【驚愕】女子社員「おもしろいものを見せてあげるよ」→会議室覗いてたら・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性が会社の同期の女の子に社内の会議室の隣の給湯室から見せられた信じられないエロ現場。「面白いもの見せてあげるよ」と突然呼び止められる投稿者。会議室横の給湯室から覗いていると会議室にいつも嫌味で高圧的な部長の姿が現れるのだが・・・。

俺と同期で同じ部署の女の子に、「おもしろいもの見せてあげるよ。」と言われて、会議室の隣の給湯室に連れて行かれた。

「ここから静かに見ててね。」と言われ、給湯室の扉の隙間から会議室を見ていると、彼女が誰かを携帯で呼び出した。

5分もしないうちに会議室のドアをノックする音が聞こえて、入ってきたのは俺の前の部署の部長だった。
物凄く高圧的な上に嫌味な部長で、俺を含めてほとんどの社員に嫌われている。

普段は強面の彼が神妙な顔でいそいそと彼女のところにやってきた。

彼女が「じゃ、さっさと済ましましょ」というと、部長は靴を脱いで会議机の上に仰向けになった。
彼女は会議机の上に上ると、手際よくスカートとストッキング、下着を脱ぎ捨て、部長の顔の上に跨った。


部長は彼女のあそこにむしゃぶりついた。
彼女も気持ちよさそうに腰を振っている。

10分ほどすると、「そろそろいきましょうか?」と彼女が言った。
すると彼女は部長の口に向かって放尿を始めた。

部長は全部に飲み干すと、トイレットペーパーのように彼女のあそこを舐めた。

「はい、お疲れ様。」といいながら立ち上がった彼女の足元で、終始無言だった部長が小さな声で「はい。」と言った。
そしてまた無言で会議室を出て行った。

脱ぎ捨ててあったスカートや下着を手に持って、彼女が俺のいる給湯室にやってきた。
「どう?おもしろかったでしょ?」というと、何事もなかったような顔で下着をつけはじめた。

あっけにとられている俺に向かって、「大丈夫。あなたにやれなんていわないから。」とにっこり微笑んだ。
そして、コーヒーをいれてくれた。
2人で飲んだ。

色々訊きたかったけど何も言えなかった。
俺の股間が膨らんできたのは、その夜布団に入ってからだった。

彼女は俺に同情してたんじゃないのかな。
俺が部長の一存で今の部署に移動させられたのを知っていて、彼女は復讐のつもりで見せたんだと思う。
彼女と部長がなぜそういう関係になったのかはいまだに分からないし、訊くに訊けない。

机の上で腰を振りながらあえぐ彼女の顔を思い出すだけで興奮はするけど、
部長がベロベロ舐めたマムコに突っ込む勇気は俺にはない。
ヲナって寝ます。

実は彼女には以前からいろんな噂があったんだよね。
彼女自身はけっこうかわいいんだけど、特別派手だったり目立つ人でもない。

人の多い職場なんで僻みや噂に尾鰭がついてるんだろうな、ぐらいにしか思ってなかったんだけど。
あくまで又聞きなんで話半分で読んで欲しい。

新人の女性社員がトイレに行ったときのこと。
個室の中から「うーん。うーん。」という呻き声が聞こえてきた。

最初はお腹が痛い人がいるんだろうぐらいに思っていたらしが、自分が用を足してトイレから出ようとしても、まだ呻き声が続いている。

ちょっと心配になった新人は、ノックをして「どうしました?大丈夫ですか?」と声をかけると、呻き声はピタっとやんだ。

そして個室のドアが開き中から出てきたのは、口うるさいので有名ないわゆるお局タイプの大先輩女性社員だった。

俯き加減で出てきた先輩に新人が「大丈夫ですか?医務室にいきますか?」と尋ねると、
「いいの。大丈夫だから。」と言ってそそくさとトイレから出て行ってしまった。

新人社員は気にはしながらも手を洗っていると、先輩社員が出てきた個室から、もう1人出てきた。
例の彼女である。

そしてその手には巨大なバイブ(ディルド?)が握られていた。
彼女は平然とした顔で新人の隣の洗面台でバイブを洗ってポーチにしまうと、鏡越しに軽く会釈をしてトイレから出て行った。
らしい。

連続カキコの上、あんまりエッチでもないし体験談でもなくてすまん。
ヲナって寝ます。

コメントを書く