【愕然】婚約者の妹がセフレだった結果・・・・・・・・・・・・・

投稿者男性は婚約者がいた。そして出張先でだけ関係を持っていたセフレがいたのだが、このセフレが婚約者の妹だった。挨拶の場で顔を合わせる二人・・・。

婚約者の妹あさみ(27)がセフレでした。
しかも、出張先の居酒屋で出会って、酔った勢いでそのまま路上セックスした相手です。

出張する度、あさみとヤリまくっていたのですが、当時すでに婚約者のまり(30)と交際して結婚も決めていました。
まりから聞いていた妹は勉強家でもっと純粋で可愛い感じでしたので、全く気付きませんでした。

だって、居酒屋で酔っ払っておっぱいをただ見せしてくれて、クリトリスにピアスしてるんですよ?同一人物だとは思わないじゃないですか。

しかも、しかも。まりの妹「あさみ」と知らなかったので、セフレには結婚したことは内緒にして、これからも出張先でヤリまくろうと思っていた俺。

姉の結婚前挨拶ということでわざわざ実家に帰ってきたあさみ、案の定俺の顔見てかなり驚いていましたよ…そりゃそうだ…何回かこの子に付き合ってって告白されてたし…。

セフレとヤリまくっていたとバラされたら、絶対まりに殺されます。
浮気疑惑があった時に、ボコボコにされましたもん。疑惑なのに…。
タバコ吸ってくると、まり宅の裏庭に出て…

どうする?あさみに「バラすな」とでも脅すか?いや、脅されるのは俺の方だ。

なんて一人で考えていたら、あさみの方から
「酷い。結婚するんじゃん。嘘つき」と言われてしまいました。
イヤーーーーーーーーーーーーー!

「まりに聞こえるから、LINEでやりとりしよう。な?」
「何それ。」
「結婚するけど、セフレやめるとは言ってないじゃん?」
「えー?私、セフレだったの?」
「付き合ってないよね?」
「付き合ってると思ってたー」

何この子、やだ。
俺一言も付き合ってるとか好きとか言ったことないし、出張の時以外連絡したこともないのに。

「ねーしたくなっちゃったー」
「は?」
「ほら、マンコびちゃびちゃ」
「まりに殺されるよ!」
「私は妹だから、平気」
「俺はどうなってもいいのか!」
「…私、本気だったのに。遊ばれたって言いつけてやろうかな」

固まる俺を見て笑うあさみ。怖いです。女って怖いです。
勝手に俺のチャックを開けて、ふにゃふにゃチンコをしゃぶりだすあさみ…上手なんですよね、フェラ。

つい頭空っぽになっちゃって、そのままあさみの頭を抑えて腰を振りました。
あさみは嬉しそうにして、ヌルヌルにテカったマンコを広げてきたのですが、「さすがに、それはダメだよ」と言いました。

すでに一線は越えているものの、事実を知ってから越えるのとではまた違います。
…が、あさみ、全く話を聞かずに立ちバックの状態で挿入。
もうパンパンするしかありません。早くイって早く終わらせなければ。

「あーやっぱり気持ちぃー」
「声、我慢しろよ」
「奥やってくれたら、我慢する」
「嘘つけ」
「ほらほら、私の腰も止まらないよー」

「…(イきたい、中出ししたい)」
「お尻掴んでーいつもみたいに乱暴に犯してよー」
「…(あーもっと犯したい。ケツ叩きたい、けど音出ちゃう)」
「ぐちゅぐちゅオマンコ言ってるーえっちな音、聞こえる?」
「…(あーもうイく!イこう!早くまりのところへ戻らなきゃ)」

あさみのデカイケツからチンコを抜こうとした時でした。
あさみのやつ、そのデカイケツでぐっと押してきたんですよ!

「抜けないだろ!イくっ」
「中出ししてよーピル飲んでるぉ」
「いや…だ」

あさみは腰を動かし、今にもイきそうなチンポをぐねぐねいじりまくりました。
このまま中出ししてやりたい気持ちもありましたが、まりが怖い!

「もうダメだ!」

あさみを突き飛ばして、裏庭に思いっきり射精しちゃいました。

「あさみ、赤ちゃん欲しかったのにー」

!?ピル飲んでるなんて、やっぱり嘘だったんだ!怖っ!
あさみのパンツでチンポを綺麗にして、そのまま何も言わず一服してから、まりの待つ部屋に戻りました。

その後、あさみからLINEで
「中出ししてほしかったー」「私との関係終わりとかナシだからね」
とか色々来てしまったので、こいつのLINE通知を非通知設定にしたりして、まりにバレないかヒヤヒヤして大変でした。

今度、出張があります。
やっぱり、あさみとはもうセックスしない方がいいですよね?

 

管理人のたわ言(´・ω・`)
時すでに遅し。セックスしなけりゃ済む問題じゃないね・・・。

コメントを書く