【悲惨】高校から付き合ってる自慢の彼女と一緒にイベントサークルに入った結果・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は大学生。高校から付き合ってる自慢の彼女には劣等感を抱きつつも、そんな彼女と付き合えたことに幸せを感じていた。彼女とは同じ大学で同じサークルに入った投稿者だったが、ノリが合わずに投稿者だけが行かなくなった。しかしそのサークルにはとんでもないチャラ男がいた・・・。

結論、僕の彼女が寝取られた。
大学でも有名なヤリチンDQN同級生に……

僕が彼女と付き合い始めたのは高校時代。ント
正直、彼女は僕にはもったいないぐらいの存在で、容姿は本〇翼ちゃんに似ていた。

一方、僕はというと、これといってとりえもない、何もかも中の下レベルの男で、傍から見ても彼女とつり合いが取れているとは言えないレベルの男だった。

正直何故、僕なんかと付き合ってくれたのかはわからないが、彼女は僕の優しさと、一直線な真面目さに引かれたと言ってくれていた…..。

彼女が、その容姿と明るさから、他の多くの男に人気があったことから考えても本当に、この交際は奇跡だった。

僕的には3年間同じ部活に属していたことが、一番大きかったと思っている。


そして本当に彼女はよくできた女の子で関係も順調だった。
彼女のはじめてを、もらえた時にはもう死んでもいいとさえ思えた。

お互い、性にはあまり積極的ではなかったことから、あまりそういう行為は多くはなかったけれども、本当に心からお互いに通じ合っていた。

その証拠に、大学も二人で話し合って同じところに進学することになった。
僕は、正直彼女よりも頭が大分と良くなかったが彼女が絶対に僕とは離れたくないと、全力で勉強をサポートしてくれた。
その結果、無事に二人で目指していた大学に合格でき、本当に涙が出るほどうれしかった。

だから、この当時は、彼女が他の男の女になることなんて想像もしなかった…..。

 

悪夢の始まりは、入学後、とあるサークルに入ったことから始まった。
そのサークルは、よくある季節のスポーツをワイワイ楽しむ様なサークルで、飲み会の多いことで有名な、大学生、大学生したサークルだった。

正直、僕が最も苦手とするノリのサークルではあったが、彼女が新しくできた友達に誘われて、そのサークルに加入したいらしく、元々、同じサークルに入ろうと二人で決めていた件もあったので僕も、結果として渋々そのサークルに参加することになった。

そして、そこで僕の彼女を寝取った最悪の男 ケンジと出会うことになる。

このケンジという男は本当に厄介な男で、イケメンで色黒の、絵に書いたようなチャラ男DQNで、入学後、数週間ですでに多くの女と関係を持っていた。

この男と初めて絡んだのは新歓コンパで、彼女が自己紹介で、僕が彼氏だと紹介してくれた時に、「不釣り合いだー」「何の弱み握ったんだよー」などといきなり罵倒してきたことを覚えている。

ケンジは本当にクズなやつで、可愛い女、もしくは自分と同等か、それ以上の権力をもった人間以外にはゴミの様な扱いをする奴だった。

そして、僕もそのゴミの様な扱いを受ける一人だった。
また、サークルのノリ的にケンジほどでないにしてもチャラい奴らは大勢いてしだいに僕はそのノリについていけなくなりサークルにあまりでなくなっていった。

それでも彼女との関係は良好で、大学にいるときも基本は彼女といつも一緒だった。

彼女も僕がサークルに出なくなったことに気を気にして、一緒に辞めようかと提案してくれたが、すでに彼女に、サークル内に多くの友達がいることは知っていたし、そういうことを考えるとうん辞めようとは情けないし、言えなかった。

それに、さすがに彼氏がいるとわかっている女に手を出すような男はいないだろう、たとえケンジの様な奴であっても彼氏持ちには手をださないだろうと思い、彼女にはそのままサークルを楽しんでもらっていた。

 

しかしそれが大きな間違いだった。

僕がサークルに完全に顔をださなくなって数か月後のある日の夜、ケンジの取り巻きの女の一人から、いきなりlineに一通の動画が送られてきた。

意味がわからず、とりあえず再生ボタンを押すと、そこには割り箸をもったケンジと、僕の彼女であるサヤが向かい合う姿がおさめられていた。

そして、周りからの「キース、キース」という大勢の声がうるさく聞こえ一瞬で王様ゲームをしていることに気がついた。

その時点で、僕の頭はすでに混乱していたが、僕にはどうすることもできない。
目の前の動画には今にも泣きそうなサヤが映っている。
サヤも逃げ出そうと思えば逃げ出せるはずだが、周りの奴らがそれを許さない環境を大勢でつくりだしている。

そしてそうこう考えているとケンジがサヤの顎を片手でクイッと持ち上げ、次の瞬間
「ちゅッ♥」という音とともにケンジと、僕の彼女サヤの唇が重なった。

そして、すぐにお互いの唇は離れたが、ケンジはそれでは終わらせない

すぐさま、サヤの顔を両手で抑えてまた、キス。
しかも次はケンジがサヤの口に舌を滑り込ませた、僕とはしたこともないような濃厚なキス。

サヤも抵抗をしようとするが男の力にはかなわない

周りからは「ヒューヒュー」「エロいぞー」などの歓声

僕はその動画を見ながらさらに混乱が高まる。

しかし、そうこうしているうちに、僕は嫌がっていたサヤの表情に変化が表れていることに気がついた。
明らかにサヤの頬が火照り、目がとろーんとしてきているのだ。

動画の中では、ケンジとサヤのキスが3分ほど続いており、もはや諦めたのだろうか、抵抗の素振りはなく、完全にケンジと見つめあい、そのキスを受け入れているサヤがそこにはいる。

そのキスは、もはや他から見れば恋人同士する濃厚なキスへと進化していたのだ。

もはやケンジのキスのテクニックで何も考えることができなくされているのだろう
サヤは完全にメスの顔をしてしまっていた。
「ちゅッ♥っちゅ♥ちゅっ♥~」と聞きたくもない淫靡な音がスマートフォンから漏れてくる。

そして、さらに、サヤ自信はその快楽から気がついてもいないのだろう
ケンジの右手はサヤの服の中に伸びていき、ブラジャーをいとも簡単に取り外し
生でサヤのきれいな乳房をわがもの顔で揉みしだいている。

服の中で揉んでいるため外からは見えないが、その手の動きからいかにケンジが女性の乳房の扱いになれているかが良く分かる。

その手の動きに合わせて
「あっ…ん…あっ..あああ♥♥♥!!」とサヤの嬌声も鳴り響く

周りのサークルの男女の歓声もさらに高まり、中にはその光景をスマホにおさめたりオナニーをしている奴らまでいた。
僕という彼氏がサヤにいることを知っていて皆どういうつもりなのだろうか。

そしてしばらくし、ケンジとサヤの唇が唾液に糸を垂らしながら離れ、長いキスが終わると、あろうことか、ケンジから信じられない言葉が発せられた

「今日から、おまえは俺の女だ」と。

僕は信じられずもう一度聞き直すが、やはり、ケンジの口からでた言葉は
「今日から、おまえは俺の女だ」だった。

周りからの「ヒューヒュー」という大きな歓声がまたもやスマホ越しに聞こえる。

サヤはキスが解除され正気に戻ったが、まだ現状を読み込めていないのだろう、「いやっ」と青ざめた顔をしてケンジをつき放す。

が、サヤはすぐさま、ケンジにまた唇を奪われ、
「チュッ♥っちゅ♥ちゅっ♥~」と二人がキスをしている場面を最後に動画が終わった。

心な しか二回目のキスでは、もはやサヤはあまり抵抗しておらず、すぐにケンジの舌を受け入れてしまった印象をもった。
本人はそのつもりはないであろうが快楽を 求める人間の本能なのであろうか。

僕は怒り以前に、何が起こっているのか頭が整理できずに真っ白になっている。
サヤに電話をかけてもつながりもしない。

すると動画を送ってきたケンジの取り巻きの女からまた、lineが送られてきた。
そしてやりとりをするうちに色んなことがわかってきた。

僕がサークルに顔をださなくなってから、ケンジがサヤを狙いだしたこと。
しかし、サヤのガードが固すぎて相手にもされなかったことなど。

しかし、それが悪かった。ケンジは大体の自分の欲しい女は、その容姿から簡単に手に入れてきたため、今回の様な自分を相手にもしないサヤに逆に燃えてしまったようだった。

そこから、サヤを手に入れるためのケンジの計画がはじまった。
あろうことか、常識では考えられないが、まずサヤの友達を味方につけることから始めたようだ。
そのほとんどがケンジの肉体の虜にされたそう。

この取り巻きもその一人である。
ケンジに抱いてもらいたいがため、ほとんどの女がケンジのいうことを聞く。
すでにサークルの同学年のほとんどが、僕がいなくなってからケンジに掌握されていたのだ。

そこでこの王様ゲーム。
完全にケンジがサヤを堕とすための仕組んだ罠だったのだ。
そしてこの王様ゲームは今日、ついさっきの出来事だったということがわかった。

僕は怒りと焦りでサヤに何度も電話をかけるがやはりでない。
さらに取り巻きにサヤの居場所を何度も聞くが「知らない」の一言。

僕がもはや何をすればわからず放心状態になっていると、また、lineにあらたな動画が送られてきた…….。

コメントを書く