【悲惨】19歳で母親(39)と共にレイプされた女の末路・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者女性は19歳の時に母親と他界した父が遺してくれた一軒家に二人暮らしだった。母親は昼と夜にスナックで働いていたのだが、そのスナックの嫌な客に付きまとわれていた。そして投稿者が彼氏と海へ行った帰り、一緒に家に帰ると・・・。

私が19歳の時の出来事。

39歳の母と二人暮らしでした。
母は昼働き、夜は週3日スナックで働いていました。

父は重い病気持ちで高校のとき他界していました。
まだ若く美人だった母でしたが男は居なかった。
父の事が好きで忘れられなかったようです。

当時、母の携帯に毎日電話する男がいた。
お店のお客で交際を迫られてると母が困っていた。
家には男からのプレゼントが沢山ありました。

母が言うには56歳で禿げて顔も好みじゃないと・・・
土建関係で身なりが汚く、同伴とかも恥かしいと・・・

母は父のような細身のイケ面が好きでした。
その男は全く違うタイプで、上客でも母は嫌っていました。

そして悪夢のような日・・・
私は交際してた彼と泊まりの海水浴から戻った。夕方4時頃。

私は彼に寄ってかない?と誘った。
母公認の彼でしたし、もう少し一緒に居たかった。


私の家は近所から離れてる一角にありました。
土地の形が悪く、値段がとても安く購入できたそうです。
小さいけど一軒屋。父の形見でもあります。

私と彼が玄関に入ると直ぐに異常に気がついた。
二階から母の声が聞こえてますが普通ではなかった。
明らかに母は誰かとセックスしてる。

「さくら(母の名)いいまんこしてるじゃねーか」
「嫌だって止めてよ、そこはあんたの物じゃないから」
廊下には母の服や下着が散乱。

コメントを書く