分けてゲージから出し、訓練です。
一頭ずつのこともあります。

訓練の詳細は煩雑になりますから省略しますが、簡単に言えば

・無闇に人に吠えない
・吠えるべきときには吠える(「吠えるべき時」は救助犬か一般の飼育犬か等によって代わります)
・食事・睡眠のサイクル

といった、人間社会で生きるための最低限のことを訓練させるわけです。
これ以外の特殊技術にはまたそれぞれの学校があります。

コメントを書く