【驚愕】娘(小6)が妊娠7か月と判明→その相手がまさかの・・・・・・・・・・・・・

投稿者女性の娘(小6)が最近元気がない。いつも何でも話してくれていたのにきいても「なんでもない」という。この年頃の女の子は微妙な成長期なので、慎重に見守っていたのだが、ある日、意を決して久しぶりに一緒にお風呂に入ることに・・・。

6年生の11月も終わりを迎えた頃、今まで凄く元気で明るかった真里恵が急に元気がなくなり食事もあまり喉を通らなくなるほど何か落ち込んでいるのが見て取れました。

私も(真里恵の母)心配し、それとなく聞いてみるのですが「どうもしない」の一点張りで答えてくれようとはしません。

この年頃の娘は、少女から女性としての肉体の変化によるホルモンのバランスの崩れや学業、性の悩みなどによる精神の不安定など色々な問題を抱える少女がいるので、私もそれとなく真里恵の身の回りの変化(態度や身に纏っている衣類の変化の有無、ナプキンの消耗度、下着に付着している分泌物の有無(プライバシー侵害ですね!))を探っていました。

しかし、これと言って大きな変化はなく、強いて言えば最近ナプキンの減りが減少している位でした。(小学4年生から生理が始まった真里恵のナプキンは私が買いに行っています)

それも、真里恵がナプキンからタンポンに代えた可能性があるので確実にナプキンの使用量が減ったとは言えないのですが。

私は以前みたいに何でも話してくれる真里恵に戻ってほしく、恥ずかしがると思いつつも真里恵が入浴したのを見計らって後からお風呂へ入る事にしました。


約1年振りのことでした。

急に私が入ってきたので真里恵はビックリした様子。

真里恵は湯船に浸かっていたので、私が先に体を洗う事にしました。
真里恵は私の体を見て
『お母さんの体いつ見ても綺麗だね!私もお母さんみたいにいつまでも綺麗でいたいな!』
と言ったので私は
『真里恵は母さんよりずっと綺麗よ!』
と答えました。

コメントを書く