【制裁】彼女の浮気を知りながらそのまま結婚した男、その理由は・・・・・・・・・・・・・

【体験談】とんでもなく長い復讐劇が始まる・・・

投稿者男性は婚約中の彼女の浮気現場に遭遇してしまう。しかし彼女には何も言わずにその場を立ち去る。そして別れる事もなく結婚する。それは決して浮気を許したわけではなく、復讐のチャンスを伺っていたのだった・・・!

ntr

俺(R)と彼女(T)との出会いは大学時代のことでした。

大学2年の時に知り合い意気投合し、なんでも話せるよき友人から愛する恋人になるまでそれほど時間はかからなかった。

大学卒業後お互い地元の会社に就職ししばらく親元にいましたが、お互い将来結婚を考えていたので俺は家を出て一人暮らしをはじめ彼女とは半同棲状態でした。

「お互いを大事に出来る関係でいよう」
お互いそう言いながら、結婚に向けて努力する日々は 非常に充実したものでした。

彼女も仕事(営業)に慣れてきたころ、彼女は失敗を犯してしまいました。
俺も心配で色々アドバイスをしましたが、違う会社であるため 、なかなか気の利いたアドバイスも出来ず苦しむ彼女の為に慰めてあげることしか出来なかった。

彼女の失敗はそれほどたいしたものではなかったのですが、その挽回を一生懸命している彼女を見て俺は改めて彼女との結婚を真剣に考えていました。

上司のフォローのおかげもあって彼女のトラブルは無事解決し、彼女は上司の仕事振りに憧れを抱いていたようでした。

「Sさん(上司)は仕事も出来て、人間的にも素晴らしい
会社辞めようかと思ったけど、Sさんが引き止めてくれたから残ることにした」
彼女から具体的にSのことを聞いたのは、このときが初めてでした。

彼女との生活も2年を過ぎようとしている時、お互いの両親のプレッシャーもあり、俺からプロポーズし具体的に結婚へ向けて準備が始まりました。

時折彼女はSさんの仕事振りを褒め、「Sさんがいなければ自分の今はなかった」と言うようになって、俺はなんとなく不快感を感じながらも、そんなことで目くじら立てるような人間だと彼女に思われるの嫌なので「そうだね」と同意しながら話を聞いていました。

そのころ俺も会社の新規プロジェクト要員として抜擢され、忙しいながらも充実した日々を送り、本格的に彼女と同棲し始めた。

残業も超過気味の状態でしたが、彼女との結婚資金のこともあり
「取り合えず1年程頑張れば余裕が出来るから、そのころ結婚しよう」
と彼女に告げました。

そのときの彼女は嬉しい様な悲しいような複雑な表情を浮かべ「無理しないでRくんのペースで頑張って」と励ましてくれた。

このとき俺は純粋に彼女の優しさに少し感動し「絶対に成功させて見せる」と息巻いていました。
プロジェクトも佳境に入り始めると遠方への出張も多くなり、1ヶ月の内1週間ほど家を空ける日々が3ヶ月ほど続いていた。

「私のことは心配しないでいっといで」笑いながらいつも送り出してくれた彼女に少し罪悪感を感じつつ、「もう少しだから待ってて必ず幸せにする」と心の中で固く決心していました。

 

金曜から日曜までの出張予定だった時、会社で急な訃報が入り、午後からの予定だった出張を取りやめ午後6時頃喪服を取りに自宅へと帰ってきましたが、アパートの駐車場に見慣れない車が止まっていました。

「彼女の友達かな?」と思い取り合えず空いているスペースへ車を止め、部屋を見上げた時部屋には電気がついていて彼女ともう一人の影がぼんやりカーテン越しに見えました。

「今日はえらく早い帰りだな」と思いつつ急いで階段を上っているとき、なんとなく違和感を感じました。
なんか嫌な予感がしたアパートの2階にたどり着いたとき違和感の理由が分かった。

車だ、彼女の友人で黒のBMWに乗ってる奴なんか聞いたことない、すぐに車に引き返し車の中を覗いてみた明らかに男物スーツの上着と、鞄その他の痕跡で男の車だとすぐに分かった

すぐに引き返し玄関まで来たとき、新聞受けに耳を押し付け中の様子を伺った。
明らかに男の声がする。

しばらく立ち尽くしたまま呆然としてたが、気を取り直しもう一度耳を押し付けた。
扉の開く音と、寝室の扉につけてある鈴の音が聞こえた。

心臓はばくばくして、今にもはちきれそうだった
頭の中に「なぜだ」という疑問と、「間違いかも」という気持ちが錯綜していた。

取り合えず心を落ち着けそっと家へと入った。
「気づかれないか?」とどきどきしたが気づかれることもなく家へと入れた。

忍び足で寝室の前まで来ると中から声が聞こえていた、それほど防音性に優れていない扉から漏れ出す声に、心が締め付けられるように苦しくなってきたが、頭の中には「真相」を突き止めることしかなかった。

ゆっくり近づいてそっと耳を当てた。男の声が聞こえる。

「婚約者がいるのにこんなことしてていいのか?悪い奴だな」
と笑いながら言っている男の声。
「彼のことを言うのはよして下さい!本当に愛しているのはSさんだけ、彼とは結婚するだけよ。最近忙しくてセックスもしていないもの。誘われてもSさんの為に断るから安心して」
少し怒り気味で彼女が言った。

「断るなよ怪しまれるじゃないか、俺はお前の心があればそれでいいんだよ。俺はお前のすべてを幸せにはしてやれない、君も幸せになって欲しい。だから彼とも上手くやって欲しいんだ」
「そんな事いわないで、分かっているのでも今は私だけを愛して欲しい・・・」

お互いの愛のささやきが耳に入ってくる。
立っているのがやっとだった。
なんとなくもたれ掛かって最後に彼女の声が聞こえた。

「仕事も男としての魅力もあなたの方が上、愛してるのはあなた。彼は2番目よ、お願い愛してるといって」
彼女が切なそうに言っているのが聞こえた。

俺は気づかれないように出ていった。
ふと喪服のことを思い出し実家に帰り、喪服をきて通夜にでた。

故人を偲んで泣いている人もいた。
俺は全然面識がない人の通夜で、一人さめざめ泣いていた。

 

俺は彼女との結婚を取りやめなかった。
2番目の意地を見せてやりたかった。
ほとんど家にも帰らず、取り付かれたように仕事をした。

彼女からの電話には常に出ていた「心配ない」「もう少しだ」と自分でも驚くほど冷静に彼女に対応していた。

無事プロジェクトは成功し最後の頑張りが認められ、俺は新工場のそこそこ重要なポストにつくようになった。

その年彼女と無事結婚した。
新婚旅行にも行かず仕事に打ち込んだ。

彼女は寂しそうに「あなたの為だもの、私は我慢するわ。落ち着いたら旅行しましょうね」と明るく振舞っていた。

彼女は仕事を辞めて専業主婦になった。
俺は出来るだけ夫婦生活をするようにしていた。

でも確実にSとは続いていた。
証拠は写真、防犯ビデオ(妻に内緒で) 俺名義の電話の通話記録も取って置いた。

屈辱的な内容のものも全部残していた。
復讐なのか執着なのか分からなかったけど何回もそれを見てやるせない気持ちになっていた。

妻になった彼女は私の仕事には無関心だったが、確実に増えている収入については素直に喜んでいてSが家へくることも少なくなった。

それから1年ほど妻とSが切れていたのか分からなかったが、表面上は平穏な夫婦生活を送っていた。

妻からは「そろそろ子供が欲しいわね」と言われたが、まだすべてを吹っ切れていなかった俺は「もうしばらく待ってくれ」といい続けていた。

 

それからしばらく経ったある日、会社の取引先リストに妻の会社を見つけた。
よく考えれば彼女の会社は商社なんだから製造業のうちと取引があってもおかしくない。

購買担当に話を聞いてみると割りと最近の話のようだった。
「Sという人を知っているか?」と聞いてみると担当課長だと言うことらしい。

夜、妻に一度Sさんを紹介して欲しいとお願いしてみた。
妻は少し動揺し、もう連絡も取っていないからいきなり変だからと言ったが、

「別に仕事の話も込みなんだからおかしくないだろ、相手も担当課長なんだし、俺も直接関わってはいないけど何かと援護は出来る。昔お前が世話になったんだから、一度顔合わせするぐらいで何も変なことはない」

と半ば強引に連絡を取るように言いました。

妻はしぶしぶ「一度聞いてみる」とだけ言っていた。
当時Sは30代前半、俺と妻は27歳でした。

 

俺は決心していた、自分にも自信が出来ていたから。
今会ってもSには負けないと。

妻からの連絡で「Sさんも一度お会いしたいそうよ」と 電話越しでは妻の気持ちまでは分からなかったけど、俺は少し決心を新たにし「じゃさ、夜食事でもしながら話をしよう」そういう俺に「わかった」とだけ短い返事。

俺はその日定時で仕事を上がり、家に帰って証拠となる書類を確認し、妻と一緒にSと会いに近くのレストランへ向かった。

「復讐と意地」このとき俺を支えていたのはこれだけだと思う。
レストランに着く前には段々冷静になっていて、妻を横目で見ながら自分を大事に思ってくれる人を大事に出来ない人間なんだなとか後悔しているんだろうかとか、今妻はどう思っているんだろうかとか、俺はどうしたいんだろうか、妻を愛しているのだろうかとか色々頭を巡った。

 

レストランに着き実際Sを見て、初めて激しい嫉妬に襲われた。
机の下で握りこぶしを作りながら、必死に怒りを抑え、もうすぐだ、もうすぐ終わると念仏みたいに心の中で唱えていた。

食事が終わり妻とSが昔の話をしているのを聞いていたが、なんとなくよそよそしく、それが関係が終わったことを意味しているのか、俺がいるからなのかそのときは分からなかった。

「昔妻が仕事で失敗したとき助けて頂いたそうでありがとうございます」
心の中で反撃の狼煙が上がった、多分顔は紅潮していたと思う。

「いえ、上司としては当たり前のことですからお気になさらず」というSに
「いえいえこちらこそ、その後も公私ともどもお世話になっていたようで、わざわざ人の家に上がりこんでまで妻に指導していただいていたようですが、今でもなさってるんですか?」
あくまで冷静に言い放った。

妻とSは間抜けな顔で口をパクパクさせて、段々顔色が変わってきた。
「それじゃ我が家へ場所を移しましょうか」
もはや後には引けない 。

自分自身を励まし一人で家へと向かい、妻にはSと一緒に来いと伝えた。

 

先に家について証拠を確認しながらタバコを吸っていた
20分ほどしてから妻だけが家に入ってきた。

妻が何か言いかけたが先に
「あいつをここに呼べ、呼ばなければ即刻離婚だ」
「お願い話を聞いて」
「無理」
「お願い・・・」
「無理だな、離婚しかないか・・・何の証拠もなく言ってると思ったら大間違いだぞ」
「・・・・・」

妻は泣きながら俺に訴えたが俺は一切聞かなかった。

しばらくして妻はとうとうSに電話をかけた

「お願い今すぐ家へ来て・・・」
押し問答があったようだが
「あなた無関係じゃないのよ・・私だって・・・」
後半の会話は聞き取れなかったがSは観念して家へ来ることになった。

妻はひたすら泣いていた「ごめんなさい」と
Sが家に着いた頃には妻も少し落ち着いていた。

俺はSに
「長らく2番目の位置に居座らしていただきましたが、そろそろご迷惑かと思いますので退場させていただきたいと思います。」
あくまで冷静にそう言った。

妻もSも俺の冷たい態度に申し開きが出来る状態ではないことを悟っていた。
「あなたは2番目なんかじゃない私にとっては、一番大事な人なの・・・お願い話を聞いて」

妻に続きSが

「確かに過去には、そういう関係がありましたが、Tさんが結婚されてからは、会っていません。あなたにとっては許せないと思いますが、どうかTさんを許してあげてください。あなたが忙しく寂しかったのだと思います。彼女から誘われたとき、私も強く拒めばよかった。あなたには申し訳ないことをした。」

あくまで妻に責任を擦り付けるように言うSに心底嫌悪感を感じていた。
それを聞いた妻が目に涙をため、信じられないといった目つきでSを見ていた。

「そんな・・・・Sさんが誘ったのに・・・」妻はか細く言った。
俺はそれを聞きながら
「んなこたどうでもいい、同意の関係だろうが」と2人に言った。

しばらくの沈黙の後
「どうか会社と家族にだけは言わないでください、お願いします」とSがいきなり土下座した。
妻は信じられないものを見るようにSを見ていた。

緊迫した空気の中で俺は始めて知った日のことを話し始めた。

そしてSと妻に向かって言った。

「あなたたちにとっては、ただの恋愛のスパイスかもしれない。妻が言った俺が2番目という言葉には、それからの俺の人生を左右するほどの威力があった。 俺は悔しかった。俺はお前(S)には勝てないのか?俺に何が足りないのか考えた。

結局何が足りないのか分からなかったがひたすら仕事に打ち込んだ。 何もかもを捨てる覚悟で仕事をした、それで妻が離れても、それは仕方ないことだと思っていた。 仕事が軌道に乗り始め俺の中で何かが変わった。お前たちは俺が上に向かって生きていくための、ただの土台だ。

今だから言える俺はSに負けていると妻に思われようと、俺には俺を買ってくれる人がいる一緒に頑張った仲間がいる。はっきり言おうもうお前たちは俺の人生に必要ない」

言い切った後、俺は少し興奮していたと思う。
してやったりザマーミロってところだ。

妻に向かって俺は言った

「何か言うことはあるか?なければこれで話は終わりだ」

そしてSに向かって

「このことはあなたとの個人的な話なので会社同士の取引には影響が出ないようにします。ですが私としてもあなたが弊社の担当であることに人間的な疑問がありますので、一度私の上司と相談させていただいてから あなたを担当からはずして頂ける様にあなたの上司に事の次第を説明させていただきます。 もちろん奥様にも」

頭の中ではそこまで出来ないかもしれないなと思いながらSに言いました。

 

Sはしばらく黙った後
「俺はここまで来るのに、いろんな物を犠牲にしてきた。お前なんかに俺を潰す事は出来ない
お前は所詮2番目だ。もしお前が本気で俺を潰す気なら俺はお前をめちゃくちゃにしてやる
どんな手を使ってもだ、Tも俺の下で悶えながら言ってたぜお前より全然良いってな」
笑いながらSが言った。

「勝手にすればいい、お前の自己満足の勝利気分なんて俺には関係ない。妻も欲しけりゃくれてやる。お前を潰す気なんて別にない。俺にとってお前なんて取るに取らない人間だからな。俺はお前のやったことをしかるべき方法で伝えるべき人間だけに伝えるだけだ。それが気に入らないんならめちゃくちゃでも何でもすればいい。俺も俺を信頼してくれてる仲間や友人を傷つけるなら容赦はしない。今度法廷ででも会おうか?」

Sは顔を真っ赤にしながら「絶対にさせない、お前なんかに・・・お前なんかに・・・」とわなわな震えていた。

「さあ、用事はすんだな帰ってもらおうかSくん帰って対策でも練るんだな」とSを帰らせました。
Sは怒りに満ちた表情で「憶えてろ」とありがちな台詞をはいた。
俺は憶えてろって言うやついるんだなと思いながら扉を閉めた。

 

Sが帰った後、妻と2人きりでしばらくの沈黙の後妻が口を開いた。

「許せないよね・・・」
「どうかな・・」
「ちょっと聞いて欲しい」

俺はしばらく黙って、もう終わりかもなと思いながら
「分かった取り合えず聞こう」と言った。

「あの時は、確かにあなたよりSさんの方がいい男だと思ってた・・・ごめんなさい。 色々仕事もこなして大人の余裕があって魅力的に見えてた。結婚して1年経って、あなたの仕事振りや私に対する態度を見てると自分が情けなくなってきたの。私は自分では何も出来ないのになんで自分は選んでる気になってたんだろうって、あなたと本気で向き合う気になった。だからSさんにはっきり別れを告げたわ。私も勝手だと思うけどでもそうしたとたんSさんは、旦那にばれても良いのか?と私を脅すようになってきた。自業自得よね。 それからも関係を強要されたわ。でも自宅では出来ないといって月に1,2回ホテルに連れて行かれたわ。でも全然気持ちよくなんてなかった。そんな私に興味が失せたのかSからの誘いはなくなっていったの私は勝手に安堵した。もうこれであなただけになれると勝手に思ってた。本当は告白してしまいたかった。でもあなたに嫌われるのが怖かった。いつもいつかばれるんじゃないかと、びくびくしてた。 あなたに愛されなくなる日がいつか来るんじゃないかとあなたに抱かれているとき本当に気持ちも体も満たされてた。ずっと続きますようにと思ってた。Sさんのことも忘れたかった。本当にごめんなさい離婚は受け入れます、仕方がないよね」

と最後は泣きながら
「ごめんね、ごめんね・・・・」
と言っていた。

しばらく無言の雰囲気の中で妻の涙をすする音だけが聞こえていた。

 

俺は迷っていたここで同情しちゃいけないと言う気持ちもあった。
でも妻は本気で謝罪している気がしたんだ妻は十分後悔していると俺は思った。

さっきまでの冷たい気持ちから俺もなんだか憑き物が落ちたように一緒に泣いてしまった。
もう一回だけ、もう一回だけ信じてみようやっぱり妻が好きだ。

俺はやっぱりへたれなんだ一生懸命やっても変わらないんだなと心の中で思ってた。

「俺やっぱりお前が必要なのかも知れない。どんなに頑張って変わろうとしてもやっぱりSみたいな人間にはなれないんだ。女々しいかも知れないけど、俺はきっと今回のこと忘れられない、でもそれでもいいんならもう一度やり直してみよう」

「本当?本当にそう思ってる?私としても傷が広がるだけじゃない?本当にいいの?私なんかで本当にいいの?」
「ああ、俺みたいなヘタレでよければ」
「あなたでなければ私は駄目なの、ありがとう・・・・ラストチャンスだよね。あなたが要らないって思うまで私はあなたと一緒に生きて行きたい」

妻が俺に抱きついて、俺も妻を抱きしめました。
ふと寝室の扉を見ながらここからも卒業(引越し)だなと思っていた。

以上です御清聴ありがとうございました。

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
まぁ本当に復讐するためだけに結婚なんてできないわな・・・。

コメント

  1. 1. 名無しさん  

    Sに散々もてあそばれたマンコいるか?

コメントを書く