【マジキチ】小学生の時の共同浴場での性教育がヤバすぎた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投稿者が通っていた小学校は全校で20人くらいの小さな小学校だった。屋外授業の帰りによく男女一緒に公営浴場に入っていたらしい。そんなときに行われていた性教育が今思えば危なかった・・・。

かなり昔の話。

俺の通っていた小学校は全校生徒合わせて20人くらいだった。
低学年、中学年、高学年の2学年ずつ3クラス。
田舎なので小さい頃からみんな顔見知りで仲が良かった。

自然観察や野外授業などは毎週のように行われていた。
学校の近くに村営の共同浴場(温泉)があってクラス単位で小さな遠足の帰りなどに入ることがあった。

混浴ではなくいちおう男女別だが、低学年の時は引率の先生が男性なら男湯、女性なら女湯に全員で入った。
みんなとお風呂するのがとても楽しかった。

3年の中学年になっても同じだった。
恥ずかしがるような子は一人もいなかった。

中学年の3年か4年のときだった。
いつものようにワイワイ入浴していたら女の先生が男女で向かい合わせに座るように言った。

男子と女子の違いをきちんと見るように、みたいな感じで普段の授業の口調だったのでみんな静かになった。

お互い体育座りのような格好で向き合った。
それまで俺は性を意識したことがなかったので、正面からまともに女子の割れ目を見てドキドキした。

先生は、男子も女子も大事なところだから大切にして、お互い触ったりしてはいけない、みたいなことを言った。

以前に浴場でふざけてエッチとか言ったりすることがあって、それは本気ではなくて、そう言ってはしゃいでいるだけだったけど。

それを見ていた先生は、あえて意識をさせて、真面目に諭したのだろう。
軽い性教育の目的もあったかも知れない。

コメントを書く