美人でヤリマンの私が冴えない素人童貞の旦那と結婚した理由・・・・・・・・・・・・

【体験談】いざ真面目に恋愛しようとしたときには時すでに時遅し・・・

投稿者女性は中学で教師と関係を持ち、その後、数多くの年上の男性にセックスを教え込まれ、気が付けば30人近い男性と関係を持っていた。そして29歳の時、合コンに参加して自分が売れ残りの年増であることに気づき、同じようにぽつんとしていたさえない男性に声をかける・・・。

kyokon

41歳の主婦です。
結婚10年の夫は39歳、女性経験がほとんどない草食系でした。

自慢するようですが、若い頃モテた私は夫が30人目くらいの男性だと思います。
私は、中学の頃からやたらにモテ始め、他校の男子からも告白されていました。

でも、好きだったのは30代の体育教師で、中2と早めの初体験お相手はその体育教師でした。
私は、単身赴任中の体育教師にじっくりとセックスを教え込まれました。

大人のセックスを知った私は、高校になってからは同年代の男子は相手にせず、大学生と付き合っていました。

高校の3年間で大学生の彼氏3人(毎年彼氏が変わりました)のほか、5人の男性と浮気していました。
浮気相手のうち3人は乱交メンバーで、私が連れてくる女子高生を加えて6人でセックス大会をしていました。

大学生になったら、気に入った男性には手あたり次第に近づいて、彼女がいようがお構いなしにモーションかけて抱かれて、セックスも気に入れば略奪していました。

大学時代、15~6人の男性と関係したと思いますが、人数は多くても1人あたりとの回数は少なくて、1回でサヨナラもありました。

就職してもモテモテでしたが、ヤンチャは卒業して、真面目に恋愛と向き合いました。
それでも飽きっぽいのか、1人と2年は持たず、恋愛と破局を繰り返しているうちに20代後半になって、売れ残っていることに気付いたのです。

そして29歳の時に参加した合コンで最年長だった私はあまり相手にされないという屈辱を味わっていましたが、男性陣にも大人しくて一人で飲んでいる人がいたので私から声をかけたのです。
それが現在の夫です。

隣に座って話していると、とても良さそうな感じで、雰囲気や匂いが落ち着きを与えてくれました。
それ以降、イケメンでもないのに何故か気になる存在になって、私から連絡を入れて食事に誘いました。

何度か私から誘ってデートしていましたが、合コンから半年過ぎても全く口説いてこないので、
「ごめん・・・もしかして、誘ったの迷惑だった?それならハッキリ言って欲しいの。」
と言ったら、
「迷惑だなんて・・・俺、何でこんな綺麗に人に誘われているんだろうって、不思議に思っていたんですよ。そろそろ宗教か何かに勧誘されるのかな?なんて思ったりして・・・」
驚きました。

今まで、私から誘ったら、2回目からは向うから誘ってくるようになって、早い人だとその場で口説いてくることもあったので、あまりの純情さに可愛く感じました。

「私、合コンで意気投合したから、すっかりお付き合いできるものだと勘違いしちゃってた。そう言えば、私、年上だもんね・・・」

「お付き合いですか?え?そんなふうに思っててくれたんですか?俺、年上でもこんな美人とならお付き合いしたいです。俺、モテたことないから・・・」

それからは夫からも誘ってくるようになりましたが、その後1か月過ぎてもベッドへのお誘いは無いので、お泊り旅行に誘いました。

部屋に露天風呂がある旅館を奮発して、色仕掛けで迫りましたが、夫は前を隠してオドオドするばかりでした。

しびれを切らした私は、
「私が洗ってあげるね!」
と言って夫の手を除けると、そこにはかなり立派なモノがビクビク脈打っていました。

それまで30人近いモノを味わってきた私でしたが、その中でも最長の20㎝近いモノでした。
お風呂から上がってお口で咥えたら、太さではもっと太いモノを味わったような気がしましたが、長さは間違いなく最長不倒、アソコで味わったら今まで触れられたことのないゾーンをツンツンされて、夢見心地になりました。

夫は頼まなければクンニをせず、その腰使いは拙く、もしかして童貞?と思ってしまうほどでした。
夫のモノもまるで高校生みたいに生白く、女性経験の少なさがわかりましたが、射精までは遅漏気味に長持ちでした。

「もう少し、腰使いを研究してくれたら最高かな。入れてからの持ちこたえは合格ね。」
「俺・・・モテないから自分でするしかなくて・・・強くこすり過ぎると遅漏になるって風俗のお姉さんに言われたことがあるんですよ・・・コンドームのせいもあるのかなあ・・・」
恥ずかしげもなく言いました。

夫は、風俗での性体験はあったようでした。
かくして私は、新品同様の大きなお宝を見つけて、私好みの腰使いを教育して、夫を30本くらいのモノを試してきたアソコの虜にして結婚にこぎつけたのです。

夫のご両親い挨拶に行ったときは、2歳年上の三十路女に誑かされたと思われた(事実ですが・・・)らどうしようと緊張しましたが、夫の母親が、
「まあ・・・こんな綺麗な人だったの!年上だっていうからちょっと心配したけど、年上になんか見えないじゃないの、若々しい美人さんで・・・ちょっとお父さん、息子のお嫁さん見てデレデレしてるんじゃないわよ!ほんっとにもう!」
ホッと胸をなでおろすと共に、美人に産んでくれた両親に感謝しました。

結婚して10年、セックスは完全に私のペースですが、求められたときは生理でない限りは必ず応じています。
現在のペースは週4回くらいで、生理の時は私が手で出してあげています。

対面座位のような格好で、夫は私に扱かれているところを見ながら恥ずかしそうに腰をクネクネさせて感じています。

ビクビクと射精の前兆を感じたら、わざと力を抜いて焦らしてあげると、切なそうな顔で自分で腰を突き上げたりして、とても可愛いんです。

一番可愛いのは射精するときで、私にじっくり見られながら射精するのが恥ずかしいようで、顔を真っ赤にしながら、
「ああっ、あああっ・・・」
と言いながら精液を噴き出します。

私は、これからもっと夫を手懐けて、私好みのちょっとマゾっぽいセックスマシーンに仕上げていきたいと思います。

 

管理人たわ戯言(´・ω・`)
勝因は巨根でしたね。

コメントを書く