【最悪】姉の愚痴聞いてるうちに襲ってしまった結果→家庭崩壊しちまった・・・・・・・・・・・

【体験談】投稿者男性は姉と二人姉弟。両親は居酒屋経営で帰りが遅い。ある日、姉が半泣きで返ってきた。話を聞いていると会社で女上司のあたりがキツイとの事。そのまま飲み初めて朝、起きると裸の姉が横で寝ていた・・・。

えらいことやっちまったわろえない。

相談できる相手がいないから勝手に語らせていただく。


22歳
某建設会社の営業所勤め
契約社員なのでお手当ては安いです
好きな酒は安ウイスキーのジュース割り

姉ちゃん
24歳
某食品関連会社のOLだったが逃走して以来転職活動中
好きな酒は生ビール

父ちゃん
49歳
居酒屋経営で深夜~早朝に帰ってくる

母ちゃん
46歳
主婦 忙しい曜日は父ちゃんの仕事を手伝う

三ヶ月ほど前の話だが、姉貴が半泣きで帰ってきたからどうしたんだと聞いてみると女の上司からの嫌がらせがひどいとの事。

とりあえず酒でも飲みながら~って提案して、その日ははじめて姉貴と二人っきりで酒飲んだんだ。

姉曰くその上司は仕事もロクにやらず、面倒ごとは部下に押し付けて問題が起きれば責任もなすりつけ
乳でお偉いさんのご機嫌ばかりを伺うクソ上司だそうで。

とりあえず俺は姉貴の文句に肯定と相槌を繰り返して、姉ちゃんは悪くないよって言ってやってたんだ
二時間くらい飲んでたら姉ちゃん泣き出して聞いてくれてありがとうって言われた。

その日から週に二~三回夜に二人で酒のみながら仕事のことを話し合うのが習慣になった。
殆どが姉ちゃんの愚痴で、たまに母ちゃんが混じって父ちゃんへの不満大会に発展したりしてたけど。

で、ある日俺は彼女にフられた俺は付き合ってくれた友達と一緒に外でヤケ酒して帰ってきた。

そしたら先に帰って酒の準備して待ってた姉ちゃんがびっくりして何があったのか聞いてきた。
事情を説明したらその日は姉ちゃん自分の事は何も言わずに俺の愚痴に付き合ってくれた。

翌日が互いに休みだったこともあって結構遅くまで飲んでたと思う。
記憶では夜中の二時くらいに時計みたのは覚えてるんだ。

こっからはそれなんてエロマンガだって展開になるけど許してくれ。
まあその、みなさんご期待の通り、酒の勢いで姉ちゃんを襲っちまったわけです。
姉ちゃんも酒の勢いにあてられてたせいで、相当激しくやっちまいました。

あ…ありのまま 起こった事を話すぜ!
「おれは 姉ちゃんと酒を飲んでいたと思ったら いつのまにか抱いていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが、おれも 何をしていたのか わからなかった…。

と、朝目が覚めたら二日酔いと共に襲い掛かるポルナレフ心理。
そして横で全裸で寝ている姉ちゃんを見ると凄まじい罪悪感。

とにかく平謝りする俺。
何の準備もせずにやっちゃったので当然生だし、今日は大丈夫だから、気にしないでと言う姉ちゃんと話し合って今回の事はお互いに忘れようってなった。

で、しばらくは夜の酒盛りもする空気になれなくて
ちょっと顔を合わせづらい期間があった

そんな時に姉ちゃんがまた半泣き、っていうか今度はモロ泣きで帰ってきた。
例の女上司に焚きつけられた偉い人に散々嫌がらせを受けて、ついに仕事をほっぽりだして逃げ出してきたらしい。

メソメソする姉ちゃんを慰めてやろうと久しぶりにビール持って行ったらもう飲みまくる姉ちゃん。
飲むわ泣くわで鼻水と涙でメイクがグッシャグシャになるし、とりあえず最初の時よりも優しくあやす様な感じで慰めてやった。

弟ありがとうーって酔っ払った姉ちゃんがもたれかかってきて俺は姉ちゃんの雰囲気に当てられてムラムラきてしまい、また抱いてしまいました。

今度はゴムつけて。

そしたら早朝に仕事から帰ってきた両親にバレてえらいキレられた。
これが一週間ほど前のことです。

結局俺が一ヶ月以内に家を出ることになり、父ちゃんは口も聞いてくれず、母ちゃんは顔を合わせるたびにひきつった顔をする。
姉ちゃんは気にするな、ごめんねと、なぜか自分が謝ってくるし、仲の良かった家族の関係を滅茶苦茶にしてしまいました。

Q,同じ腹から出てきた姉に欲情とかするもんなのか?

思春期に姉ちゃんのパンツでオナニーしたことあるけど
欲情とかはなかったな。

Q,もう住む宛は決まったか?

決まってない
一応新生活に必要なものは揃えてくれるらしいけど。

Q,なぜばれたんだ

夜中に帰ってきたのに気付かずギシギシアンアン
朝に問い詰められてゲロった。

コメントを書く