公園で野ションしてるJCを発見→興奮が止まらなくなった結果・・・・・・・・・・・・・

投稿者が高校生の頃、夕方の公園でサッカーの練習をしていると、一人の少女が小走りに公園に入ってきた。直感で何かあると感じた投稿者が少女が入っていった掃除用具入れの小屋の後ろに行ってみると、予想通りだが衝撃的な光景を目にする・・・。

10数年前の話になります。

当時僕は高三(早生まれなので17才)でした。

夕方4時頃だったと思います。
ある公園で1人でサッカーの練習をしていると、1人の制服姿の中●生が小走りで公園に入ってきて、道の出来ていない草むらの中にザクザク入っていき、既に使われていなかった掃除用具入れの小屋の後ろに隠れたのを目撃しました。

直感で【野ションか!?】と思った僕は、ダッシュで女の子の元へいくと、やはりションベンをしていました。

初めて目撃した女の子のションベン姿、しかも相手は中●生、制服のスカートを捲り上げていたので白いお尻も丸見えで、その姿を見た時に何とも言えぬ興奮を覚え、コッソリと後ろから眺めていました。

痛いくらいに膨張したペニスで短パンはテント張りパンツの中で膨張と共に亀頭も剥けてヒリヒリするくたいでした。

ションベンが終わったようで立ち上がって白いパンツを上げ(アソコを拭いてませんでした)、女の子がこっちを向いた時にやっと僕の存在に気付き、【ビクッッ】と反応したあと固まっていました。


この時に初めて顔を見ましたが、黒ぶちの眼鏡をかけてお世辞にもセンスのいいめがねではなかったけどメガネを取れば美人だと解る女の子でした。

僕は、「ごめん、オレも立ちションしようかと思って来たら・・」と嘘を付くと、この子は俯いていました。

そして「オレも立ちションするとこ見せるから許して」と言っても特に反応はなかった。

さらに女の子に近づき、再度「オレだけ見ちゃって悪いからオレも見せるね」と言ってズボンを脱いでチンコを出すと、「えっっ・・・」と初めて声を出しましたが、出した瞬間から思いっきり僕のチンコを見ていました。

(僕は短パンとパンツを下ろすと赤くパンパンになった亀頭が上を向いて飛び出した)

コメントを書く