警察官の友人から聞いた盗撮の実態が怖すぎる・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者が警察関係の友人から聞いた盗撮の実態・・・。

体験談ではないけど、警察官になった友人と雑談話をしてたら、仕事は大変だけど盗撮事件の捜査が時々あって、その時に本物の盗撮映像を実際に目にするので内心楽しんでいたりすると聞いてうらやましいなと思った。

盗撮が記事になるのは教師とか公務員とか、不祥事のニュースとして世間の関心を引ける時だけで、盗撮の件数は報道されてるよりもずっと多いみたい。

普通の会社員やフリーター・ニートが犯人で報道されないケースがほとんどで、盗撮カメラだけ発見されて犯人の手掛かりなしってケースも結構あると言ってた。

盗撮で圧倒的に多いのが駅や店舗の階段やエスカレーターでの盗撮で、スマホで撮るケースのほか、鞄の中にビデオカメラを隠したり、靴の先端にカメラを仕込んだりで、見つからないよう巧妙にやってる常習犯も多いみたい。
スマホでスカートの中を撮った後に、撮った女性の顔を遠くから撮影していることもあるって。

警察が逮捕できてるのはほんの一部だそうで、ひとり犯人を逮捕すると過去に撮られた大量のデータが出てくるみたい。

若い女性の大半は気付かないうちにどこかでスカートの中を撮られたことがあるんじゃないかっていうくらい、盗撮はたくさん行われているだろうって言ってた。

スカート盗撮の次に多いのが女子トイレ盗撮で、これも報道されるのは教師や公務員が犯人の時だけで、普通の会社の女子トイレから盗撮カメラが見つかって社員を逮捕するケースとか結構あるって。

トイレの盗撮映像を確認すると、下着しか映らないスカート盗撮とは比較にならないくらい恥ずかしい映像が撮られてるって。

最近はカメラの撮影範囲が広範囲化してて、女性の全身が丸ごと撮影されていて、トイレに入ってから出るまでの一部始終が全部わかってしまう盗撮も多いらしい。

会社の女子トイレからカメラが見つかったっていう通報で呼ばれて、女子社員数人から事情聴取をしたことがあったらしいんだけど、カメラを押収して再生したら、さっき話を聞いた女子社員達がトイレに入って来て用を足して出ていくっていう場面が何度も出てきたそうで、普段は内心少し楽しみながら盗撮映像を見てるらしいけど、この時は彼女達があまりにも可哀想で、途中で目を背けたくなるくらいだったって。

それで犯人の男性社員を特定して逮捕したら、確認したのは別の警官らしいけど、自宅から会社の女子トイレが映された映像が大量に出て来たって。

友人いわく「あの会社は何カ月も前から女子トイレのプライバシーが崩壊した状態にあったね」とのこと。

こうやって犯人逮捕ができればまだいい方で、女子トイレの場合はカメラだけ発見されて犯人の特定に結びつかないケースもかなりあるみたい。

ペン型のカメラやライター型のカメラだったり、小さなカメラがトイレの天井に貼り付けられてたりするみたいで、そもそもカメラが発見されず毎日盗撮が続いてしまってる女子トイレも多いだろうって言ってた。

俺の彼女には、「外出する時はスカートをはかず、なるべくトイレを使わないようにさせた方がいい。彼女のバイト先の女子トイレも一通りカメラがないか確認した方がいい」と忠告を受けた。

コメントを書く