【愕然】ヤクザに性器をちょん切られた大学時代の友人の末路・・・・・・・・・・・・・

投稿者は大学時代、友人と二人でやんちゃをしていた。その友人は特に女癖が悪かった。そんな友人を5年ぶりにたまたま入ったコンビニで見かけた。その変わりように愕然とした。それは大学時代に起きたある事件がきっかけだった・・・。

こないだの日曜に遠くの街に遊びに行ったときに、たまたま寄ったコンビニで、大学時代の遊び友達に偶然再会した。

ほぼ5年ぶりに会ったが、あまりの変貌ぶりにびっくりした。
最初は、全く気付かなかった。あのケンジがこうも変わるとは・・。

こないだの日曜に会ったケンジは髪型もさえないボサボサ頭になり、名札の曲がったよれよれの制服を来て、もう一人の店員に細かくダメ出しをされながら、モソモソと仕事をしていた。
人を卑屈に上目使いで見るようになっていた。
ケンジが俺に気づいたかどうかは分からない。

俺は元々やんちゃしてて、やんちゃ仲間のケンジも同じ高校、同じ大学(どちらも誰でも入れるようなバカ学校だけど・・・)に通っていた。

その頃のケンジは、いわゆるイケメンで、ガタイもでかく、180センチ以上あった。
サーフィンやスノボが得意で、色黒く日焼けし、頭は金髪のモヒカンで決めていた。
俺もケンジもいわゆるちゃら男だった。

当時は俺も女好きでいろんな女を食いまくっていた。
面白いように、いろんな女とエッチすることができた。

ただ、ケンジには変な性癖があった。
彼氏がいる女や人妻にしか興味がなかったのだ。

彼氏のいる女をむりやり飲みに連れて行って、そのあとホテルに連れ込むというのがケンジの手口だった。

それでも、その場限りの遊びだったら、女にとってもすぐ忘れてしまえるような小さな思い出になったかもしれない。
だけど、ケンジの始末に悪い点は、彼氏のいる女をガンガン抱いて、自分好みの性奴隷に仕立て上げてしまってから、ボロ雑巾のように捨ててしまうことだった。

俺も当時はいいかげんな人間だったが、その点は好きになれなかった。
ケンジから何人、そういう洗脳された女を紹介されたことか(もちろん、即座に断ったが)。

 

ある日の晩、いつものように繁華街でケンジと一緒にナンパする女を物色していると、突然5人くらいの屈強な男たちに囲まれた。
一見してヤクザ者であった。

「なんだよう、てえーら」
ケンジはいつものようにすごんで見せたが、普通の男にはケンジの威嚇は通じても、ヤクザには全く通じなかった。

ヤクザはにやりと笑うと、ケンジと俺に殴りかかってきた。
倒れたところに蹴りもいれられる。
俺もケンジも喧嘩は相当強いほうだと思っていたが、ほとんど抵抗できずにぼこぼこにされたのは初めてであった。

「おめーら、ちょっと乗れや」
俺とケンジは車に乗せられて、人影のない倉庫のようなところに連れ込まれた。

コメントを書く