【驚愕】女だけど、ぶらさがり健康器で強制オナマシーン作って試した結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者女性は立ったまま動けない状態での強制オナニーに興味があり、そのためにぶら下がり健康気を購入。愛用のオルガスターバイブと手枷と足枷を使って強制オナニーマシンを創作。試してみた結果・・・。

拘束されて動けない状態での強制オナニーってのに興味があり、立った状態で拘束されるようにするためにぶら下がり健康器を買っちゃいました。

一人暮らしっていろいろ大胆なことに挑戦できるのがいいところです。

用意するのは、通販で買ったオルガスターというバイブ、皮製の手枷と足枷(それぞれフック付きです)、あと東急ハンズで買った2mくらいのアルミパイプと幅1cmくらいの太くて長いゴムです。

オルガスターは愛用のバイブでして、胴体で膣内をぶるぶると振動で責めながら、クリにもローターのように無数のイボイボの部分で強烈な振動を与えるような感じです。

電池についてはオキシライド電池を試してみたいとも思ったのですが、勇気がないのでアルカリ電池にします。

>>3みたいなものも一回試してみたいと思っていたんだけど、足を思いっきり広げて開脚で立った状態で拘束されて責められるってのを前からすごく試してみたかったのでまずはチャレンジです。
>>3はまた今度試してみます。

まず、外では恥ずかしくて絶対見せられないような紐ビキニに着替えます。
真っ赤なビキニなのですが布の面積がとても小さく、胸を全部隠すことができません。
この紐ビキニを着るだけでちょっと興奮してきます。

次に、2mのアルミパイプに、1m50cmくらいの間隔を空けて2本の太いゴムを2箇所に固く結び、
それぞれ10cmくらいに切ります。この2本のゴムの端にはそれぞれ皮製の足枷を結び付けます。
これで、開脚バーの出来上がりです。


あと、ぶら下がり健康器から、手枷のフックを引っ掛けるための紐を2本ぶら下げておきます。
この紐は、私がちょうど立ってバンザイ状態となったときに手がようやく届くくらいの高さにしておきます。

そして、ぶら下がり健康器の前には、等身大の大きさの鏡を用意しておきます。
これは、私が拘束されて責められているときに、自分の姿が見えるようにするためです。
鏡の前には、ハイレグの赤ビキニ姿の私が映っています。

ここまで準備して、両手の手首にそれぞれ皮の手枷をはめ込みます。
そして、オルガスターをビキニのパンツの中に入れてちょっと濡れつつある膣に挿入します。
とてもひんやりした感じです。

コメントを書く