【膣トレ】玉の輿に乗りたくてマンコを鍛えまくった女の末路・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】「膣トレ」をしまくった女の末路・・・

投稿者女性は小さい頃から「玉の輿」に乗りたかった。そして母親にそのためにはおマンコが決め手だと教わってきた。しかし高校の時に彼氏に「マンコが緩い」と振られてから、母親に言われて膣トレを開始するのだが・・・。

chitutore

素敵な殿方と結婚する、いわゆる「玉の輿に乗る」ために必要なものは何でしょうか?

料理を学んで男性の胃袋を掴むこと?
それとも、炊事洗濯を完璧にこなせるようになって旦那の留守を守れる妻になること?
私は、「玉の輿に乗る」ために一番大切なことを小学生の時の経験で学びました。

あれは、家族で晩御飯を食べていた時のことです。
たまたまテレビで「玉の輿に乗った女性の特集」を放送していました。

皆、庭付きの豪華な家に住んでいて高飛車に笑いながら夫のことを自慢していました。

私「お母さん、私もお金持ちと結婚したい!」
母「美結(私の名前です)、男性を魅了するのはココよ!」
母はそう言って下腹あたりをポンっと叩きました。
母「男性にとって女性のココが一番大切なのよね、あ・な・た」
父「ん、まぁ、そうだな・・・」

威厳のある父がいつもとは違い照れていたのがすごく気になりました。
なるほどぉ、お腹ってことは中身で勝負ってことなんだね♪
さすが、お母さん!若い時に沢山の男性から求愛されたって話していたもんね。

その日の夜、何か眠れなくて私は色々と考えました。
男性に好かれる女性ってどんな感じなのかなー、どうすればモテ系女性になれるかなーって。

気づけば夜中1時、朝起きれなくなるので寝る前にトイレに行ったのですが・・・。

母「ぁぁん、あなたー」
父「ぅっ、ぅっ!!!」

両親の寝室から変な声が聞こえてきました。
いつもとは違う両親の声がとても気になったので少し立ち聞きしました。

母「いやー、恥ずかしいわ」
父「もっと開いて見せろよ」

な、何なの?お母さんが嫌がっているのに・・・、お父さん何してるの!
私は怖くなってそのまま部屋に戻り布団に入りました。

・・・、トイレに行かなかったのが一番の原因ですが、恐怖が私を支配して布団から出れなくなってしまい、恥ずかしながら小学校3年生でお漏らししてしまいました。

朝になってお母さんが部屋に来ると、お漏らししたことについて怒られました。

母「3年生にもなって何してるの!」
私「だって、お父さんがお母さんをいじめてたから・・・、すごく怖かった」

母はいきなり顔色を変えて急に横を向きました。

母「な、何のことかしら?」
私「私がお母さんをいじめないでって、お父さんに言うから大丈夫だよ!」

私は居間に走っていき食事している父に叫びました。

私「夜中にお母さんをいじめないで!!!」

私の言葉を聞いて思いっきり咳き込む父。
母も私が叫んでいるのを聞いて目を見開いてました。

父「美結、あ、あのね違うんだよ」
母「私はいじめられてないわ、誤解よ美結」

その日はご飯も食べないで真っ直ぐ学校に行ったのですが、後で母から夜中の出来事を詳しく説明してもらい父にも謝りました。

私「お父さんとお母さん仲良しなんだねー」

両親はニコニコしながら私の話を聞いてました。

両親のセックス、母が膣を使って父を喜ばせていたこと。
これが私にとっての男性を悦ばせるバイブルになりました。
男性はセックスで女性を選ぶ、男性を喜ばすためには膣が大事。

 

高校生の時に初めての彼氏ができてロストバージンしました。
付き合い始めの頃はいつも私とセックスしてくれて、「美結のマンコすごく気持ちいいよ」と褒めてくれました。

身体のことを褒められるとすごく嬉しくなって、もっともっと彼が気持ち良くなれるように頑張りたいなって思ったんです。

私なりに「男性が喜ぶセックステク」や「男性の感じるポイント~性感の秘密~」など、セックス指南書?を読んで勉強しました。

しかし、彼から別れを告げられてしまいました。
私「別れたくない・・・」
彼「だって、美結のマンコゆるゆるだもんな。美月のほうがしまりいいもん」

美月は私の友達で、彼は私と付き合いながら美月にも手を出していました。
私のアソコは美月のアソコより劣る・・・。

この時は、心に大きな傷を受けてしまい登校拒否してしまいました。
約1週間学校に行かないでいると、母は私を心配してくれて私の話を詳しく聞いてくれました。

母「美結、素敵な殿方は未来の美結を待っているの。ここでくじけちゃダメ」
私「どうすればいいの?」

母は何度も口にするのをためらいましたが、ついに口を開いてくれました。

母「美結、膣トレって知ってる?女性のマンコはしっかりトレーニングすることで、健康にも美しくもなれるの。そして、男性のためにもなるのよ」
私「す、すごい!私、覚えたい!」

私は母から膣トレのやり方を詳しく聞いて、さらにヨガを習い始めました。

 

17歳からヨガを始めて、現在は24歳です。
膣トレとヨガを毎日欠かさず続けた結果、私の体は生まれ変わりました。

大学生の頃に街を歩いていると芸能事務所からスカウトされたんです。
この時は本当に嬉しくて、自分に自信を持つことができるようになりました。
さらに、大学生活では好みのタイプの男性と付き合ってたくさんセックスしました。

彼「美結のマンコって締め付けが凄い!」
私「あぁぁ、恥ずかしいわ、もっと言って」

膣トレを毎日続けた私のマンコは、男性を簡単に射精出せることができるようになっていました。
また、もう一つ特技を身につけることができました。
それは、セックスを完全に拒否することです。

膣の力が強くなると、自在に膣を動かせるようになります。
無理やり男性がマンコに挿入したとしても、膣の力でちんちんを押し出すことができるんです。

彼と喧嘩した時や気分が乗らない時にセックスを強要されると、私はちんちんを押し出して拒んでいます。
そのため、彼が私のことを大切にしてくれるようになったんですよね。

 

23歳の時、ついに某大手企業の会長の息子と付き合えました。
資産だけでも数十億はありそうな資産家で彼も社長として頭角を現していました。

完全に「玉の輿」と言える彼とお付き合いできたのも、全ては毎日ヨガと膣トレを続けたおかげです。
彼はあまりセックスが得意ではなく私と付き合うまでは自信が持てなかったらしいのですが、付き合ってからは獣のように私のマンコの中に挿入してピストン運動をしました。

彼「ぁぁぁ、美結ちゃん!」
私「もっと、もっとついてぇ」
彼「も、もうダメ、出る出る出る!!!」

彼が射精をする直後に膣でちんちんをしっかり固定して、彼がちんちんを抜くのを妨害して中出しを促します。

彼「ぁ・・・、どうしよう。中に出ちゃったかも・・・」
私「ちゃんと責任取って幸せにしてくださいね」

私は心の中で舌をペロって出しながら戸惑う女性を演出していました

とうとう私は彼の子供を妊娠しました。
ついに、夢の「玉の輿」に乗れる!!!

しかし、私が妊娠したことを彼が知ると突然態度が変わりました。

彼「肉奴隷は肉奴隷らしくセックスだけしていればいいんだよ!」
私「や、やめて!」

私は必死にお腹をかばったのですが、彼が何度も暴力をふるってきて・・・。
最終的に流産してしまいました。

 

現在は24歳、心のバランスが崩れて何度も精神的に病みましたが、初めて私の心の支えになる人を見つけました。

その人は私よりも一回り年上のお坊さんです。
彼と話をしていると安らぐことができて、私の心の拠り所をこの年で初めて見つけることができました。

彼「み、美結。いきそうじゃ!」
私「はい、出してください」

前回の失敗を繰り返さないためにも中出しをさせないようにしていたのですが、力で彼に抑えつけられて私は二度目の妊娠をしました。

今度こそ私は幸せになれるのでしょうか。
ヨガと膣トレを続けたおかげで男性を悦ばせる体になりましたが、結局「玉の輿」は達成できそうにありませんね。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
なんで24歳の一回り年上ってだけでいきなり爺さん口調になるんだ・・・。

コメントを書く