ずっと好きだった美人過ぎる叔母に性の悩みを打ち明けた結果・・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は子供のころから綺麗な叔母が好きだった。大学生になった今も好きでたまらなかった。ある日、家に帰ると叔母が来ていた。いつものように声をかけてくる叔母。しかし投稿者は気持ちが抑えきれず、無視してしまう。その日、叔母は泊まると言うが、相変わらず無視しているとその夜・・・。

俺の叔母さんは美人過ぎます。

正確な歳は分からないけど、俺が小さい頃から「大人」だったから相当な熟女のはずです。

でも、いまだにキレイなんです。まったく歳を取らない感じです。

叔母さんは昔から俺を可愛がってくれました。
子守歌を歌ってくれたり、一緒にザリガニをつったり・・・柔らかくていい匂いのする手を繋ぐだけでどきどきした記憶が蘇ります。

作家の川上未映子という人を見た時には叔母さんかと思ったくらい似ています。
YUKIと川上を足して割らずに更に足して盛った感じです。

俺にとって叔母さんが初恋の人です。
初恋どころか、今も好きなんですけど・・・・。

叔母さんも人妻なんだと知った時の絶望感ったら・・・。
俺は本気で死のうと思ったほどでした。

叔母さんを思ってオナると罪悪感に苛まれるから、川上やYUKIをズリネタにしてセンズリしていました。

大学から帰り、家のドアを開けました。

ん!!!!!!!!!!!!!!

叔母さんの匂いがします!
叔母さんが家に遊びに来たみたいです。靴が並んでいました。

俺はワクワクします。

「叔母さん!」

「あ、やっちゃんだ!」

俺が声を掛けると、叔母さんも俺を呼んでくれました。
相変わらず超絶キレイです。

いい匂いがする・・・・。

めまいがします。

俺は叔母さんが大好きなんだと実感しました。

でも、叔母さんの左手の薬指には指輪が。
気が沈みます。

まだ別れないんだ。旦那さんとやってるのかな。色々なことが頭を過ぎって行きます。

「じゃあ、ごゆっくり」

俺は退散しました。

「えー。やっちゃん、一緒にお茶飲まないの?」

叔母さんは言います。

俺は敢えて無視しました。
だって、叔母さんを見ていると辛くなってしまいます。

部屋に戻ると、ドアに鍵をしました。

「叔母さん・・・」

俺はベッドに横になり、叔母さんのことを考えました。
叔母さんが旦那さん(見たことないけど)とセックスしている様子が浮かんできます。

頭を掻きむしっても、ベッドに打ち付けても、浮かんで来るのは叔母さんのセックスシーンでした。

俺が、やりたいのに・・・・・。

叔母さんと結婚したいよ・・・・・。

俺は二時間以上、そんな妄想にとらわれていました。
腹が減ったので部屋から出て、台所へ向かいました。

叔母さんがまだいました。

母ちゃんと談笑しています。女は話しが長いです。

「やっちゃん!今日は泊まるね。一緒にごはん食べようよ」

叔母さんが言いました。

俺は頷きました。

でも、「やっぱり部屋で食う」と、出来ていたスパゲティを運びました。

「なんでー。なんか冷たい!叔母ちゃん淋しい!」
と、叔母さんは言いました。

俺だって、もっと近づきたいよ。でも叔母さんは人妻なんだから。

俺にちょっかいかけるのも止めて欲しいよ。そんな風に笑うから辛いんだよ。

俺は部屋のドアを蹴飛ばしたり、殴ったりしました。

 

その晩です。

俺の部屋を、誰かがノックしました。

俺は眠りかけていたのですが、「はい?」と言いました。

「わたし」

「ん!?」

俺は飛び起きました。
叔母さんです。

俺はドアを開けました。
叔母さんが立っていました。

ネグリジェの大人バージョン・・・・みたいなのを着ているすっぴんの叔母さん・・・・。
昔よりキレイになっている、悔しいほどに・・・・。

「ちょっと、入っていい?」

と、叔母さんは聞きました。

男の部屋に入る意味を分かっているのか、いないのか・・・・。
それとも、叔母さんにとって俺は男じゃないのか。

俺はやきもきしながら、叔母さんを部屋に入れました。
隠さなきゃいけないものがあるような気もするけど、いいです。もう。

叔母さんはベッドに腰掛けました。

「やっちゃん、どう?」

と、聞きました。

俺は叔母さんの胸を見ました。
たぶん、Eカップくらいで絶対柔らかい感じです。

ブラはしていない・・・・・たぶん。

「悩んでる」

俺は言いました。

「なにを~?」

「あれ」

「あれって?」

「性欲」

「・・・・・んぉ!?」

叔母さんは俺を見つめました。
俺も、叔母さんを見つめます。

だって、本当なんだから。

黙っている叔母さんに、俺は

「叔母さんはやってる?」

と聞きました。

「・・・・なにを?」

「だから、セックス!カマトトぶるなよ、人妻なんだろ?やりまくった女のくせに!」

俺は言いました。

こんなにキツイこと言いたいんじゃないんだけど・・・・叔母さんが交わしてくる感じが腹立たしくて。

「セックスしてないなー」

叔母さんは笑いました。

俺は「ほんとに?」と聞きます。

「ほんと」

「したい?」

「もう引退よ」

叔母さんはまた笑いました。
白くてキレイな肌、柔らかそうな肉体・・・引退なわけがないです。

「叔母さんはまだキレイだし、需要あるよ」

俺は言いました。

「いーの、いーの、からかうのやめて!」

叔母さんは顔の前で手をパタパタさせました。

「からかってないよ・・・・俺はマジだよ」

「やーめーて」

「叔母さん!」

「やっちゃん。叔母ちゃんをからかうのやめて」

「からかってないよ。抱きたい」

「ないない」

「なくない!部屋に来たんだから、このままは帰せないよ」

俺は叔母さんにキスしました。

叔母さんは抵抗しましたが、そんなのは無視です。
もう止まりません。

胸に手を当てました。
や、や、や、や、やわらかい~~~

最高です。揉みしだきました。

叔母さんは「わ、わかった。お口でするから、それで我慢して」と言いました。

そして、自らリードしてくれました。
可愛い叔母さん・・・・。そしてエロい叔母さん。

舌を使ったり、唾液を使ったりしてしゃぶってくれました。

俺は叔母さんの口の中でイッてしまいました。

なんか、誤魔化された気がしました。

もちろん、フェラは嬉しかったけど叔母さんの身体に入れたかったです。
でも、フェラしたんだから今度はもっと色んなことをしてくれるに違いありません。

叔母さんは夜のうちに帰ってしまいました。

その後、家に来ないので近いうち俺が叔母さんを訪ねて行きます。
叔母さんは俺をたぶらかし続けたんだから、責任は取り続けて貰います!

旦那とは別れて貰います!絶対に!

コメントを書く