埼京線で毎朝集団痴漢されてます・・・・・・

投稿者女性は埼京線で出勤するOL(28)。毎日痴漢に遭って困っていた。しかも日がたつにつれ人数も増えて集団で痴漢されるように。エスカレートする痴漢たちの行動はとどまることを知らずついにはアナルまで…。しかし終わりは突然やってきたのだった・・・。

28歳のOLです。毎日埼玉から東京に通勤しているんですが、毎日、痴漢に会って困っていました。

痴漢されだしたのは、一年位前で。その頃は、軽くお尻に触られる程度だったので、腰を引いたりとか位で、ほっておいたのです。

いつも同じ人で、50位の小太りで、頭の前の白髪が印象的で覚えてしまいました。

一カ月くらいすると、前のほうも触りだしてきて、なぜか赤羽を過ぎるとスカートをまくりだして、下着の上から触りだしていました。

手を払ってもしつこくて、恥ずかしくて声を出せないことをいいことに、下着の中まで手を突っ込んできて。嫌がって腰を動かすと、その人の股間にお尻があたって、こすれるみたいで、だんだんと硬くなってくるのが分かるんです。

それが気持ち悪くてじっとしているのでますますいたずらをするようになってきました。

そうすると、ほかのお客さんの何人かが気が付いて、同じように触りだしたんです。
半年も経つと、5,6人に囲まれて、お尻と胸と前の方とかを同時にまさぐられるようになっていました。


とても恥ずかしかったのに、体が反応してしまって、何日も経つと、みんなに私の弱いところを覚えられてしまい、いつも胸とあそこの敏感なところを重点的に攻められて。

私、声を出さないようにするのが精一杯で、手を振り払おうにも、私の二つの手で、十以上の手を押さえるのは到底無理でした。

コメントを書く