【悲報】エリート大学でヤリサーを作ろうと頑張った結果・・・・・・・・・・

【体験談】下心丸出しのサークル名だったが・・・

投稿者男性は地元でも有名なエリート大学に進学した。しかしこの大学は将来が約束されてるだけに入ってからの学生の進む道は二つに分かれる。目標に突き進むか、遊びまくるかだ。投稿者は前者だったが、その目標の内容が・・・。

takunomi

これはボクが大学1年生の頃の体験談です。

ボクは人文学系の地方大学に入学しました。
この大学は地元では1番と言われている大学で、卒業後も地元に残ればエリートの道が約束されていると噂が流れるほど、地元では優遇されていました。

そのため、この大学に入学をした人たちは目標を持って頑張る人もいれば、ほとんどが毎日を遊びに費やし自堕落な生活を送っていたんです。

では、ボクはどちらのタイプかというと・・・、えぇ、もちろん目標を持って頑張るタイプです。
とは言っても、その目標と言うのが「変態を集めて女性の体を弄ぼう」という不純なものでしたが(笑)

とりあえず、既存のサークルなどに加入してしまっては好きなことができないので、「フルーツ&スイーツ研究会」というのを作りました。

ボクが部長で変態仲間の柿本と佐原の3人でこのサークルは始まりました。
そして、毎日のように学食で近所のケーキ屋さんの商品を数点購入し、それを細かく切ってみんなに振舞いました。

その時に自分好みの女性には「ただいま入会料無料、サークルに遊びに来ませんか?」というパンフレットを配ったんです。

すると、入部希望者が一気に集まり全学年で20人ぐらいになりました。
男性4人女性16人の男性にとっては天国のようなサークルでした。

始めは部費で地元のスイーツ店のケーキ、またはアンテナショップで珍しいフルーツを食べて、それぞれ感想を話していました。

これだけでも十分に楽しかったんですが、本来の目標を達成していません。
そのため、いよいよサークル発足記念と言うタイトルで飲み会を開きました。

これに参加してくれのは合計10人。
まずは、柿本が甘くてアルコールが強い酒を提供してくれる居酒屋を探し、佐原は二次会会場を探した。

そして、飲み会当日。
アルコール度数が強くて甘い酒を女性に、ビールを男性に配り宴会が始まった。

お酒を一口飲んだ女性の中には、すぐにアルコールの強さに気づき飲むのをやめた人もいた。
しかし、いつも仲良く話している推定EカップのEちゃんは「おいしぃ~」と喜んで、3杯も飲んでくれた。

男性軍団も負けずにビールを飲んでいくと、なぜか競って酒を飲む女性たちが・・・。

アルコールが回ってくると、次第に座る体勢もゆるくなってパンチラを見せる女性たち。
男性軍団はそれを見ているだけでもかなりやばかったけれど、次第に一発ギャグ大会へ発展していった。

佐原「ぞうさん、ぱおーん」
柿本「ウニとフランクフルト」
・・・、何ともひどい一発ギャグだ。

でも、女性の中には受ける人がいて、「租チン!!!」とヤジを飛ばす女性まで洗われた。
佐原と柿本は、どちらが租チンと呼ばれたのかを気にし始めて二人とも(´・ω・`)ショボーン。

そして、いよいよボクの出番に!
ボク「餃子!!!」
竿を玉袋にしまって餃子の形にしてみました。

・・・、・・・・・。
はい、ボクがわるぅございましたぁ。

これで一発ギャグが終わりかと思ったら・・・、何と女性たちもやるというんだ。

Aちゃん「コマネチ!」
!???、スカートを穿いたAちゃんが勢いよくコマネチをするとは!!!
Bちゃん「うーん、子猫ーーー、にゃ~ん」
Cちゃん「えっと、歌を歌います」
Cちゃん・・・、カエレ。
Eちゃん「波乗り~」

おっぱいの谷間に瓶を挟んで、ぷるぷる~とかいってるし。
女性たちはかなり酔っぱらっているようだ。

そこで、ココはお開きにして二次会会場に移動することにした。
参加者は、女性3人男性2人。
佐原と柿本はさっきのショックで帰ると言い出したんだよね。

 

結局二次会はボクの家になり、適当にお酒とつまみ、そしてスイーツを買っていった。
部屋について再度乾杯したのだが、すでに女性二人はダウン状態。
あと一人ダウンすれば最高なんだけどね。

さらに、酒が進んでいくとボクとEちゃんだけが残り、他は完全にダウン。
Eちゃん「みんなー早いよぉ」
ボク「あはは、Eちゃんが強いんだよー」
すると、Eちゃんがいきなりダウンしている女性二人にキスをした。

Eちゃん「えへへー、チューしても起きないーーー」
ボク「Eちゃんってレズだったん???」
Eちゃん「私はおっきなちんちんが大好きでーす!」
ボク「そ、そうなんだ・・・」

Eちゃんってこんなに下品だったんだ・・・。
何となくしらけてしまい適当に話をしていると・・・。

Eちゃん「ボクくんってさぁ、どーてーでしょ?」
いきなり何を言うんだ?このエロ女。

ボク「ううん、違うよーー」
Eちゃん「こんなに無防備な女性がいっぱいいるのにー、ねぇ」
ボク「・・・」

完全に失敗した、人選をミスったぁーーー。
ボク「みんなもお疲れみたいなので、そろそろお開きにしようか」
Eちゃん「もう皆朝まで起きないよーーー、もーーーー」

そういってEちゃんは寝ている女性に悪戯を始めた。
Eちゃん「もぅ、AちゃんもBちゃんもえっちぃぃ」
いやいや、Eちゃんがイタズラしているだけだから。

ボク「Eちゃん、ダメだよ。まずいって」
Eちゃん「こらぁー、ボクくんも脱ぎなさい」
は、はい、もう知らないからな~。

EちゃんはAちゃんとBちゃんの服を脱がして、おっぱいやまんこを舐めたり指を入れたりした。
二人ともエッチな声で喘ぎ、たまに手で押しのけようとしていた。

でもEちゃんの攻めは激しくなり、どんどん部屋の中がエッチなニオイで満たされてくる。

Eちゃん「ボクくん、こっちに来なさい」
言われたとおりに彼女のそばに行くと、いきなり押し倒され勃起したものをパクッとくわえられた。

ボク「ぅっぅぅ」
彼女ってすごいテクニシャン、あまりにも気持ち良くてすぐにでも発射してしまいそう。
ボク「ぁぁぁ、もうダメ」
彼女の口の中に発射すると、思いっきりむせて精子を吐き出した。

Eちゃん「ひっどーい、なにしてんの」
ボク「ご、ごめん」
そういうと思いっきりちんちんをしごいてきて、またフル勃起させた。

Eちゃん「童貞を卒業させてあ・げ・る」
だから、ボクは童貞じゃないって。
Eちゃん「ぁぁぁ、童貞のくせにイイモノ持ってる」
Eちゃんに襲われてボクは1時間近くもセックスを楽しんだ。

Eちゃんに襲われてエッチを楽しんだだけならよかったんだけど、次の日になるとある問題が発覚。
それは、AちゃんとBちゃんが悲鳴を上げて寝ている僕を叩き起こしたんだ。

Aちゃん「部長!訴えますよ!」
Bちゃん「絶対に許せない」

なぜ、ボクがこんなことを言われているのか・・・。
それは、Eちゃんが二人を好きなだけ襲って衣服が乱れた状態にしていたからだ。

ボク「ち、ちがうよ、それはEちゃんが・・・」
Eちゃんはちゃんと衣服を着て幸せそうに寝ていた。
まずい・・・、どうしよう。

女性二人は何かを話し合い、その結果ボクは裸で土下座をした写メ、裸の写メなど恥ずかしい写真を撮られ、サークル内の権力を実質奪われた。

そして、大学を卒業するまでAちゃん、Bちゃん、そしてなぜかEちゃんにまで奴隷のような扱いを受けて生活をした。

バイトで稼いだお金を彼女たちに貢ぎ、24時間体制で好きな時に性欲処理をして、サークルの経費で彼女たちは好きなスイーツを食べまくった。

ある意味、女性たちの性欲処理をさせられたと言えば羨ましがられるかもしれないが、実際の内容を聞くと本当にひどい。

おしっこした後に拭かないで無理やり舐めさせられたり、ドリンクを何本も飲まされて徹夜で何回もやらされたり、おしっこを飲まされたり〇んこをした後にきれいに舐めさせられたり、もう完全な奴隷だ。

というより、なんでEちゃんまで一緒になっていたんだろうが。
もしかして、始めから仕組まれた罠だったのか。

今はもう彼女たちから逃げるように離れ解放されたが、どうしてもEちゃんがグルだったのか気になる。
まぁ、悪いことをしようとした罰が当たったのかもしれないね。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
うん、ご褒美としか・・・。

コメントを書く