イケメンだけど短小・早漏の彼氏に満足できなくて彼氏の友人に・・・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者女性は短小で早漏の彼氏とのセックスに満足していなかった。そしてそんな彼氏の友人に投稿者を口説いてくる男がいた。失礼な物言いで嫌だったのだが、ある日、彼氏とのセックスの後にやってきたその友人に満足していないことを見透かされ、彼氏が出ていった隙に強引に迫られた投稿者は・・・。

私には付き合っている相手がいます。
彼はすごく優しくて、顔もよくて身長も高くて、周囲の子から羨ましがられるような彼です。
ただ、二つ困ったことがあって。
ひとつは彼の友達のE君が彼に内緒で私のこと口説いてくるのが、ちょっと困っています。

彼は私のことも友達のE君のことも大切にしていて、なんとなく口説かれてることを言えなくて。
その口説かれ方も嫌で、ショートカットが好きで、「いおりちゃん(私の名前です)って、本田翼に似てるよね。俺、そういう子と付き合いたいんだー、俺にしとかない?」とか、「いおりちゃんっておっぱい小さいのに、ケツでかいよね?」とか、めちゃくちゃな口説き方でした。

もうひとつの困ったことは、彼との身体の相性でした。
あんまり言いにくいんですが、サイズ的に小さくて、早くイきやすくて。
彼もそのことをコンプレックスに感じていて、丁寧に、優しく、私がイっちゃう直前まで前戯をしてくれて、その後イくタイミングがなるべく同じくらいになるようにしてくれます。
でも、イけなくて、、、。
結局、いつも彼とのエッチの時は、イく直前まで高められて、でもイけなくて、そのことを彼に言えなくて。

ある週の日曜、いつもみたいに彼とエッチな雰囲気になって、そういうことをしました。
でも、いつも通り前戯で高められてもイけなくて、演技して終わり。
彼は満足そうでしたが、私は……満足した演技でした。

そしてエッチが終わった直後、E君が不意打ちでやって来ました。
「あれ、いおりちゃんもいたんだ?」
家の中にあがってきたE君が、私を見ていました。

エッチの終わりということも気恥ずかしくなって、私は思わず目をそらしました。
その仕草で、気付かれました。
彼が見てないところで、ニヤニヤした視線を向けてきたり、さりげなくお尻にタッチしてきたり。
E君に口説かれてるのに彼に言ってない後ろめたさで、私は何もいえませんでした。

そんな時に、「ごめん、DVD返すの忘れてたから、ちょっと返してくる。いおりとEは家で待ってていいから」と言われて、E君を信頼してる彼は、私とE君を家に置いていきました。

もちろん、二人っきりの空間に居れるはずもなく、
「ちょっとコンビニ行って来るね」
といって、私は彼の部屋を出ようとしました。
でも、E君は玄関を塞ぐようにして私の前に立ちふさがります。

「待ってよ、いおりちゃん。俺が来るまでセックスしてたでしょ?」

「ううん、そうじゃないよ……」

「はいはい、ごまかさなくていいって。それよりさ、いおりちゃん、満足できてる? アイツのってめちゃくちゃ短小だから満足できないでしょ?」

そう言って、強引に壁に押し付けられて、服の上から胸を愛撫されました。
エッチの後でブラをしていなくて、シャツの下は裸でした。
しかも、彼とのエッチはいつもみたいに絶頂の前まで高められたけど、イかせてもらえなくて、、、。
そのせいで、嫌悪感とか忘れてて、E君が私の胸を揉むのに、抵抗しなくて……。

「やっぱりいおりちゃん、欲求不満なんだ? 抵抗しないもんね?」

E君は、Tシャツの下に手を入れて、直接揉んできました。
もうダメでした。
いつもいつも、イかせてもらえない私の身体は抵抗できなくて。
たくさんたくさん、おっぱい揉まれて。
程よく乱暴に、程よく丁寧におっぱいを揉まれて、頭が真っ白になって、喉がカラカラになって。

「アイツが帰ってくる前に、さっさとしちゃおっか?」

E君の言葉に、抵抗できませんでした。
浮気になるってわかってても、もう止められなくて。
ズボンを脱がされたら、恥ずかしくなるくらいにパンツはぐっしょり濡れていました。

足を開かされて、パンツをじっと見られたまま、
「俺も脱ぐからさ、そのまま、足開いたまま待っててよ」
命令されて、しかもその命令にドキドキしながら従っていました。

そして、E君が脱いだ後に出てきたのは、彼のとは比べ物にならないくらいの大きさでした。
思わずE君のをじっと見てて、それに気付いたE君は、「いおりちゃん、エロすぎw」と笑みを浮かべながら私の足首を掴んで、身体をひっくり返されるような恥ずかしいポーズを強要されたままパンツを脱がされて。
愛撫もせずにぐちょぐちょに濡れてる私の中に、乱暴に入ってきました。

その瞬間、頭が真っ白になりました。
入っただけで、イっちゃったみたいで、、、気付いたら体が痙攣してて。
「おいおい、これから本番なのに、こんなんで持つのかよ」
避妊してないのに、浮気なのに、もうすぐ彼が帰ってくるかもしれないのに。
でも、そんなの関係なくなっちゃうくらい気持ちいいセックスに、私は夢中になりました。

時間にすると、多分その出来事は20分くらいだったと思います。
E君とのエッチが終わって、身だしなみとかその場を整えて時計を見ると、30分少し経ってて。
それと同時に、彼が帰ってきました。

…………その日、こっそりE君から連絡が来ました。
「あいつとのエッチで満足できなかったときは、俺に連絡してよ」

もう彼を裏切りたくなかったから、私は連絡しないつもりでした。
でも、それから一ヶ月もしないうちに、彼とのエッチで満足できなくて、E君とのセックスを思い出した時……私は、連絡してしまいました。

コメントを書く