【黒歴史】従妹(S5)に電気アンマ→金魚みたいに口をパクパクしだした結果・・・・・・・・・・・・

まさに思春期まっただ中の投稿者中1。従妹小5。エロに目覚めた投稿者は従妹に何かエロいことがしたくてたまらない。そこで考え付いた策が電気アンマだった。自然に電気アンマに持っていけるよう涙ぐましい努力が実り、電気アンマやり放題となったのだが・・・。

今から12,3年前のお話し。

当時俺厨一従妹消5で、徒歩2分足らずのとこに住んでたんで小さいころからかなりの頻度で遊んでた。
中学校にあがり、エロに目覚めた俺はターゲットにこの従妹に悪戯しようと画策したわけ。

でも親にバレた時に言い訳がつかない事はできない…さてどうしたものか?
で悪戯するのに理由をつける必要がある、ストレートな事は厳禁(クンニ等)
バレた時に純粋に遊んでたんだよ、と言い訳可能な事が条件だと思いついた。

理由は何かの罰ゲーム、やる事は電気アンマ、これなら言い訳できる

その日もうちにスーファミをしにきた従妹。
従妹じゃ分かりずらいから以降、従妹=のり、俺=トモとします。(悪魔でも仮名!)

俺「ホントのりってゲーム下手っぴだな!!」
確かスト2か何かの格ゲーで、従妹をコテンパンにのしてた。

のり「しょうがないじゃん!トモは毎日やってて、アタシはスーファミ持ってないんだから!!」
俺「じゃあノリが3連敗するごとに罰ゲームな、俺は一回負けたら罰ゲーム」
ノリ「いいよ」

お互い画面を見つめて、罰ゲームの約束をした。


軽く3勝、罰ゲームでこピン(かなり力をこめた)
その後、でこピンやシッペなど他愛の無いことをした。

俺「…弱い」
のり「…うっさい」
テレビの画面をみながら淡々と会話していった。
その最中も順調に俺は勝ち続ける。

ゲームを続けながら、従妹飽きさせず、罰ゲームをエスカレートさせる作戦を必死に考えていた。

俺「お話しになりませんな!はははのはー!!」
のり「うぐぐ…」
俺「うりゃ!対空アッパー!!にゃははは」

のり「…つまんない、やめる」
!!!

コメントを書く