スイミングスクールでのエロすぎる思い出・・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は小学校時代に通っていたスイミングスクールでの出来事から様々なフェチを覚醒した。それは全てある一人の女の子が原因だったのだが・・・。

子供の頃の経験って、本当に将来の性癖まで左右することを痛感しています。

幼い頃、スイミングスクールに通っていました。

親の勧めで通っていたんですが、僕はある程度水泳に向いていたらしく、小三、小四あたりで高学年クラスに編入させられるほど上達していました。

まわりがひとまわりふたまわり大きい上級生の中で、幸いにしてワキアイアイとかわいがられていました。

その中にななかちゃんという女の子がいました。
当時小三だった自分より三つ上の小学六年生で、すごくお姉さんに見えていました。

実際に小学六年生の中でも成長が早い子で、ほかの六年生の女の子より頭ひとつくらい背が高かったです。
小学生なのに160cmくらいあったと思います。

何より可愛くて、大人びていて、ななかちゃんに構われると真っ赤になってしまっていました。
今考えると好きというか憧れていたんだと思います。

髪が長くて、長い髪を器用にキャップにまとめて泳いでいました。

そして、泳いだ後に送迎のバスで会うと、泳いでるときには隠れていた、濡れた長い髪がすごく綺麗で色気があって、隣に座ったときにすごくドキドキしていました。

さらに、ななかちゃんの水着は色あせるくらい使い込まれていて、しかも急に身長が伸びたみたいでサイズが合っていませんでした。

なので、プールに上がるときとかは、高確率でお尻に水着が食い込んでいて、かわいいお尻が見えていました。

同級生とかが近くにいるときは、ななかちゃんは警戒してプールの中で食い込みをなおしてプールサイドに上がるみたいですが、自分とは年齢差があるせいか、自分がななかちゃんの後にあがるときはまったく警戒することなく食い込んだままプールサイドに上がるので、至近距離で何度もななかちゃんのお尻を見ました。

ななかちゃんのお尻は、大人になった今でも目に焼きついています。

水着の形にくっきり日焼けしていて、右のお尻の真ん中あたりにちょっとアザがあります。
なので今でも「日焼けお尻フェチ」です。

ある時、足をプールサイドに引っ掛けるようにして上がっているななかちゃんを、すぐ後ろから見てしまいました。

元々サイズが合っていない水着は、無理な格好でななかちゃんのお股に食い込んで、ものすごいことになっていました。

お尻の部分はもう丸出し状態、さらに足を上げているのでアソコの部分にも水着が食い込んでいるのが丸見えでした。

しかも、ななかちゃんの成長が早いのは体だけじゃなくあそこの毛も同様だったようで、黒々としたものがはっきりと見えました。

その時は、
「ななかちゃん、チン毛はえてるんだ、なんかきたない……」
と思ったのですが、あとあと考えるとものすごく興奮する光景で。

きたないと思って思わず目を背けてしまった自分を殴りたくなります。

早熟な小六美少女のハミ毛なんてそうそう見れるものじゃないので、もっと目に焼き付けて、ずっと記憶に残しておけばよかったのに。

これだけではなく、ななかちゃんは自分の前ではものすごく無防備だったので、まだまだちょっとしたエッチな思い出はあります。

ある時、ななかちゃんと僕は、大会に向けて居残り練習をすることになりました。

自分は低学年の部では県のいいところまで進んで、ななかちゃんも高学年の部で勝ち進んでいたので、二人とコーチだけの練習です。

コーチは男のコーチで、自分みたいな愛想のない子供よりもかわいい小六の大人っぽいななかちゃんのような子のほうがいいのか、時々じゃれたりかわいがったりしていて、子供ながらに嫉妬した記憶があります。

その帰りに、もう送迎バスはないので、スイミングスクールの前でななかちゃんのお母さんのお迎えを待っていました。

しかし、ななかちゃんのお母さんはなかなか来ません、どんどん辺りが暗くなり、スイミングスクールは閉まってしまいました。

なんだかななかちゃんは落ち着きがなくてもじもじ。

「ごめん、ちょっとトイレ行って来るね、ここで待っててね」

ななかちゃんはスクールの隣にあったトイレに向かいました。
だけどすぐに戻ってきました。
ちょっと恥ずかしそうに。

なんだろうと思っていると、

「あの……ごめんね、ちょっと公園のトイレ怖くて……ついてきてくれないかな?」

大人っぽくてもやっぱり小学六年生、真っ暗な公園のトイレは怖いものだと思います。

ななかちゃんの頼みは断れるはずがなくて、ついていきました。

しかし、てっきりトイレの外で待ってて欲しいという意味だと思って入り口で立ち止まったのですが、

「ごめん……できれば中までついてきて欲しいんだけど……」

ななかちゃんはもう限界みたいでした。

恥ずかしさをおぼえつつも好きな子の頼みなのでついて行って、なんと、個室にまでななかちゃんは僕を連れ込みました。

子ども扱いされているというか、幼い子と一緒にお風呂に入るのにためらいがない、みたいな感覚だったと思います。

一方、自分のほうは、ななかちゃんのお尻とか見れるかもと思って、興奮しました。

でも、さすがにしてるところを見られるのは恥ずかしいと思ったんでしょう、
「目を閉じててもらってもいい……?」

ななかちゃんにそういわれました。
でも、目を閉じたらななかちゃんのお尻が見れません。

だから怖いから目を閉じられないよと言いました。

「じゃあ、ちょっとなら目を開けてていいよ」
と言ってくれて、僕は思い切り目を開けました。

ちなみに、公園の古いトイレですから、和式でした。

目の前で、ななかちゃんがしゃがみこんで、お尻を丸見えにしています。

すごい格好でした。
恥ずかしいのか、おしっこに集中して早く終わらせようとしてるのか、ななかちゃんが振り向く気配はありません。

ななかちゃんは水を流しながら、音が聞こえないようにしながら、しゃあああ、とおしっこをしていました。

アソコは見えませんが、お尻が揺れながら、きたない便器の中にななかちゃんのおしっこが放たれてる光景をじっくり見れました。

日焼け跡くっきりのお尻や、かわいい赤みがかったななかちゃんのお尻の穴、ちょっと大きめでしゃがみこんで強調されているお尻、便器の中に放たれるななかちゃんの黄色いおしっこ。

あの光景は一生忘れないでしょう。

ななかちゃんのせいで
「食い込み直しフェチ」「競泳水着フェチ」「ハミ毛フェチ」「おしっこフェチ」「日焼け跡フェチ」「お姉さんフェチ」
とか、いろんなフェチを植えつけられました。

今の自分の好みの女性は、あの頃見ていたななかちゃんそのものです。

コメントを書く