エロ系ライターだけど、本番NGのエロ系雑誌の撮影で挿入した結果・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性はライター。エロ系雑誌の撮影でカメラマンの都合がつかず、自分がモデルと直接絡んで撮影することに・・・。

今日は「ライターのHな役得」について。

風俗レポートの仕事以外にもエロ系雑誌社ではいろいろなエロ体験企画があります。
その中でも比較的楽で楽しいのが「ハメ撮りもの」。

「風さん今日はハメ撮り頼みたいんだけどいい?カメラマン急にスケジュール合わなくなってさ…」

困ったときはお互い様、むしろハメ撮りものなら内容によってはとても楽ですから。
ちなみにモデルさんの都合でハメ無しでタッチありでの撮影とのことです。

都内某所で待ち合わせるとプロダクションのマネージャー氏とともに女の子がやってきました。

「こんにちはぁ…よろしくお願いします!」

ちょっと緊張しているのか声のテンションがおかしいです。

「まだ慣れてないんで優しくしてやってください」

とはマネージャー氏。なんでもまだ2回目の撮影なんだとか。
軽く契約の確認をしたあと氏と別れて彼女とともに部屋を取ってあったシティホテルへ。

イスに腰掛け、途中のコンビニで買ったお茶を飲みながら彼女に撮影内容の説明をしました。

・擬似ハメ撮り企画であること

・こちらからのタッチはあること

・無理なことがあればすぐに伝えて欲しいこと

彼女は緊張のためか機械のようにコクコクと頷いていました。
「でも逆にその方が素人っぽくていいかも?」と思ってみたり。

説明を終え、彼女に質問があればと聞いてみると

「あの、これって、感じちゃっても大丈夫ですか?」

「え、あぁもちろん。目線入るけど表情はあった方が臨場感ありますので」

「私、感じやすいので……いきすぎたりしたら言ってください」

私はそれほど攻め好きというわけではないですが、感じやすいと女の子自ら告白してくれたわけです。
やる気を出さないわけにはいきません。

しかし……彼女本当に感じやすい体質のようで、

肩に触れただけでビクビク

乳首を触っただけでビクン

お腹を撫でればビクンビクン

とにかく体が跳ねまくりでぶれた画像ばかりが……

「ごめんなさい、これだけでもヤバイんです…」

可愛いですが仕事にならないというか、そのためか何度も長時間彼女を攻め続けることになりました。

そんなこんなで約1時間……

「あの……ちょっといいですかぁ……」

息を切らしながら彼女が言ってきました。
気がつけばもう1時間、ずっと攻められっぱなしで疲れてしまったのかな?

「あぁごめんなさい。ちょっと休憩しましょうか」

「そうじゃなくて……もう我慢できなくて……」

「ん?トイレ?長時間やっちゃったから…行ってきていいですよ」

「いえ、その、もうおちんちん欲しいんですけど……」

トロンとした目で訴えてくる彼女。

これはこれは役得……と言いたいところですがプロダクションとの契約では本番NG。
それは絶対の契約で、もし破ったことがバレればこちらのライター生命が危ないわけで。

「いやいやいや、本番はNGだったでしょ?ダメですよ」

「言わなければわからないじゃないですか、それにハメ撮りなんだし……」

そういうと彼女は私の上にまたがり愚息を生のまま…
さすがにそれはいけないと静止しようとすると

「もう我慢できないから…このままで…」

男というのはバカですからわかっていても快感には勝てません。
膣内のうねるヒダを感じると我を忘れて突き上げていました。

「撮られているといつもより感じる…!」

彼女はそういいながら騎乗位はもちろん正上位でもバックでも腰をウネウネ動かしてきます。
私はというと、せっかくなので仕事も忘れずハメ撮り続行。
もちろん“結合部分”は写さないように……。

AVモデルさんとこんないい思いできるなんてこの仕事してよかったなぁ~。

数日後

「この前のハメ撮り、風さん本当にハメてたでしょ?しかも生で」

ドキ!

「女の子が良かったら別にいいけど…それにしたって結合部撮っちゃダメだよぉ(笑)まぁさぁバレなきゃいいんだけどね!」

気をつけていたつもりでしたが、彼女がイった瞬間の跳ねでカメラ位置がズレ写ってしまったようです……。

その後特に何もありませんでしたが、数ヶ月は女の子がついポロッとマネージャー氏に言ってしまうのではと、違う意味でビクビクでした。

記者名:風太郎

コメントを書く