【初体験】友人のブス巨乳な姉に誘惑されてパイズリされた結果・・・・・・・・・・・

中学生の頃、毎日のようにヒロという友達の家に遊びに行っていました。

ヒロには4つ上の大学生の姉がいました。
姉は彩香といい、ヒロとは仲がよく俺達が喋ってる所によく割り込んできました。

「タカ君また来てるの?少しは勉強しなきゃヒロみたいにバカになるよ」
「ヒロは相当勉強出来るじゃないですか」
「全然だよ〜。なんなら勉強教えてあげようか?」

彩香は名の知れた大学に通っているため教えてもらう分には申し分ないように思うのですが、あまり可愛くなくちょっと太っていたため当時の俺は教えて欲しいとは思えませんでした。
(今はちょいブス巨乳は大好物ですが…)

しかしなんとなくではありますが彩香から狙われているのは分かりました。

夏休みにヒロの家に泊まりに行った時のことです。
あまりに居座りすぎているからか私が遊びに行ってもどこかに出かけているという事もありました。

そのため行ったら彩香しかいませんでした。
出直そうかと思ったのですが彩香から
「部屋でゲームでもして待ってて」
と言われ上がらされました。

「ゲーム楽しい?」
「ずっとやってるからさすがにちょっと飽きてきましたね〜」
「勉強はしないの?」
「やっぱりそろそろやらないとまずいですよね」
「そうそう。なんなら教えてあげようか〜」
「彩香さんは英語得意ですか」
「うん。大学で英文科行ってるくらいだからね」

そんな感じで会話が進み彩香の部屋で勉強することになりました。
最初は真面目に勉強をしていたのですが、だんだん彩香が「えらいえらい」と言ってきて頭を撫でてきたり、寄ってきたりしていつの間にか私のあそこは大きくなってしまいました。

「おっきくなっちゃってるよ」
いきなり言われたので恥ずかしくなって隠すようにしたのですが「隠さなくていいよ」と言って触ってきてくれました。

タイプでは無いといえ年上のお姉さんに興奮してしまい私は胸を触り始めました。
彩香は俺のズボンを脱がすといきなりフェラをしてきました。

初めてのフェラはかなりの衝撃を受けオナニーなどでは味わえないほどの快感を与えられました。
逆に俺は貪るように彩香の胸をしゃぶらせてもらい興奮は最高潮に。

彩香がパイずりしてあげると言って私のあそこを胸で挟んでくれたのですがちょっと胸を揺らした時です。
3回くらい胸を上下に揺らしたら我慢できずいってしまいました。

彩香から「もういっちゃったの?」と言われてしまいました。
しかし本番はそれからです。
彩香がいきなりパンツを脱いで来ました。

「隣で見てて」
そういうと彩香はオナニーを始めました。

「んっ……あんっ…最高…見られながらやるオナニー最高なの」
いきなり始まった彩香のオナニーに私はどうすればいいか全くわかりませんでした。

「やばっ中学生に見られて感じてるの……タカ君胸…舐めて……」
胸をちょっと舐めると彩香はびくんびくんしながら感じてしまいました。

「前からタカ君とこんなことしたかったの…もっと舐めて〜」
胸を舐めている間またあそこが大きくなってしまいました。

「タカ君も興奮してるの?入れたい?」
「入れたいです」
「いいよ…きて…」

なんと生で入れていいと言ってきたのです。
嬉しい半分心配半分で挿入しました。

すると、ムッチリした体と初めて挿入したマンコのあまりの気持ちよさに、先ほど一回行ったにもかかわらず1分もしないうちにいってしまいました。
彩香は欲求不満というかなんというか複雑な顔をしていました。

ギリギリで抜いたとは思うのですが量が少なかったのか間に合わなかったのか彩香の太ももにかかった精子の量が少なく焦りました。

いいタイミングというか悪いタイミングというかヒロが帰ってきたので強制的に彩香の部屋から出ることになりました。

その後彩香とエッチをすることはおろかまともに話すことも無くなりました。

しばらくは「できちゃったんだけど」と言われないかずっとビクビクしていましたが大丈夫だったようです。

でもオナニーする時は今でも彩香とエッチした時のことを想像してしまっています。

コメントを書く